TITLE

日本縦断駅伝 宗谷岬から九州最南端・佐田岬に続く道  3566Km 2002~2006年


  第6ステージ  淡路・四国シリーズ  
期日:2004.9.22~9.26
走区:京都市京都御所~四国~尾道
距離:409Km/2660Km



タスキはいよいよ西日本に入り、待望の淡路島、四国、しまなみ街道へと続く。

SIKOKU

SIKOKU

京都~神戸間は国道2号の大動脈。道不案内を気遣って頂き、京田辺走友会の山本和夫さん(幸一さんの実弟)が事前にルートを試走、道中の道路事情を詳細にレポートしてくれた。
この貴重な情報を頼りに第1走者宮崎さんが地元出身の柴田君を先導に7:30am京都駅前をスタート。第6ステージが始まった。

SIKOKU 延々と続く市中のラン、緑のない砂漠のような乾いた世界。早く抜け出したい。
午後4時40分岡崎さんが神戸市垂水の明石海峡大橋の真下にゴールした。
目の前に見る純白の巨大な橋桁が夕陽に映えて素晴らしい。


SIKOKU


SIKOKU


明けて、さあ 淡路島。スタート地点の岩屋で走友原崎さんの明石大橋に係わる貴重な解説に一同修学旅行の中学生みたいに神妙に聞き入っていた。

SIKOKU

SIKOKU 走友吉田君の故郷 紀伊半島を対岸に見て淡路東海道を一路南下する。昨日の雑踏の中のランから解放されてランナーの顔が生き生きしてきた。
夕暮れ迫る頃鳴門海峡大橋を渡る。潮位が低くて大渦は見られなかったが、生まれたての小さな渦が明日の大渦へのエネルギーを溜め込んで脈々と躍動していた。

5:20最後のランナー長浜君が吉野川の河口の目的地にゴール、一日が終わった。

SIKOKU


SIKOKU


【3日目】
SIKOKU 四国内陸を一路西下、途中金刀比羅宮(金毘羅様)を観光する仲間と別れ、残された4人で60キロを走る。



SIKOKU

初めて見る四国の大河、悠久の歴史を溶かし込んで滔滔と流れる吉野川の巨大な包容力に圧倒されて、しばし岸辺に立ちつくすランだった。
走りの途中で幾人ものお遍路さんに出会った。何故か学生風の若者が多く、しかも殆どが男性であった。巷にさまよう夢を失った若者が暗闇のトンネルの出口に見える小さな明かりを求めて、静寂な古寺を巡る心根は、一途に佐多岬を目指して黙々と走り続ける我ら走友の思いに意を同じくするか。皆、静かで礼儀正しい若者達だった。 いよいよ待望の しまなみ街道。 今治・尾道を結ぶ7基の大橋。その夫々が個性豊かな造形をもって快晴、紺碧の瀬戸内の海にその華麗さを競い合ってるのはまさに圧巻であった。遥か40m下の海面を見下ろし、初秋の夕陽をを浴びて走るランナー達の歓声と感動の波動が何時までも続いていた。

SIKOKU 田中一さんも満面の笑みで5キロを走り切り、その夜の鯛の大船盛りを前に幸せそのものだった。

SIKOKU


SIKOKU


【最終日】
SIKOKU 連日のランで疲れが出たのか田中一さんが突然路肩の石に座り込んでしまい、一瞬 緊張感が走る。先行する車を二宮さんが懸命に追って緊急反転、無事車に乗ってもらい一安心。
又、車のルートを間違えて二宮さんに20キロ以上も走らせてしまったのが大失敗だったが、正午過ぎ無事尾道駅にゴールした。



無数の小島の緑に映える本四架橋の優雅な人工美に圧倒されたステージだった。

SIKOKU


TOP


HOME