TITLE

2016年9月18~19日 信越五岳トレイルレース110Km

「信越五岳トレイルレース110Km」はトレイルランナー石川弘樹氏がプロデュースした、信越五岳を結ぶ全長110kmの壮大なコース設定。その97%以上がトレイルであり、自然環境の脆弱な部分や急斜面等を使用しないことで、全行程が走れるコースレイアウトの人気大会です。今回は3度目の参加になります。
新潟・長野県境にある5つの独立峰を総称して信越五岳(別称:北信五岳)という。東側からの眺めは、右から斑尾山、妙高山、黒姫山、戸隠山、飯縄山と連なる。

repo

距離110㎞ 累積標高差4670m 制限時間22時間

【スタート】
スタート地点のレストランハイジを5時30分にスタート。雨は降り続いているものの気温はあまり低くなく、上レインウェアでスタート。

スタート 時間 0:00:41 順位 459/700
repo

【1A 斑尾山の登山口まで】
repo
スタートしてからすぐに右に折れてしばらく坂を登った後、ゲレンデを直登り~横断して、しばらくフラットな林道を下ると蜂の襲撃!7~8人は刺されていたようですが何とか無事に通過。


【2A 斑尾山の登りと下り】
repo 1Aから2Aまでは、斑尾山を登って下る5.4kmの道程です。スタートしてから徐々に強くなっていた雨で、例年見られた景色が全く見えません。下に入り泥の滑り台の登場で、何やっても転び、全身泥まみれ!
2A(斑尾高原レストランバンフ)
時間 3:48:26 順位418/688





【3A 袴岳と林道】
repo repo 次第に強くなる雨の中、袴岳への登り、そして滑りながらの下り、緩やかな下りの林道を経て3Aに到着。ここで悪天候によるコース短縮が決まり、103kmに短縮され最後の山場である瑪瑙山の登り下りがカットされるとのアナウンス。

【4A 関川から黒姫へ】
3Aからは関川沿いのだらだら登り。例年だと暑さに苦しめられる関川沿いの長い7Kmの林道を抜け、蕎麦畑を抜け、少し登ってからトレイルに入り黒姫高原の4Aを目指す。
4A(黒姫高原) 時間 8:34:10 順位390/625


【5A 黒姫の林道から笹ヶ峰】
4Aが51.5km地点。4Aを出て黒姫高原のコスモス畑を後にして、ゲレンデを登ってすぐに、長い黒姫山の登り林道区間です。更に雨脚は強くなり、土砂降りで前方もよく見えません。
何とか5Aまではとの気持ちでようやく到着、トランジットバックを受け取り夜間走行に向けたライトを受け取り後半の夜間パートに備えます。      ここで急遽関門時間を30分短縮するとのアナウンスがあり、エイドは騒然となりタイムアウトが続出する。特に5Aからはペーサーをつけることが許されますが、選手がタイムアウトで出走できないペーサーが続出する。この制限時間の切り上げは6Aまでの区間の雨によるコンデションの悪さを考慮した安全策でした。
5A(笹ヶ峰グリーンハウス) 時間11:21:51 順位356/445

【6A 沢登りと林道】
最難関の6Aへ、6Aに到着すれば完走が見えると気持ちを奮い立たせ5Aを後にしました。周りにはペーサーと一緒に走る人達の姿が。ヘッドランプを装着し、黒姫山西側の登りに突入します。しかしここが最大の難所でした。道が、川になっていました。上の方から冷たい水が結構な勢いで流れ落ちて来るのです。あたりは真っ暗。深さもわからない川に脚を突っ込んで登っていきます。
渡川ポイントは更に厳しく、降り続いた雨で増水した沢は濁流と化していました。いくらロープがあるからと言って、こんな濁流を渡るとは。今まで走ってきて初めての体験でした。
6A(大橋) 時間15:14:11 順位377/425

【7A 戸隠神社へと続く道】
舗装路から戸隠神社への真っ直ぐな参道へ入り、戸隠神社の裏手の木道をひたすら歩き7Aへ向かう。戸隠神社は真っ暗で、不気味なお堂、石像がライトに浮き上がり先を急がざるを得ません。

【8A 瑪瑙山の麓まで】
7Aを出て8A関門まで2時間で到達しなければタイムアウトになるので気合を入れて出発しました。この区間も道は足首まで埋まる泥、膝までつかる水たまりと相変わらずの道が続きます。ようやく8Aに制限時間55分前に到着し、熱い蕎麦をいただき、最後の林道へと向かいます。
8A(戸隠スキー場) 時間17:36:16 順位359/419

【ゴールへ】
8Aを出てしばらくゲレンデの脇を下り、ラスト10kmの林道に入り、ひたすら歩いて前進。林道も泥濘と輪立ちの水溜りでとても走れる状態ではありませんでした。いきなりゴールゲートが現れ、ゲレンデを下りようやくゴール。     またいつか、瑪瑙山も含めた完全体の信越五岳に挑戦し完走を目指したいと気持ちを新たにいたしました。


出走700名(男性603・女性97)、制限時間内完走420名(男性380、女性40)、完走率60.0%
記録 総合372位 19時間59分44秒


repo

【小林康正】

HOME