TITLE

2012年10月21日 第1回ちばアクアラインマラソン

race
今シーズン初のフルマラソンは「第1回ちばアクアラインマラソン」から幕を開けた。

当日は天気がよく、無風に近い状態だった。
アクララインは風速10m以上だとコース変更でアクアライン無しの3クウォーターマラソンになるとのことだったが、第1回目は無事アクアラインを走ることができそうだ。

第1回目の大会ではありがちだけど、トイレが少ない。しかも女子と男子と分かれていない。
会場にはトイレが少なく、1kmくらい離れたスタート地点に仮設トイレが50くらい用意してあった。
トイレが会場から遠すぎるので、全部準備してから早めにスタート地点に移動し並んで用を足すしかなかった。

スタート地点に向かうとき、猫ひろしがいた。
招待選手なのに30分前にスタート地点に向かっていた。
えらいなぁ。

私はAブロックのスタートだった。
陸連登録のスタートがないので、Aブロックが一番速い組だった。
森田健作のあいさつ、千葉ちゃんの応援、増田明美の応援、小出監督の応援があり、
森田健作が「スタートまであと1分あります」と言った。
時計を押す準備をして、待っていたら、いきなり、パンと小さな号砲がなった。
みんな 「え?今のは? え?スタートしたの??」
30秒前とか10秒前とかなんにも言わなかったのでいきなりスタートして
みんなあっけにとられていた。

良いお天気。無風。日差しが強い。
これは暑くなりそうだ。
帽子かぶって正解だった。

暑い。

走って2kmを過ぎてもう汗が垂れてきた。
応援がすごい。
沿道の人がすごい数。
ダンスをするひと、おじいちゃんも、おばあちゃんも、こどもも、町民がみんな出てきたんじゃないか、と思うくらいの応援の数。

5kmで給水。
暑いので帽子をとって水をかぶった。
8kmを過ぎたら、いよいよアクアライン。
高速道路の料金所が2つ通れるようになっていて、通過する。

わーい、高速道路だ!

アクアラインは柵が低く、景色が良い。
海の上を走っている!!
船、飛行機、ヘリコプター
天気が良すぎて、景色は少し霞んでいたためあんまり遠くまでは見えなかったけど海の上を走るのは、それは気持ちの良いものだった。

10km過ぎたくらいで、反対車線に折り返してきた先導車が来た。
あ!!あのユニホームは川内くんだ!!
「わーわー!!」
みんな中央車線により、応援した。
速いなぁー。2位の選手は全然来ない。ぶっちぎりだ。
パラパラと選手が来て、
猫ひろしも来た。集団を形成していた。
しばらくすると、我がチームのアランチュールさんも来て、声をかけた。
そしてまたしばらくしたら、にんにく主将もきて、声をかけた。

坂を乗り越えたら、海ほたるだった。
海ほたるが給水ポイントでアクアラインの折り返しだった。
5kmを27分台のラップで来ていた。
まあまあこれくらいならイーブンでいけるかなー。
今日のレースは疲れない走り方をしたいなー。

アクアラインが終わると少ししたらハーフ地点だった。
1時間55分くらい。
速くもないし遅くもない。このままのペースで行ければいいかなー。と思っていた。

しかし暑い。
給水のたびに水分補給し、体にも水をかけるけどすぐ乾く。
ハーフ過ぎたらなんか疲れてきた。

あー今疲れを感じると後半まずい。
どうしたものか。
気のせいか。
あ、そうだ。もしかして疲れて、「腰が落ちる」状態になってるのかも。意識して、お腹をぐっと前に出してみた。そしたら、脚が楽に前に出るようになった。
やっぱり腰が引けてきてたんだ。少し楽になったぞ。まだ大丈夫だ。

ハーフを過ぎると、イーブンで走っていても追い抜かれるより追い越す方が多くなってくる。
楽に走ってる同じくらいのペースの女子がいたので目安にしてついていった。
田んぼがいっぱい。
日陰なし。
暑い、暑いよう。

30kmを過ぎたらまたきつくなってきた。
32kmでだいぶきつくなってきた。
ペースもだいぶ落ちてきてる。
さっきの要領でお腹を前に出そうとしたけどあんまりできなかった。
もう上半身もだいぶ疲れていて立て直すのが難しかった。

あと10kmもあるのかー
しかもアップダウンが思った以上にある。
あーキツイ、暑い、つらい。
給水はとるけど、内臓疲労によりあんまり消化できない。
最後まで持つかな。
倒れたりしないかな。
暑いし、ぼーっとするよ。

34キロ地点くらいのエイドが充実していた。
スイカのソーダやニンジンジュース、ビワのソーダ、洋ナシのソーダ、など缶ジュースや瓶ジュースが置いてある。
タイムよりも完走を目標にかえ、普段目にとめる余裕のないエイドを楽しむことにした。
洋ナシのソーダをもらった。冷えていておいしかった!
少しリフレッシュして、また走っていたらブルーベリーのエイドがあった。
内臓が弱っていたけど、ブルーベリーは食べられそうだったのでもらった。
半分凍っていて、すっごくおいしかった。
ああ、でもつらい。辛すぎる。
1キロごとがとても長く感じる。
はやく終わらないかな。

race 沿道の応援で「あと6.5キロ!!」って言われる。
あー あと何キロって言わないで欲しい・・・
6.5キロって・・・はぁぁぁ
本当はもう立ち止まって一歩も動きたくないのに。

35キロを過ぎてからは地獄のようだった。
でも、ありがたいことに、沿道の応援はすばらしかった。
あんなに他人を一生懸命応援するなんてすごい。
走ってる方にしてみれば、「歩けない、やめられない」

40キロを過ぎた。
あと2キロとちょっとかぁ。
あー200mってこんなに長いっけ?
「ゴールしたら横になろう」
とにかく横になろう。
41キロ地点でアランチュールさんに追いついた。みんなきついのだ。
ラスト1.295kmは一緒に走った。
同じチームのユニホームだったので、沿道の人に夫婦と間違えられた(笑)

やっとフィニッシュ!!
4時間02分
辛くて長いレースが終わった。

あー早く横たわりたい。
と思っていた人は私だけではなかった。
ゴールしたらあちこちでみんなまぐろのように横たわっていた。

 0- 5km 27’36
 5-10km 26’44
10-15km 27’51
15-20km 27’19
20-25km 27’37
25-30km 27’38
30-35km 30’47
35-40km 33’18
40- Finish  13’44

4時間02分 (ネット 4時間01分44秒)


30kmからダメダメだったけどラップを見たら
キロ7分までは落ちなかったので失速したけど撃沈はしなかった。
気分はキロ8くらいだと思ったけど。

次のフルマラソンが3月で良かった。
もうしばらくフルマラソンはいいや(笑)

◎アクアラインマラソンの魅力◎
良いところ
・沿道の応援。
 本当に素晴らしい。今までのマラソン大会すべての中で一番良かった。
 町おこしかな? 小学生、中学生も応援のうちわや旗をもって学校を上げて
 応援しているようだった。
 すごくみんな温かくて、誰にでも分け隔てなく、それはそれは一生懸命応援してくれる。
 アクアライン上は一般人は入れないけど、それ以外の場所では応援が途切れることがなかっ     た。
 応援だけでも感動する。

・アクアラインの景色。
 想像していたよりも、気持ちよかった。
 すごく良かった。周りは海ばかり。
 広ーいところの真ん中を走ってる気分だった。

・充実したエイド
 千葉の特産品や赤飯おにぎりやら、洋ナシジュースやニンジンジュース、ビワジュース
 ゆずジュース、いろいろあった。しかも冷えていた。
 ブルーベリーとか。和菓子屋さんの前ではおいしそうなおまんじゅうがあった。
 ただ、後ろの人たちまでは行き渡らないかもしれない。

良くなかったこと
・トイレの少なさ。
 会場に少なく、遠くに行かないとない。

・結構アップダウンが激しい。アクアラインが終わってからが辛い。
 今回は暑さもあったからより辛く感じたのかな。

・参加賞や完走賞がいまいち。
 参加賞はタオル。完走賞はメダル。ゴール後は千葉の水道水。菓子パン。
 参加料が1万円にしてはあんまりよくない。
 アクアライン通行止めにしたのにお金がかかっているのかな。


すーごい辛いレースになったけど、良かったことを思い出したら、やっぱり出て良かった。

名 前 5K 10K 15K 20K 25K 30K 35K 40K finish
吉田 美奈子27:3626:4427:5127:1927:3727:3830:4733:1813:44


HOME