2006/2/12
2006
たてばやし
シャトルマラソン



上州・下野国の☆
義理人情に厚く、恍惚感
もとい硬骨漢
男・長浜、大好きな故郷に錦を飾る!!

たてばやしシャトルマラソン
総合優勝オメデト〜!!

=地味目のタイトルで=



感動の東京国際マラソン裏番組
2006たてばやしシャトルマラソンレポ 
〜大好きな故郷に錦は飾れるの?〜 

                                 横中・吉田塾一期生/長浜則夫

2/12午前9時20分、和田選手運命の東京国際マラソンスタート3時間前。
群馬県館林市陸上競技場で”第33回たてばやしシャトルマラソン”最長10kmの部がスタートした。館林は東武伊勢崎線で浅草から約2時間。
江戸時代は五大将軍綱吉が藩主になったこともある城下町。
皇后美智子様の祖父正田家があり、アジア初の女性宇宙飛行士向井千秋さんの出身地(だからシャトルマラソンらしい)。
他には分福茶釜の茂林寺(たぬき)、つつじの名所花山公園が有名。
北を渡良瀬川、南を利根川が流れ、関東平野+高い建物も少ないため、遠くに赤城山、時には富士山も見ることができます。
夏は内陸性の気候で暑くてHNKの最高気温コーナーによく出現し、冬は山を越えた上州名物空っ風(かかぁ天下も名物)が吹きつけます。
と、長い紹介ですが、高校卒業まで18年間いた、まさに故郷です。

今年は家を出て4月で10年。記念に高校以来の館林マラソン出走を決めました。
中学時代の想い出いっぱいの陸上競技場、同級生の応援、強い空っ風、全てが懐かしく、嬉しく、楽しく、本日のテーマ曲、ゆずの”栄光の架橋”にのりのり気分のうちに10km終了。
高校時代の5位が最高順位だったのに、28歳での優勝は思いもよらず。。。
とは言っても、種目参加者が39名、市外選手が多いと寂しい限り。
所属は四中陸上部OB(四中;館林第四中学校)で出場したのですが、翌日地方新聞に載ったとのことで、何人気づいたか?
たかが走ることですが、故郷館林の働き盛り、家庭持ち、親になっている同世代への、元気ですよ!メッセージ代わりになったら嬉しいです。

昼食後、同じくゆずの”もうすぐ30歳”の歌詞に強い共感を覚えながら、和田さんの走る姿に感動するとはこれっぽっちも想像せず、電車に揺られ応援に向かいましたとさ。

東京国際レポへ続く。


《編集後記
♪10kmレポなのに長い。しかも、随分時間経過、大レースのはざま。
こんなので皆さんに許可されるか。。。
それと粂さんつけるタイトル等は絶対地味にお願いします。
全世界に発信されますので。
先日大学時代の先生に、長浜さんは走ってばかりですねと言われて頭が上がらず。♪

というご要望に応えて、タイトルの文字の大きさを2割位控えました。 
by=Kume=
 

2006(第33回) たてばやしシャトルマラソン
長浜則夫、総合優勝に輝く!! おめでとう!!
氏   名 グロスタイム 総合順位 種目順位 個 別 種 目
長浜 則夫 00:35:36 1/232 1/39 10Kの部一般男子39歳以下