TITLE

2013年 2月24日 東京マラソン2013
repo


『宮脇 亮』
待ちに待った東京マラソン。11月の大田原で3時間40分と撃沈したあとは、とにかく膝の痛みがとれず、距離も踏めずペースも上がらず。走力の上積みが期待できないぶん、年明けからは経済的に走るための練習に重きをおいて、ひたすら柔軟や体幹トレーニング、フォームの修正。走行距離だけみると1月2月は89km、91kmと非常に心細い距離で、しっかり走り切れるかドキドキ。
当日ですが、設定を4:30/kmとして3時間1桁台を目標にスタート。2km手前でサブスリー集団がやってきましたが、無理せずにつけたので、ターゲットをサブスリーに変更。ただ、序盤で少しでもしんどさを感じたら、いつでもマイペースに切り替えるという弱気の条件付きです。
ペースメーカーの周りはやはり人が多くごっちゃごちゃで、終始走りやすい場所を選びながらの走りになりました。ただそのぶんペースはほとんど気にせず、たまにラップを確認するくらいでした。

20kmまでは比較的余裕をもって走れたのですが、それ以降徐々に疲労の蓄積を感じ始め、30kmを過ぎてからは、集団につくのもしんどくなり始めました。そんな弱気になり始めたとき、追い討ちをかけるようにアクシデント発生!斜め前方を走る女性ランナーが、給水で口に含んだ水を真横に吐き出したため、ぼくの顔面に直撃。びっちゃびちゃです。女性から顔面に水を吐きかけられるという、レアな非日常体験にもまったく心がときめくことはなく、ただただげんなり。
repo 35km過ぎてからは完全に地獄、ペースメーカーにつくのが精一杯で、残り3km過ぎてようやく3時間切れるかもという思いがよぎるも、両ふくらはぎはパンパンです。残り1kmになっても、つったら終了!という思いから、まったく油断できませんでした。
42kmの表示を過ぎたところで残り1分。完全にペースメーカーに依存していたため、ギリギリのペースであったことをそこで初めて認識しました。冷静に考えれば、1分もあれば充分なのだけど気持ちに余裕が無さすぎて、絶対的な残り時間の少なさに焦りラストスパート、そして2時間59分40秒でゴール!わーい!
サブスリーを一つの目標として取り組んできたので、すごく嬉しくてたまりませんでした。達成感がものすごく、自分のことでこんなに感動するとは思いませんでした。気づけば涙も!そっと目に手をやってみると、何にも出ていませんでした。気持ちが高ぶるととこういった勘違いもよく起こるものですよね。
寒い中応援してくださった皆さま、本当にありがとうございました。3時間切れたのも、皆さまの応援(とペースメーカーの絶妙なペースメイク)のおかげだと、大感謝です。またがんばります!


『畠山 崇』
当日は40分くらいスタート位置で待っていましたが、そんなに寒くなくてよかったです。
前半は高嶋さんからスピードをださずに抑えぎみに走るようアドバイスを受けていた
のですが、周りに流されペースが少し速くなってしまいました。
25㎞くらいまでは予想より速いラップになり、30㎞手前で少し足にきてしまいました。
このままでは後半失速するいつものパターンで、さらに足がつるような感じもあったのでまずいなと感じていました。
35㎞付近では3時間30分のペースメーカーに抜かれ、ここで置いていかれるとずるずる落ちるなと思っていた矢先、走友会の応援の方達を発見しパワーをもらいました。
そこからなんとか粘り、もしかしたら3時間30分を切れるかもと思い残りの力を振り絞り
3時間29分30秒でゴールしました。
寒い中、応援に来ていただいたみなさんありがとうございました。みなさんのおかげで、サブフォーの目標達成できました。
東京は走りやすかったので、また走りたいと思いました。(次は当選したいです・・・)


『江花 早苗』
repo4年ぶりのフルマラソン、そして東京マラソン、うんと楽しもうと思っていましたが、風邪が抜けきらず体調はいまいちでした。でも、スタート前のトイレで、7、8年ほどご無沙汰していた素敵な女性ランナーとの久々の再会もあり、リラックスしてスタートしました。自分の体力もよくわからないまま、とにかくマイペースに良いリズムでを心掛けて走りました。さくたろうとパパは、私のラップを見ながら、おっかけ応援してくれました。さくたろうの「まま~
!!」の声は良く分かる?数日前に、さくたろうが保育園からママの為に持ってきてくれた、ストローとビーズで作ったネックレスを首にかけていたので、「ほらほら~、これかけてるよ~。」なんて言いながら、20キロ前までは余裕がありました。
25キロを過ぎ、だんだんと体が冷えてきて、足が上がらなくなり、、30キロを過ぎだいぶ疲れて、、、でも、浅草でさくたろうの応援に励まされ、「頑張ってゴールするね~。」とゆっくりゆっくり走りました。おなかが空いてきた~と、パンを食べようとしましたが、お腹がうけつけてくれませんでした。胃痛と吐き気に苦しんでいたところに、応援団の旗が見え、笑顔でハイタッチ!!でも、残り3キロでとうとう歩いてしまいました。
残り1キロは走るぞ!と、そこにさくたろうがいました。「まま、あきらめないで~、猛ダッシュで走って~。」と言われ、最後は笑顔でゴールしました。ビッグサイトで、完走メダルを「ありがとう。」と、さくたろうの首にかけてあげた時が、最高に嬉しかったです。


『権守 哲郎』
repo三年ぶり二度目の出場となった今回は陸連登録Aブロックからのスタート。
サブ3.5狙いです。 (以下、タイムはネット)

【10キロ通過 0:49:46】
スタートロスは1分未満を見込んでいましたが、1分11秒。あれっ、と少し動揺。次回はもっと早く整列しよう。コースには前方ランナーが脱ぎすてた防寒着が多数散乱していて大迷惑。マナー悪過ぎですね。5キロあたりで序盤のもたつきを挽回し、サブ3.5のペースセッターを追走。
【20キロ通過 1:38:37】
品川折り返しで猫ひろし発見。速い!自身のペースは落ちてないのに何故かペースセッターを見失う。まだ元気。
【30キロ通過 2:28:51】
東京マラソンだけは応援にきてくれる家族(ヨメと息子)が28キロ地点(浅草)で待っているので、意地でもペースは落とせない。雷門の先で見つけた! 駆け寄ってハイタッチ成功!安心したせいか、直後に失速が始まる。。。家族はこのあと浅草尾張屋の蕎麦と天丼を堪能したとさ(羨ましい)。30キロ通過までは、ぎりぎりサブ3.5ペースをキープ。
【40キロ通過 3:27:18】
やってしまいました。撃沈です。ほぼキロ6分ペースまで落ちてしまいました。脚にもきていましたが、気持ち(モチベーション)の問題の方が大きいだろう。うつむき加減で走っていたせいで、声掛けてもらうまで走友の姿も見つけられませんでした。すいません。次回はガッツポーズでお応えします!
【Finish 3:40:41】
一度落ちたペースを戻すことも出来ずにゴールイン。終盤辛いレースになってしまいましたが、3年前の雨中のレースと比べると天候にも恵まれて、沿道から多くの声援を受けられて大変幸せでした。ビックサイトで家族と待ち合わせて帰路へ。次回がいつになるか分かりませんが、会心のレースでリベンジしたいと思います。

さて、今シーズン最終レースのかすみがうらマラソンまであと2か月。このまま体を緩めずに自分なりに出来るだけの準備をして臨もうと思います!


repo

HOME