2005/11/20
2005東京国際女子マラソン

舞えや舞え ラン研ぎ澄ます 乙女たち



ちゃんと笑顔でゴールできました。
                             横浜中央走友会/郷亜紀子

ウルトラランナー(最近は山女ですが)な私にとって、フルマラソンは違う競技だと思っています。私は楽にゆっくり長い距離を走るのが好きで、時計を着けるのが嫌い、平地が嫌いときてます。しかも速く走るのが苦手。レースの雰囲気が苦手。初めて横中練習会に参加した時からすでに、私はフルマラソンなんて全く興味なしでした。
その頃ともちゃんとも知り合ったのですが、ともちゃんはすでに国際大会を目指して頑張っていて、そんなともちゃんをすごいなぁなんて尊敬しながら人事のように見てました。まさか自分が国際レースに出るなんて、想像もしてなかったのです。
それは、多分自分がフルマラソンをやらないだろうと思っていたのもあります。

ジム仲間から何度もフルの誘いを受けましたが、ことごとく拒否してました。ハーフなどのロードレースも一切やらず、ただ毎日好きなようにゆっくり走るだけで満足でしたが、ラン仲間が病魔に冒され、天国へ行ってしまった時にフルマラソンをやる事、国際レースに出れるかっこいいランナーになる事を約束して、そこから初フル場所に決めた荒川まで頑張り、好タイムを出せた次第です。
東京は走り屋で尊敬している女性から申し込み用紙を譲って頂き、急遽決めました。
出られるだけで嬉しかった。記録はまずないだろうけど、完走だけはしたい。
でっかいタオルをもらうんだという思いだけ、強かったです。

陣馬の疲れと前日の土曜出勤、少し不安を抱えての当日。
国際レースは参加賞もすごいし、ドリンクも取り放題。すべてが初体験です。へぇー、と思う事ばかり。
競技場は思っていたよりも小さかったです。でも入って、自分の名前が電光掲示板に出た時は、「すごい!」と思いました。
スタート前にともちゃんがいてビックリ。でも元気そうなともちゃんを見て、安心しました。多分、行ける所まで行くんだなと思いました。
荒川でもしなかった、1キロごとにラップを計測するという事を決めて、時計を買いました。でも普段そんな事をした事がないので、ただボタンを押して終わってからゆっくり見ようと。この記録が来年の荒川で役に立つかもしれないし。
ここに戻ってこれますように。
そう思いながらの、2度目のフルマラソンスタートです。
前半から走り屋仲間の女の子と並走しながらでした。自分の心地よい速さでしたが、体は重かったです。Qちゃんは可愛くて、細くて、あっという間に視界から消えました。ハーフまで時計は見ませんでしたが、折り返しで1時間32分位。
荒川と同じです。
今回ハーフと20キロ走は事前練習したけれど、30キロは一度もしませんでした。後半落ちるのは予想していて、ハーフ後も時計を見ませんでしたが、落ちは感じました。とりあえず30キロで時計を見たら2時間12分。荒川よりも2分遅かったです。
さて、30キロでどう自分が思うか、がポイントです。あともう少しと思えるか、まだ先が長いと思えるか。
今回は後者でした。そしてここからズルズルと追い抜かされていきました。
集団の中に取り込まれた時に、走り屋の子がいました。ついて行かなきゃダメだよと言って、叱咤してくれて、少し頑張る気になりましたが、でも最後の12キロは長かったです。気持ち的にダメだったのだと思います。
坂がキツイと聞いてましたが、それほど坂自体は辛くなかったです。この坂は走り屋の子と登りました。
その子の必死な走りを見て、私に足りないモノを感じました。私なりに頑張っているつもりなんだけど、怠けているようなそんな恥ずかしさ。言葉にするのが難しいのですが・・・。
40キロに来て、もうすぐゴールだと思ったら、急に緊張が解けたのか、今まで応援してもらった人に対して、何も答えてなかったなぁと思いました。そんな余裕も自分には全くなかったようです。しかもあまり景色も憶えていない。
勿体ないしこんなの楽しくないと、サングラスを外しました。ありのままの景色、そして沿道にいる沢山の人。みんながそれぞれ走るランナーに向って、声を掛けてくれます。頑張ってーと絶叫まじりのおばちゃんから、子ども達、おじさん、若者。
途切れない応援は初めてです。
途端に元気になり、私らしく笑顔でありがとうーって言えました。
多分横中の皆様とは、この時に会ったのだと思います。競技場に入って、時計を見たら、10分切れそうな感じでした。最後は頑張ろうと走って何とかギリギリ10分切り。
ちゃんと笑顔でゴールできました。
でっかいタオルをかけてもらって、感激しました。

15分も切れないだろうと思っていたので、大阪と名古屋の資格が取れたのが何よりも収穫です。
大阪では東京よりも確実にいいタイムで走りたい。
これからまた頑張ります。




約束通り元気に国立競技場に帰れた!!
                             横浜中央走友会/永瀬菜穂子

今までは雰囲気や周りのランナーのペースが気になってついリズムを崩しがちでしたが・・・
今回は時計と睨めっこ、30kmまではイーブンで温存しておき残りでGO!
という初めての試み。
半分は成功したといえるでしょう。

スタートから25kmまで4:20-4:30をキープはできました。
でも後半大崩はしないものの上げる力はまだなかったようです。
フルマラソンは甘くない!
それでも30km過ぎは何とか遅れを取り戻したくて距離表示が飛ぶように過ぎていきました。
四ツ谷の坂は登っていることも忘れるくらい夢中でした。

走友会の仲間はもちろん知らない方たちからも「横浜〜!!」と声をかけてもらい嬉しくて嬉しくてサングラスがなかったらにやにやした顔が変だったと思います。
手を上げて応えるとまたリアクションが返ってきてそういうやり取りがすごく楽しかった。


みなさんの応援のおかげでお約束どおり元気に国立競技場へ帰ってくることができました。
一緒に走ったみんなに元気をもらいました。寒かったけどがんばったよね。
ありがとう。

大好きなフルマラソン
次のレースを楽しみにして、練習に励んでいきます!


選択は間違っていませんでした!
納得の23kmリタイア!!

                             横浜中央走友会/瀬川智美

横浜マラソンで怪我をし松葉杖の毎日で、徐々に出場辞退の覚悟を決めました!
でも大会前日になったら今まで頑張ってきた練習や思いが甦ってきて、どうしてもどうしても諦めがつかなかったんです。きっと反対されると思ったから、家族にも走友会の仲間にもeAにも秘密にして、こっそり出場することにしました。

ちょっとでも走れば気が済むだろうから5kmでもいい、そう思ってスタートしました。なにしろこの1週間0kmだったので、今どんな状態か全く分かりませんでした。
足が痛くならないように、楽に走りました。そしたら時計を見て自分でもビックリの4分/kmそこそこで走っていたんです。そのままハーフ1時間26分で行っちゃいました。「もしやサブスリー?いやいやそんなに甘くない。」と頭の中で考えていたら、さっきから汗で剥がれ始めていたテーピングがいよいよ23kmあたりでピラピラしてきてしまい、そしたら足の肉離れした場所に不安感がよぎってきたので走るのを止めました。
今回は痛くなる前にリタイアするって決めての出走だったので、止まることに迷いはありませんでした。
さよならパーティーで、「23kmで止めたから身体への負担は少ないし、すぐ次に繋げられる!」と言ってもらい、止めて良かったんだとさらに思えました。

 “教育実習・就職・東京国際女子”と不安材料が一気に終わり、気がラクになりました。これからしばらく時間に余裕が出来るので、練習中心の生活を送ろうと思います!

 東京国際女子マラソン走って気持ちがスッキリしました!
選択は間違っていませんでした!


すぐに涙は止まり次の目標を!!
                              横浜中央走友会/江花早苗

多くの心からの応援ありがとうございました。
そして競技場で待っていてくれていた皆ごめんなさい。
走れば走るほど体が冷えていき,25キロ過ぎから冷え切った体がかちこちになって動かなくなってしましました。それでも30キロ過ぎに横断幕もって待っている友人の前までは収容車に捕まるものかともがきました。その間ずっと並走してくれたかんじさん,はやと君,ふらふらでしたが嬉しかったです。
なんとかその地点はすぎ,33キロ地点で手を挙げて後ろを振り向き一礼して,競技をストップしました。足が進まずどんどん遅れていき最後尾になる私に本当にたくさんの声援があったと思います。
いま思うと恥ずかしいなあ・・・。
収容車の中で悔し涙が自然にあふれタオルで顔を隠してしまいましたが,すぐに涙は止まり次の目標を心に決めました。

でも競技場を走って出て行ったあの感動は忘れられません!
まだまだチームH&S(?)はこれから飛躍していきます。



そして、感動をありがとうございます!!
                            横浜中央走友会/田中靖子


私は初めて東京国際マラソンの応援に行きました。
Qちゃんも出るということだったのですごく楽しみにしていました。わくわくしながらも平和島にある中間地点へ行き頑張って走っているランナーたちの応援をしました。目の前を、まっすぐ前を向いて走っている選手たちはすごくかっこよくて迫力があり、いっぱい応援したくなりました。

ある時間を越えてしまうと走りたくても最後まで走らせてくれないという厳しさ。
収容車に乗せられた選手たちを見て涙が出てきてしまいました。

今日は本当に応援に行けて良かったと思います!
たくさんの事を学べました。頑張ることの大切さ、自分に負けない強さ、仲間の応援に答える素晴らしさ…大会は自分が頑張ってきた今までをみんなに発表する日なんですよね。

私は、たとえ小さい事でもコツコツと練習を積み重ねていき、自分を誰よりも信じてあげていつか、42.195kmを完走してみたいと思いました。
東京国際女子マラソンに出場をされた皆様、本当にお疲れ様でした。
そして感動をありがとうございます!!


東京国際女子マラソンのコース監察をして
副題:私たちは全てのランナーを応援していました

横浜中央走友会/南雅輝

猿楽さんと宮崎さん、そして私の3人はコース監察員として、この大会に関わりました。3人が担当した場所は、往路コースの21キロ地点の少し手前です。大森海岸駅のすぐそばでしたので、平和島の折り返し点で応援していた人は、気づいたかも?

12時半くらいからポツポツと観客が見え始め、1時過ぎると歩道が満杯になるほど人が集まっていました。本当に、公道に押し出されるかと思ったくらいです。もっとも、観客の多くは、Qちゃん(高橋選手)目当てだったみたいで、Qちゃんが通過したら、観客はあっという間にまばらになってしまいました。そんなもんなのかな?

ただ、Qちゃんが通過した後も残って見ていた人の殆どが、最後の方のランナーまで見ており、また、どんなランナーにも通過するたびに暖かく拍手を送っていました。これは、そばで見ていて本当に嬉しく思いました。私自身も、どんなランナーにも最後まで頑張ってほしい、という気持ちで立っていたのは事実です。

コース監察自体は2時ちょうどに終了したので、3人で遅めのランチを取った後、そのまま帰宅の途に(信濃町に行くには少し遅かったので)。今回は、監察といいながら、ランナーから感動をもらいっぱなしでした。たまには、走るだけでなく、支える側に回ってみるのもいいですね。

最後に、今回出場された横中レディースのみなさん、本当にお疲れ様でした。


2005東京国際女子マラソン
順位 No. 氏    名 所属団体名 記録
61 573 今村 文枝 逗子市陸協・神奈川 3:09:51
62 529 郷 亜紀子 TEAM走り屋・埼玉 3:09:57
78 645 永瀬 菜穂子 横浜中央走友会・神奈川 3:12:40
88 522 Y・H 横須賀市陸協・神奈川 3:13:29
184 734 黒木 純子 横浜中央走友会・神奈川 3:23:44
DNF 157 瀬川 智美 横浜中央走友会・神奈川 -
DNF 703 江花 早苗 横浜市役所・神奈川 -