TITLE

2016年3月13日 2016横浜マラソン【小栗守道】

race

約2年ぶりに、フルのベスト更新(^_^)v

初参戦の横浜マラソン、なぜだかスタートブロックがAで、その中でも前の方に並んじゃったみたい。この前の青梅の反動。
1時間近い整列待ち時間が長い。でも排水を催すことなく過ごせたのは、その前の湘南の教訓。
ランシャツの下にTシャツ、アームウォーマーにネックウォーマーに手袋、タイツ、そして使い捨て雨合羽。

8:30スタート。10キロも同時だが、前方に並んだおかげでスタートロスわずかで、混雑もほとんどなく、気分良く走れる。谷原章介さんを間近に見て、千葉真子さんにハイタッチしてもらい、赤煉瓦倉庫から横浜スタジアムへ、すいすいとキロ5ペース、気づいたらキロ5切るペースで走ってる。いい感じ、いい感じ。

横浜スタジアムで走友会の旗見つけ手を振る。山下公園を過ぎ、ほどなく、3:30のペーサーがやってきた。3:30行けるかもと、ペーサーより前に出たり、抑えた方がいいかなと下がったり。
20kmの南部市場折り返し。エイドのラッキー給食はほとんど目もくれず、梅干しとかチョコ程度だったが、ここでイチゴ いただく。

折り返して少しして、首都高速へ。入口の電光掲示板「ようこそ首都高速へ」2行目に「本日に限り速度制限なし」だって(^_^)

その入口の上りで、ふくらはぎの張りを感じ、高速道路で右カーブの路面の傾きと戦ってるうち、だんだん脚が足裏がきつくなってきた。3:30のペーサーも前はるかに見えなくなった。左は防音壁や崖、右は工場地帯と景色もつまんないし、応援も当然、ボランティアとパフォーマーだけだし、気持ち切れそうになる。

と、28kmあたりだったか、「小栗さん!」と背後から声が。
走友会のIさん夫妻が元気よく。よしっとついていこうとしたが、ついていけず。でも元気もらった。

高速降りる折り返しで、南部市場で後ろにいたはずのYさんがいつの間にか前に。
降りたところに走友会の応援団。さらに気持ちを奮い立たせ、とにかく脚はきついけど、ここからは気力と自分にいい聞かせる。

シンボルタワー折り返し、もうあと10km切ってるのだけど、まだここらへんの地理感覚距離感覚がないから、実感がない。
山下公園手前の橋の上りがきつい。沿道の応援もあんまり入ってこない。ゴールはまだか。

赤煉瓦倉庫まで戻ってきた。ここから最後のゆるい上りもきつくて、ラストスパートなんて元気もない。両脚に加えて腕もなんだか変。つる寸前のような感じ? なんとか、終盤もキロ6程度で持ちこたえ、ゴール。

前半、もう少し抑えるべきだったのかもしれないが、その加減をどうすべきか、今の自分の実力がどうかなんて、フル走ってみないとわかんないし、ペースダウンしたものの大失速せず、ベストを6分更新したのだから、まあよしとしよう。

サブ3.5はまだまだ遠いな。もっとがんばらんと。

race

HOME