TITLE

日本縦断駅伝 宗谷岬から九州最南端・佐田岬に続く道  3566Km 2002~2006年


  第4ステージ 関東シリーズ(その3)  
期日:2004.4.25
走区:神奈川県箱根町~静岡県清水市
距離:78Km/1676Km




KANTO

快晴の芦ノ湖に勢揃いした総勢20名が箱根駅伝の記念碑をバックに記念写真。いよいよステージ最終目的地 清水市を目指してスタートする。
箱根峠の登りは厳しい。芦ノ湖が見え隠れして湖面が次第に低くなる。遂に湖面が視界から消えて峠を越えた。 峠から見る雪をかぶった富士山は快晴の空に凛としてすそ野を広げている。 絶景!


KANTO 遥かに三島、沼津の市街地を見下ろしての20キロは程よい勾配で快適なラン。 天下の絶景を背にタスキをつなぐ走集団はなんと贅沢な旅をしているんだろう。
三島を経て沼津から右に富士山、左に駿河湾を見て名残の松並木を走る。 まさに現代版 東海道五十三次の旅、現代の若き飛脚たちは何を思いながら走っているのだろうか。


国の大動脈国道1号線はものすごい車の流れ。 歴史を感じさせる古い街並みをいくつか越えて富士川大橋をわたる。 ここから振り返る富士山は間もなくのゴールを目指すランナーたちを優しく見送るように夕陽に染まっていた。
KANTO KANTO 午後5時、夕闇の迫る清水市役所前にゴール。 第4ステージは終わった。


第4ステージは変則的に3度の日曜日を活用して、一人でも多くの仲間に参加してもらう企画とした。結果は大成功で延べ80名を越える仲間が率先して参加してくれて、共にこの画期的な企画に参加した喜びを分かち合った

KANTO

TOP


HOME