レースレポート
北海道/洞爺湖☆岩手/いわて銀河☆長野/野辺山・信濃山形


2006/5/21
洞爺湖マラソン2006


清水和彦 念願のサブスリー達成!! ヤッタネ!!

洞爺湖マラソンレポート/清水和彦
念願のサブスリーゲット!!
 
ぎりぎり、ぼろぼろでしたが念願のサブスリーを達成できました。
例年4,5月は一番調子がいいシーズンですが、長野マラソンは仕事の関係で参加できず狙うとするとこのレースしかありませんでした。 また
3ヶ月以上故障なく練習を積めたことも初めてでした。 自分なりにフォームをかえてきた結果が出たように気もします。 皆さんが見ても”変わってないジャン!” と言われそうですが。
ラップは
 
passage time lap time comment
0-5 0:20:28 20:28 快調にスタート
5-10 0:40:58 20:30 これ以上はダメ
10-15 1:01:39 20:41 小さなアップダウンに後半が心配
15-20 1:22:19 20:40 なんか風が強くなってきたゾ
HALF 1:26:54 - 3分の貯金、足りるだろうか?不安
20-25 1:43:15 20:46 もしかして私は風オヤジ?
25-30 2:04:25 21:10 今回も風に負けてしまうのか、キツイ
30-35 2:25:42 21:17 次の5kmはとても、とても。ダメだ
35-40 2:48:56 23:14 風が吹いていないが、足にきてる。
GOAL 2:59:16 10:20 腕振ってなりふりかまわず。
                              
ハーフ1:30:00で後半勝負する自信はなかったので考えていた通りのラップで走れました。 やっぱり35km過ぎに足にダメージがでました。
今回逃すと一生達成できないと思っていました。15km過ぎからの風で何度もペースダウンしましたが、後ろから来たランナーに数kmついていってまたペースダウン、そしてまた後ろからのランナーに必死で付いていくを繰り返しました。湖を1周する訳ですから荒川の後半のようにずーとアゲインストではない、と信じてがんばり一番きついところで風が止みました。 例年はもっと暑くなるそうですが、心地よい気候でした。
 
タバコをやめてビックリするぐらい太り走り始める。というよくあるきっかけで始めたランニング。 2001年5月にハーフ2:07:00で初完走して、その年の7月に横中に入会させていただきました。 このタイムを皆さんにお話した時のリアクションは今でも忘れません。 何も知らない私はチョット凄いでしょ、と思っていました。 クロカンとインターバルをご一緒して、粂さんに初めてで両方走るのはスゴイ!なんておだてていただきました。 (その翌週横中のエース和田さんが入会。1回走っただけでクロカンのコースを覚えてしまったそうでした。)  今年新年会の行われる江ノ島へ走っている途中で故障してしまい、なかなか治らす今期諦めムードで体重66kg(身長は169cm)。 完全に諦めていたところ和田さんの快走で、「オレもやってやる!」 と3ヶ月の突貫工事でしたが何とか間に合いました。 
 
近所の恩田川の季節の移り変わり感じてをゆっくり走っているのが一番好きです。 が、これが最初で最後にならないようにしたいと思います。
いつもお世話になりっぱなしの横浜中央走友会に感謝いたしております。皆様とご一緒しなければ決して達成できなかったと思います。 


    自分らしく攻めれた/青木昌弘

1年以上経っての久しぶりのフルマラソン(2回目)でした。今回は練習として30k走を中心に距離に対して不安をなくしてということをテーマにかかげての挑戦でした。
結果としてはオーバーペースとなりましたが、久しぶりにフルのスタートに立てたこと、記録の達成はできなかったけど自分らしく攻めれたことは今後につなげたいし、つなげなければいけないと思いました!
 
終わった後南さんと談笑し、お互い大福食べました。その後温泉つかりながら、またフル走りたい気持ちが沸々と出てきた1日でした☆   


    洞爺湖マラソン徒然草(北の大地第1章)/南雅輝

第1節 洞爺の紹介

洞爺は、地理的には室蘭とか苫小牧の近くに位置します。何年か前に噴火した有珠山(昭和新山)のあるところです。
今回は、この洞爺湖マラソンに出てきました。北海道では、シーズン初めてのフルは5月末の洞爺湖か6月上旬のJAL千歳で、といわれるくらい人気のある大会です。事実、道内の色々な走友会が集まっていました。

2節 洞爺との出会い
自分が出場したきっかけ(正確には洞爺湖マラソンを知った経緯)は、去年の北海道マラソンの収容バスの中になります。「洞爺か千歳で経験積んでから、道マラに挑戦すること!」と隣の人に言い渡されていました。あれから、もう9ヶ月。早いものです。
ですので、北海道マラソンのオープン戦という感じでした。「記録はともかく、良いにしろ悪いにしろ何か収穫を持ち帰ること」、これが今回自分に課したテーマでした。

3節 洞爺を走る!
さて、レース当日。宿泊先と会場が目と鼻の先なので、ストレッチは入念なまでに行います。コースは最後までアップダウンが続くと人づてに聞いていたのと、レース中に足腰が痛くなった霞ヶ浦の件があったので、今回はキロ5分ペースを基本にしてどこかでプラスアルファをつけ、自己ベストを狙うつもりでした。

コース自体は厳しめでしたが、湖畔の景色はきれいで排気ガスもなく、爽快な気分で走ることができました。35キロから40キロでややペースが落ちてしまい、自己ベストは泡と消えましたが3時間半はクリアできたのでよしとします。3時間20分前後を出せる人は、自分と比べると終盤でもペースが落ちることがあまりなく、この辺りが大きな課題であることを痛感しました。
ゴール直後に、スタート前に見つけられなかった青木さんにお会いすることができました。今回は残念な結果に終わったみたいですが、次回は驚くような結果が出るものと期待しております! 清水さん、松本さんは・・う〜ん。アップロードをちょくちょく走っていたのですが、会場で見つけることは案外むつかしいものですねぇ。

4節 洞爺を糧に(次は札幌)
今年に入って、フルは今回で早くも4回目(去年は1年間で2回、内1回はタイムアウト)。ある程度経験を積むと、色々なことが分かってくるものです。現行の北海道マラソンは今回で最後なので、去年の借りを返すチャンスは今年しかないです。今回得た収穫を8月の「北の大地第2章」に活かしたいという決意を新たに、横浜に帰ってきました。
なお、余談ですが、ニコちゃんマークにはちゃんと名前を記入しなければいけなかったそうです。う〜ん、初めて知りました・・(これが一番の収穫だったりして)

 


洞爺湖マラソン2006
清水和彦 念願のサブスリー達成!! ヤッタネ!!
氏   名 グロスタイム ネットタイム 総合順位 種目順位 個 別 種 目
清水 和彦 02:59:16 02:59:12 55/1719 23/513 フルマラソン男子40歳代
青木 昌弘 03:28:38 03:28:33 307/1719 100/465 マラソン男子39歳以下
南 雅輝 03:28:43 03:27:13 308/1719 101/465 マラソン男子39歳以下


2006/5/21
第12回星の郷八ヶ岳
野辺山高原ウルトラマラソン


永瀬菜穂子=ウルトラ初チャレンジ=71km女子総合3位入賞!!

ウルトラ初チャレンジ71km女子総合3位入賞!!/永瀬菜穂子

朝5時前でも寒くはなく予定通りのウエアでスタート。
1908mの最高地点到達まではいくら抜かれてもあわてずに
コース図で見ると急なようでも、実際は距離があるためそんなにきつくないです。

さあ下り、行くぞーっと思ったのに左足甲に痛み。
「職場に黙ってきたのにここで怪我したら笑えない」
紐を結びなおして一時的によくなっても再び痛みを感じる

好天に恵まれてエイドの水がありがたかった。
ラスト坂は歩いてもよし、だったけどずっと前から歩いていました。
どんなにゆっくりでも走る動作をしている人はやっぱり速い。

...というのが頭ガンガン意識朦朧としながらの記憶です。
丈夫なだけが取り柄の私がレース前日朝に喉の痛み。
いつもは気づかないふりしてやり過ごすのに今回は...

リタイアだけは浮かびませんでした。
エイドにたどり着くたびに励ましてもらっていたから

初めての野辺山をもっと鮮明に覚えていたかった。
準備の要領とコースがわかったので来年もぜひチャレンジしたいです


ウルトラ初挑戦・59kmDNS・野辺山リベンジ誓う!!/小沢和彦

レースの結果は、59キロでリタイアしました。
当日も体調が良く、スタートで先頭になったのが勘違いの始まりでした。最初の5キロが19分で入り10キロは43分でした。ここまでは走っていても苦しくなかったので、行けると思ってしまいました。ここからトレイル区間が始まり集団から置いてかれましたが、そのぶんを取り返そうと20キロからの下り5キロも18分台で足を使い切ってました。その後は少しの上りでも歩ってしまて42キロ地点は3時間30なり50キロからは、歩くのもしんどくなり59キロでリタイアしました。
それから車で71キロゴール地点に送ってもらい皆んなのゴールを見て自分が情けなくなったのですが、この悔しさは来年の野辺山ではらすと決めました。
来年は練習してもっと強くなって帰って来ます。



来年も行きます♪ウルトラ初挑戦/星崎一浩

毎年恒例おデブからの挑戦!
やはり目標を持つということは重要でした
@塔ノ岳、A城ヶ島総会ラン、B箱根マラニック、
C大倉蛭ヶ岳縦走、D高尾陣馬縦走をこなし
70kg→65kgへ減量
 
いよいよレース当日
5月21日3:40
快晴だが寒い、車の外気温センサーは6℃
吉田さんが手配してくれた野辺山レンタルビラを出発し
いざ会場へ
 
スタート地点の体育館は中高年女性ランナーも多く独特の雰囲気
スタート30分前でものんびりムードです
 
前から10列くらいに陣取る、前方には横中快速軍団
作戦はいつものように心拍計と睨めっこ
登りは押さえて下りはGOGO
1908m最高地点まではMAX155以下
50kmまではMAX165以下
ラスト21kmは全開の予定で
5:00スタート
 
〜1km05:02 AV150
突っ込み過ぎずイイ感じ
 
〜5km   25:34 AV150/MAX157
ほぼ平坦で快調に5km通過

〜10km  35:07 AV150/MAX158
林道に入り、登りは心拍数が上がり過ぎると
なかなか落ちないのでおさえ気味に早くも田中君に抜かれる
 
〜15km  37:51 AV155/MAX162
じっと我慢の登りが続き後続ランナーに抜かれまくる
 
〜20km  37:55 AV153/MAX160
デカフォレスト(100km10回完走)の星崎大和さんに声を掛けられ
しばし談笑ラン

〜25km  22:14 AV155/MAX162
最高地点から得意の下りダートで抜きまくる

〜30km  39:26 AV152/MAX159
アッという間にまた登り
スピード差が激しいせいもありますが予想よりも登りが長く感じます

〜35km  27:38 AV154/MAX162
ようやく稲子湯
名物のおしるこいただき、水で甘いのを流し込みすぐ発進
 
〜40km  33:34 AV153/MAX165
最後の坂を登りきり、待ってましたの長〜い下りをかっ飛ばす

〜2.195km  9:15 AV157/MAX161
止まるのが嫌で下りのエイドはパス

〜45km  13:05 AV157/MAX162
快調なペースで下っているので次のエイドもパス
 
〜50km  24:36 AV161/MAX168
小海町エイドの手打ちそばは最高♪
ここから先は心拍数フリーでラストのハーフを責めまくる予定でした

〜55km  30:19 AV164/MAX171
日差しも強く暑さが効いてくるもまだまだ元気
.エイドでは相変わらず食べまくる
折返しコースの途中で吉田さん永瀬さんとスライド
風邪気味の永瀬さんはかなりきつそう
 
〜60km  30:54 AV165/MAX173
59km北相木村エイドで小沢さん無念のリタイヤ
ここでもおにぎり&みそ汁を食べまくる
永瀬さんと10分差くらいだったので
こりゃ追いつけると気合いを入れる
 
〜65km  27:56 AV165/MAX174
途中長島さんを抜きここまでは快走でした
 
〜66km  05:46 AV164/MAX170
最後の難関最大11%勾配に敢え無く撃沈
永瀬さん抜こうなどとは、そうは問屋が下ろさなかった
 
〜71km  38:42 AV156/MAX168
登りをほとんど歩くがまわりも皆さん歩いていました
吉田さん、小沢さん、永瀬さん、鎌仲君に迎えられゴーール!!
目標の7時間切りはなりませんでしたが
7時間19分52秒
30位に満足
 
しかしゴールしたら永瀬さんの荷物が来ていない(@@)
エッ!自分の荷物も無いの(@@)
体育館で言われたように預けたが
それは昔のやり方で本当はトラック直積みだったらしい
お風呂&生ビール目指して頑張ったのに
一番バスでスタート地点に戻り、教わったいこいの湯に浸かり
ピルスナービールと手作りソーセージをいただきご満悦♪
その後も高原牛乳2g&おそば10杯でウルトラマラソンを満喫
強靭な内臓はウルトラ向きかも、帰宅後体重測ったら2kg増でした
 
 
荷物ハプニングはありましたが最高に楽しい大会でした
来年も行きます♪

入賞出来なかった悔しさが・・・・ウルトラ初挑戦/鎌仲竜樹

今回は71Kmということで、初めてフルマラソン以上の距離に挑戦でした。しかもかなりアップダウンがきついコースだということだったので、とにかく完走が目標でした。
当初は入賞も少し狙っていましたが、あまり距離が踏めてなく、また膝も痛めていたので、スタート前はかなり弱気でした。ただ序盤とにかくゆっくり行こうと思っていたので、スタート前もさほど緊張せずリラックスしてスタートしました。

余裕を持ったペースだったのと御殿場合宿で太郎坊を走っていたためあまり上り坂はきつく感じず、そんな感じで景色も楽しみながら中間点まで順調にきました。ところが、中間点を過ぎた辺りから徐々に心配していた膝が痛み出し、特に下りになると痛みが増すのにここから15Kmぐらいずっと下りで、ここが一番つらかったです。
とにかく完走はしたかったので、エイド毎に止まって屈伸をしたりして何とかゴールを目指しました。そんな感じでペースが上がらなかったのが良かったのか終盤になっても思ったより余裕があり、ラスト5Kmの上りもしっかりと走りきることができ、無事ゴールできました。

結果は6時間27分で10位でした。
ゴール直後は完走できた嬉しさがありましたが、だんだんと時間が経つにつれて、入賞できなかった悔しさの方が大きくなってきました。景色も良く今回とても楽しかったので、6時間ぎりと入賞目指して来年もう一度走ってみたいなと思っています。
また今回は一緒に行った皆さんのおかげで、レースだけではなく行き帰りの車中も楽しかったです。
ありがとうございました。
あと運転して下さった吉田さん星崎さん小沢さんお疲れ
様でした。



第12回星の郷野辺山ウルトラマラソン
永瀬菜穂子 71km女子3位入賞!!
氏   名 グロスタイム 種目順位 個 別 種 目
永瀬 菜穂子 07:06:58 3/ 71km女子
鎌仲 竜樹 06:27:20 10/ 71km男子
吉田 精作 06:47:14 16/ 71km男子
星崎 一浩 07:19:53 25/ 71km男子
田中 秀一 09:26:38 83/ 71km男子
折橋 雄 09:17:11 12/ 100km男子
長島 孝 12:04:11 141/ 100km男子

※参加者数については未発表のため確定の後に掲載します。



2006/5/21
第2回いわて銀河
チャレンジマラソン


酒井和英 50kmの部 総合3位入賞!!

自己新30分短縮で3位に食い込む/酒井和英

いわて銀河チャレンジマラソンの50Kmに参加しました。

3時間45分目標に走り、40Kmまで予定通りでしたが、そこからペースダウン。2位から3位に落ち、3時間56分12秒でゴール!。
目標は達成できませんでしたが、4時間切りと自己ベスト30分短縮と3位入賞できました。
今後、後半のペースダウンを最小限に抑えられるよう練習していきたいと思います。

第2回いわて銀河チャレンジマラソン
酒井和英 総合 50km総合3位入賞!! おめでとう!!
氏   名 グロスタイム 総合順位 種目順位 個 別 種 目
酒井 和英 3:56:12 3/62 3/45 男子50km



2006/5/21
第12回日本アルプスサラダ街道
信濃山形ロードレース



走りながら全国各地へ(長野遠征第1弾)/中野洋佑


2006長野遠征第1弾!信濃山形ロードレースは昨年に続き2回目の出場でした!
会場となる東筑摩郡山形村は松本市から車で20分の山に囲まれた自然豊かな村です!

スイカ、長いも、りんご、アスパラなど数多くの農作物が採れ、ゼッケンによる抽選は参加者のほとんどが何かしら当たるという地元以外からの参加者にはとっても嬉しい大会です!
ちなみに自分は昨年はスイカ、今年は長いもが当たりました(^^)

さてさてレースの方はというと…スタート直後は良い感じで進めることが出来たのですが、3km行かないうちに身体が重くなり、暑さもあって、そこからはホントにキツいレースでした(汗)
結局ゴールタイムは38’22と言う非常に平凡な記録に終わりました。やはり体重の増加がモノを言いました。とうとう生まれて初めて60kgの大台に乗ってしまったので、これからはしっかり汗をかいて、生まれて初めての「減量」に努めていきたいと思います!

レース後は一度は行ってみたいと思っていた飛騨・高山に連れて行っていただきました!温泉にゆっくり浸かり、飛騨牛を堪能し、とても貴重な1日を過ごしました!転勤生活を利用して、横浜に居てはなかなか行かれない場所に、色々行ってみたいと思います!走りながら全国各地を旅するのはホント面白いですよ!皆さんも行こまい!(^o^)!