横浜中央走友会 2003/10/18・19 檜枝岐秋合宿




10/18・19横浜中央走友会・秋合宿、東北檜枝岐の素晴らしい紅葉を満喫して全員無事に帰横しました。
10/18は檜枝岐の周りの散策や林道の起伏走、10/19はグループに分かれて尾瀬沼一周ウォークと日本百名山の会津駒ヶ岳登山。 
来月90才になる田中一さんも急な山道を登り、元気に会津駒ヶ岳の山頂2132mに立たれて笑顔の記念写真を撮りました。90才と知った行き交う登山客から写真を撮られたり次々に握手攻めだったそうです。
帰りは東北道の大渋滞に巻き込まれ横浜着が午後10時になっていしまいましたが、参加した23名大満足の秋合宿でした。

秋合宿
 
尾瀬沼周遊  (北周り)

                  芥川 裕子                   

キラキラと光る水面にすいよせられるように,8人の脚は一斉に止まる。

こころがス〜ッと軽くなっていくような気がした。

 1019()7時30分、裁ちそばをはじめおいしい山菜料理に腕をふるってくださった宿のご主人に見送られ,バスにてそれぞれの目的地へ出発。

繊細な色とりどりの紅葉に目をうばわれながら沼山峠までのゆったりとした時間。

830分雲ひとつ無い青空の下、ひんやりとした風を受けながら歩き始める。最初からのぼりではあつたが足取りは軽かった。木道に出る。前夜に降った雨水が凍り、ツルツルとすべる。バランスを崩す人,しりもちをついた人。危険を感じ仕方なく木道を降りる。くさ草に「ごめんね」と小声でささやく。

草原が開け沼が見え出した。カラマツの黄色が鮮やかに目に飛び込む。ダテカンバが清楚に群れたっている.。夏に競って咲いていたであろう花々の枯れ跡を見て、その美しさを想像する。

 沼一周は約7キロ。ほとんどが木道であるが適度のアツプダウンの土の感触も楽しめる変化のあるコ〜スであった。おしゃべりをしたりチョコレ〜トをほおばりながら歩く。

水草の中に水鳥の親子がたわむれていた。餌をついばみ,鳴きながら移動する。程よい疲れが癒される。

 休憩を予定していた沼尻の小屋は冬間近のため閉まっていた.先を急ぎ三平下の休憩所へと向かう。沼の反対側には燧ヶ岳がどうどうとそびえ立つ。それを眺めながらながらのお待ちかねランチタイム。きのこ汁をおいしそうにすする人、笑顔がさわやかでした。

ここでゆっくりしていたいところだったが駒ヶ岳班との時間調整の都合でにわかに出発。

 朝,凍っていた木道も歩きやすくなっていた。

展望台で少し時間が取れ,遠くになった沼の様子を双眼鏡でうかがう、あいかわらずキラキラと輝いて見えた。沼と別れ,一路バスの待つ沼山峠へと向かう。こんなにも登ってきたのかと思うほど下りが長く感じた。ほぼ予定通り午後150分バスに乗り込む。

ご褒美にビ〜ルを買い,弁当に付いていたチ〜ズをつまむ。おいしかったこと。

全員が無事に歩ききれたこと、そして人に寄り添い,自然に触れ合えた感謝と満足感の余韻にひたり集合場所アルザの郷へ。

午後の日差しがひときわ紅葉を美しくかもし出しているように思えた。

 秋合宿 会津駒ヶ岳登山

                 永瀬 菜穂子


仲間達と交流を深め、自分を鍛えるために参加しました。

宿の食事が美味しくイワナのお刺身、ハットウ、裁ちそばなど量が多いのに完食。 ひたすら登って全力でかけおりた林道練習の成果?です。

2日目、会津駒ヶ岳には吉田さん粂さん岩堀君と先行し他のメンバーと昼食場所でご一緒しました。 私たちがお腹をすかせているの顔に出ていたらしく黒糖、マドレーヌ、パン、チョコレート、バナナ、そして、知らない方からおにぎりなど戴きました。
途中苦しいとき、離れてはいるけれど同じ山に登っている田中一さんを何回も思いだしては励まされました。

目的は充分果たすことが出来た合宿でした。
大満足です。