TITLE

2015年9月13日 第33回南区クロスカントリー大会

内藤夫妻 初のアベック優勝!!

親子でゴール&トラックでのデットヒート連発に会場が沸いた!


昨年度の大雨を思い返すと晴れただけで7割成功という感じで青空が広がった「第33回南区クロスカントリー大会」。今年もさまざまなドラマがありました。

速報版ということで簡単にレポートです。

repo


【壮年女子】
repo今年から壮年の部になった加藤さんが2位に大差をつけ圧勝。それもそのはず。この方昨年度の横浜国際女子にも参加された「国際ランナー」さんです。昨年度は一般女子の部4位入賞。来年以降加藤さんの独断場が続くのでしょうか。
壮年の最後のゴールは走友会の石田さん。一番最後ということは一番長いことがんばったということ。あの劇坂を歯をくいしばりゴールした姿は感動的。全員に拍手で迎えられました。
repo

【壮年男子】
repo1周目黒木さんが飛び出し余裕の走りからこのままいくかと思われたが2周目以降徳田さんが前に出てそのままゴール。表彰式のインタビューでは還暦であることが判明。いくつになっても強い人は強いです!
注目選手は7位になった山口寛喜さん。今回初参加のため、序盤から前にくらいつく気迫の走り。2周目は6位についていたが、最後は定雄先生ベテランの粘りで6位に。最後まで目を離せない展開でした。




【一般女子】
女子高生の若さか30代ランナーの意地が勝つか。スタートするとわが走友会の誇るサブスリーランナー内藤陽子さんと、新倉麻基さんが飛び出す。序盤、新倉さんが先行したが、内藤さん安定の走りで逆転。見事3年ぶりの優勝。ちなみにその2012年1位陽子、2位水口、3位葛山さん。そして、新倉さんは去年の2位入賞とベテラン!?の健闘が光りました。
reporepo

☆親子でゴール☆

ママになった鳥羽加奈ちゃんも参加。最後は3才の娘さんとゴール!来年はぜひとも親子3代でのゴールをやってほしい。
reporeporepo

【一般男子】
6連覇をかけて酒井君が飛ばしていく。そのあとに内藤君がつき若手の若林君、大島君と続く。2周目には内藤君が逆転し、初優勝へ。横浜市長杯をその手にした。
1位から5位までが走友会メンバーが占める中、6位には高校生白鳥君が。頑張りのあまりゴール後に倒れこんでしまった。青春という言葉がぴったりだ。
reporepo
repo


【地域対抗駅伝】
3人しかメンバーいないことを逆に利用し、千葉・川崎チームが酒井君、飯島さんを2回ずつ走ってもらうという裏技(!?)を使い優勝。飯島さんが途中コースを間違えるというおまけ付き。
 今回はトラックでの競り合いと呼べるゴール直前での劇的な逆転で大いに沸いた。広場に戻ってきたところで南Cの5区若林君が3人まとめて抜き3位入賞まで後一歩ということころまで迫った。
小林家三男渉君がゴール手前5mに鳥海さんに逆転を許す。そのあと渉君、家族に「もっと早く来てるって言えよー」とクレーム。プチ家族喧嘩勃発?!
reporepo
repo


途中、雨がパラパラと降ったりもしましたが進行もスムーズでわくわくとそして暖かい気持ちになれる一日でした。
repo

【水口美佳 記】


HOME