新年2006年特番
初春レースレポート



2006/1/1
2006千葉海浜元旦マラソン
江花早苗 自己ベスト! おめでとう!!


2人で快走!復活走! 横中仲良しペア☆江花早苗
「2006年初走り。
母親の作った大きなおもち入りのお雑煮を食べて,エネルギー十分でスタートしました。
最近は,スピード走に自信がなかったので,まあ楽しく走ろう!とリラックスして走りました。 それがよかったのか,後半もばてずに記録も更新できで満足。

2年前のこの大会では,調子を崩していた逸人君より先にゴールしましたが,今年はずんずん前を走って3分近くも先にゴールして,ニコニコ笑顔で迎えてくれたのも嬉しかったです。
今年は,2人で快走!復活走!かな?」

2006/1/1
2006千葉海浜元旦マラソン
江花早苗 自己ベスト! おめでとう!!
氏   名 グロスタイム 総合順位 種目順位 個 別 種 目
江花 早苗 00:41:34 6位 10K女子
江花 逸人 00:38:45 38位 10K男子

2006/1/8
第7回谷川真理ハーフマラソン


今年もやるぜ!! ハーフ自己新達成!! 藤澤広明

2006年1発目の大会。イキナリ自己ベスト更新のスタートとなりました!
昨年・一昨年と思うような走りが出来ていなかったので、屈辱を晴らせました。
荒川とは相性が悪かったが、これで仲良くなれたかな( ̄∇ ̄;)

今年は昨年ほど風が無く、天気予報では極寒{{ (>_<) }}と言っていたが穏やかな気候。
体重は昨年より2kg軽量に仕上げられたので期待大でスタートを待つ。が、右の脛に違和感があり、歩いても少し痛みがあったが、アップジョグしていたら何処かに消えたヾ(* ̄▽ ̄*)Bye

スタート地点には豪華な顔ぶれが。選手紹介でハヤタ隊員やj・Hさんなどが一言マイクでべしゃる。Bレスのユニも見える。『これは相当なハイペースを覚悟せなアカンな。
ま、5kmも付いていけるワケないけど…』10:10にスタート!昨年の優勝者(と思う)がスススッと先頭に出る。その後ろに張り付く『さ〜て12位には食い込み、賞金ゲットだぜ!銭や!銭や!』
風は弱いとは言っても気になる。荒川名物なんで仕方ない。1`通過は3:04あたり。横浜マラソンのときほど楽な感覚は無い。『う〜ん、まだ温まっていないからかもな』と、自分でも驚きの冷静さ。すると、ハヤタ隊員がスルスルと前方に上がっていく。『いよいよ温まってきたんだな』と思う。さあ、いよいよ本格的に先頭が動く兆しだ。
3`あたりで前との差が開き始める。これは明らかにペースが違いすぎるので無茶して付いたら完全に潰れそうなのでマイペース運転で進む。先頭は15〜16名くらいだ。何名かは落ちてくるだろう。トップトライアスリートの昨年9位のM田くんや8位のF長さんの入賞組みと粘る。
5`通過は16:04。もうチョイあげていくか?とも思うが、無理は禁物。ややキツイくらいで進む。先頭との溝は完全に開きBレスのブルユニが目立つ。10kmポイント手前の坂に差し掛かるとトップの早川英理が下ってきた。
10km通過は32:39。この5`は16:35と落ちたが『苦しいが後半勝負だ。あげれるハズだ!!』と昨年とは大違いの精神状態。
折り返しの坂を下りる手前でともちゃん発見。『あれ?仮装するって言っていたような…』折り返して後続との差を確認。続々と連なっていて、こりゃチョットでも自分に甘えたらドドドッと抜かれるスリル満点・苦しさ満点の展開。折り返しのチョットした上り坂で心拍数が一気に上がるがココは我慢のしどころ。ココで離されたらヤバイので何としても集団に付く。坂を下り後は平らな道のりだけだ。5名ほどのグループで行く。未走路の部分でペースが上がり思わず顔が歪む。チラッと後ろを確認すると少し差が開き5名は3名になりつつある。
そして15`通過。タイムは48:42。この5`は16:03!『苦しいワケだ。上がっているんだもん!!』と納得。だが、ここで安心&妥協してはいけない。いけるトコまでいくんだ!と自分を奮い立たせる。16`が迫る。『ラスト5kmだ!ヨーイドン!』多摩川ハーフのラスト3`のように一気にペースアップ。1人を置き去りにし、後は1人を振り切るのみ。ガンガン仕掛けるが離れない。それどころかラスト3`地点で逆に仕掛けられてしまい置いていかれる。『置いていかれたのはしょうがないとしても、ここでペースダウンしないように粘るんだ!ラスト1`でどうにかなるかも知れん!』と気持ちが切れないように必死。
そしてラスト1`のポイント手前で最初トップ集団にいた1人をパス。仕掛けられた選手には追いつきそうで追いつけない。『一体オレは何位なんだ?とりあえず最後まで気は抜かないぞ!』ともう限界に近い状態。そしてアーチが見えた。実況アナが聞こえる。『今、12位の選手がゴールしました!』というセリフ…。『だぁぁぁぁぁぁ〜っ!!銭がぁぁぁッ!!焼き肉がぁぁぁっ!!常盤苑がぁぁぁっ!!!』と思っていると『さあ、これは集団です!』と言うアナウンス。何と置き去りにした数名がせまってきていたのだ!『冗談ではない!』ラストスパートして追いすがるのを振り切りゴール!
結果1:08:38の自己ベスト21秒更新でした☆昨年の同大会より2分18秒短縮!
これでとりあえず2年間のモヤモヤは解消されたんで、入賞こそできなかったが良かったと納得。いよいよ67分台に突入の兆しが出てきました

2006/1/8
第7回谷川真理ハーフマラソン
藤澤広明 自己ベスト! おめでとう!!
氏   名 グロスタイム 総合順位 種目順位 個 別 種 目
瀬川 智美 01:29:49 177/6874 ハーフ男女総合
藤澤 広明 01:08:38 14/6874 ハーフ男女総合