2007/6/17
第47回ガス橋開通記念マラソン大会



瀬川智美 女子総合優勝!!
藤澤広明 総合4位 年代別準優勝!!
楠将一郎 総合7位 年代別3位入賞!!


久しぶりにゴールテープが私の前に!!
                                      瀬川 智美


久しぶりの個人レース。今の力試しの目的で参加しました。出来たら3分45〜50秒/kmのイーブンペースが目標で。
  しかし当日は両足筋肉痛の状態でむかえてしまい、アップジョグをしても流しをしても全然足が動かなくて、これはだめだーと思っていました。
  スタート地点で私は前から2列目の真ん中に立ちました。周りを見渡してみると上位を狙っていそうな女性が3人。見たことない人ばかりで、どのくらいの走力でどんな作戦で攻めてくるのか全くわかりません。スタート直後少し並走して様子を伺ってみて、このペースでこれだけ息があがっているなら勝てそうだなと実はちょっぴり思ってました!なのですぐ並走をやめ前に出ました。
  キロ表示がないし、足もキレがないし、目標ペースを維持する気持ちは消えていました。
 そのとき目の前に白髪のお爺さんが強い蹴り足で砂埃を立てながら走っていて、煙いしお爺さんに負けたくなくて抜かしたいのに抜かせなくて、この悔しい気持ちが私の集中力に繋がっていました。ちょっと気を抜くとすぐ離されそうになり、グッと切り替えて追い付きます。最後の給水のときにそのお爺さんが水を取るのを失敗し一瞬怯んだ隙にペースを上げたら、やっと抜かせました。そのあとは真っすぐ前だけみて、ゴールへまっしぐらでした。久しぶりにゴールテープが私の前に張られていて、両手を上げて駆け抜けました。気持ち良かったです。
  P.S 賞状とトロフィーを基地のメインの庁舎の玄関に飾ってもらいました☆




今日は脚の切れが足りなかったね
                                      高橋 定雄

中央クラブの方に声をかけられた。
前日に富士登山駅伝の選手選考会で3区4.5kmを全力で走った。 また、4区途中までを2往復したためか、脚が重く本来の力を発揮することが出来なかった。
記録は良くなかった。 
33分43秒。
しかし、参加することで沢山楽しむ事が出来た。
なんと言っても、智ちゃんが久しぶりの単独レースでダントツの女子総合優勝したのが嬉しかった。 智ちゃんは仕事も頑張り再び練習量も確保しました。 スピード感があり安定した力を発揮出来たことは素晴らしいことです。
男子30才代藤澤さんと楠さんの活躍が素晴らしかった。 スタート直後ワン・ツーで先頭にたったときは横浜中央走友会のエネルギーが伝わってきました。 2人とも年代別2位.3位入賞は立派です。
炎天下でダートコースという悪条件で、最後まで力強い走りは見る人の感動を呼びました。

加藤裕世さん・伊藤博子さんという新しいメンバーと一緒に参加出来たのも良かった。 2人の走ることへのはまり具合も良かった。 これから、静かに病気が進行していくでしょう。 (病名は、いつでも走りたい症候群。 朝5時半からでも・・・・)

打ち上げの「一品持ち寄り会」も美味しく楽しかった。 粂さんのソーメンは20人分くらいあったでしょうね。 とても美味しくいただきました。
レース後に体重3kgも増やし帰ったのは珍しいことです。
何よりもランニング談義が面白かった。
粂さん楽しい機会を作ってくださり有難うございました。

〈ガス橋マラソン川柳〉  読み人=高橋サダヤン
走りてぇ ガス橋見たよ 元気出た  >塩島耕
おれさまは 3キロオーバー でも入賞  >藤澤広明
ガス橋で 身体が燃える 溶けちゃう  >伊藤博子
腰痛が どこへいったか 4レース  >粂正夫
5キロから 2回目ガス橋 次ハーフ  >加藤裕世
ソーメンを 食べ過ぎたから 帰宅ラン  >ジャッキー片岡
走り込み 優勝杯の 汗光る  >瀬川智美
切れがなく 下り坂行く 人生の  >高橋サダヤン
入賞の 味がしみたよ 次フルで  >楠将一郎
一品ずつ 食べまくったよ 体重増  >山口泰広
走り終え 白球追って 大勝利  >益田誉治



目標の32分CUTはクリアー、次は・・・・

                                       岩堀 朗

今回で5回目の出場です。
状態は相変らずスピードがでません。この間のペース走では`4分で5kmまでしかもたなかったので、せめてレースでは`4分ペースを切ることを目標にしたいと思います。8kmのレースなので32分切ることが目標である。
朝8時半に会場である多摩川到着。天気は快晴で気温が徐々に上がっている。これは暑い(熱い?)レースになりそうだ。2kmほどjogして着替えてスタートラインへ。今回は例年に比べて人数が増え、受付が混雑していたため、10時スタートが10分遅れて10時10分スタートとなった。その間体を動かして待った。
10時10分にスタート。先頭は勢いよく行くが私は余裕もって進んだ。スタートしてまず多摩川大橋方向へ向かう。向かい風を受けながら橋を通過したら400mあたりで折り返し。このあたりから苦しくなり始めた。途中の給水所で水を半分飲んでから背中を冷やすためにかけた。スタート地点まで戻った後、そのまま通過し200m先のところで折り返して戻った。これで1往復4km。これをもう1往復する。4kmの通過が15分03秒。ひそかに狙っていた30分は確実に切れなくなった。気持ちを32分切りに切り替え、ペースダウンを出来るだけ抑えられるようリズムを保とうと腕を振った。多摩川大橋を過ぎたところで横隔膜あたりが痛くなり、深呼吸が出来ない状態。こうなると追い込めなくなる。そんな状態が続いて後続に抜かれまくった。
ラスト400mあたりでもうひと頑張りし、ラスト200mからインチキスパートで2人抜いてゴール!タイムは31分10秒。後半4km16分07秒。後半は`4分超えてしまったが、トータルでは切ることが出来た。
これからの時期は暑くなるのでこのペースを維持して乗り切るしかないかな?

レースの後は横中参加メンバーでオフ会。参加者で食べ物を持ち寄りして行った。
私はパン焼き器で作ったケーキを持ってきた。私はバターをちょうどいい大きさに切って、卵と小麦粉を入れた以外は全て妻がやってくれた。流れを教えてくれたので、次回やる時は自分でやってみようと思う。
私以外の方々はそうめんや漬物、果物の他に、有名なお店で購入したベーグルやクロワッサンを持ってきた方もいた。色々食べたのでお腹いっぱいになりました。持ち寄りが決まったときに何にするか考えている時は困るが、食べ物を決めて購入もしくは作ったりして、みんなで一緒に食べると楽しい。そういう充実感があるからまたやりたくなるのかもしれないね。
参加した皆様、お疲れ様でした。




完走できて・・・嬉しかった〜

                                      加藤 裕世


私にとって、2回目のレースでした。
当日は、雲一つない晴天で日差しが強く、朝から本当に走りきれるかが不安でした。
スタートから2キロくらいですでに絶望的な気持ちになってしまい、給水では2回とも鼻に水を入れてしまい、多分100人以上には抜かれました。。
そんな中、炎天下の道を完走できたことは、とても嬉しかったです。
まだまだ、走りが自分に甘いんですが、前回よりはちょっと厳しくなれたかな、と思っています。
参加されたメンバーの方や石井さんに励ましていただき、力をもらいました。ほんとうにありがとうございました。




初めての大会・・・刺激的な1日

                                      伊藤 博子


今日もまた、たくさん刺激的な1日でした。
今日初めてのマラソン大会は『ガス橋開通記念健康マラソン大会』(8キロ)に参加してきました☆
4月から日曜日は走ってきたものの先週の雨の中のトレイルラン以来少し風邪気味で…(^_^;)1週間はあまり走れず大会にのぞむことに。
先輩の助言のどおり キロ6分で5キロ走り後半3キロを切ったら全力でという目標でスタートをきりましたが…

想像以上の暑さで体感温度は35℃を越えているかのようまさに、身体が燃えてました(笑)

体力は消耗が早く…
2キロ走った時点ですでにリタイアしたい気分でした(^_^;)

自分に遅くてもいいから、頑張ろうと言い聞かせながら…
やっとの思いで完走でしました(>_<)

タイムは計っていたんですが…ゴールしたことに気持ちがいっぱいで止めるの忘れてました(^_^;)

しばらくしてから止めたタイムが
48′39″42でした。

目標の48分は達成したようです(^_^;)

今日はみなさんの声援でかなり励まされました。挫けそうなとき『ガンバレ!』の声がエネルギーになってました。

今日は完走できたんですが、もっと早く走りたい気持ちが強く悔しい気持ちになりました。
少しずつですが、走力をのばしていきたいです。
今日はみなさんありがとうございましたm(__)m



下手なレースはでけへんでぇ〜!!
                                      楠 将一郎


自分の働く会社の近所で、毎日朝/昼走る庭のようなコース・・・
下手なレースはでけへんでぇ〜!!
と自分にプレッシャーをかけ、ガス橋マラソンに挑んだ(つもり)!!
とりあえずの目標は30代で3位入賞・・・
とは言え・・・藤澤選手で1枠とられてまうやん!!!
残り2枠(^^;
ビビッててもしゃ〜ないので、いつも通り積極的なレースを心がける。
 
前週の横田駅伝での怪我で、かなりの練習不足。
それに追い討ちをかけるような好天・・・
受付の不手際もありスタート時間が遅れ
炎天下の下で体力を奪われる。
 
スタートとともに藤澤選手が飛び出し、それを取り囲むように他の選手があとに続く。
藤澤選手の左後方につけ、ええスタートを切れた。
練習不足のおかげでバネもたまってて・・・
いけてんちゃう〜ん!(今思えば大きな勘違い!!!)
先頭が入れ替わり、余裕を持って先頭についてたつもりが、最初の折り返しを迎える頃にはバテてしまい、集中力もない。
足場ばっかり気になって走れない(>_<)
みんな同じ道走ってるやん・・・と言い聞かせるもペースは上がらずジリジリ後退。
 
抜いていく選手のゼッケンばっかり見て・・・
折り返す度、後ろの選手のゼッケンばっかり見て・・・
ネガティブな気持ちで走ってしまいました。
 
結果的には目標の年代別3位入賞はクリアしたものの自分の庭での無様なレースを後悔・・・
反省ばかり・・・
 
ガス橋マラソン以降、朝のJOGは舗装された道ではなく、舗装されていない道を選んで走ってます。
 
レース後のオフではモリモリ食ってしまった。
みなさん、ご馳走様でした。
そうめん、つけもの、クロワッサン、くだもの・・・
全部うまかったっす。
ごちそうさんでした!!



暑かったけどいい走りができた〜
                                      益田 誉


 ランナーズ取材の当日は、天気暑いくらいの快晴「児童公園」で走友会のメンバー人数の多さにビックリ改めてチームの大きさを感じました(^。^) 
午前中、場所を移動して多摩川・大会に出場して来ました 最近、練習不足で不安もありましたが いざ、レース・スタート 3km地点まで「舗装が無い?!
砂利道のレース。。。きつい」 と思いましたが距離が進むにつれて暑さがましていましたが後半ペースがツカメてベーストタイムゴールしましたヽ(^o^)丿 

余談ですが、午後は大和市で野球の大会6回まで0対0 最終会、我がチーム1番打者がツーアウト3塁右中間ヒットで勝ちました。 
本当に、運動日よりの一日でした。




3キロ増〜4連覇ならず!!
                                      藤澤 広明

◆第47回ガス橋マラソンレポ◆
年代別4連覇が掛かっていたガス橋マラソン。
今年は冴えない走りばかりで、気持ちもトレーニングもガッタガタ。せめて体重くらいは間に合わせねばと思ってましたが、いつものレース時より3kg増のデブデブ状態。『こりゃヤバい』と思い、ブルユニ着用を回避。
『なんちゃってランナー』のスタイルで走る事にする。
今年は昨年の悪天候とは違い、初夏の陽気だ。受付の混雑の影響で10分遅れの10:10にスタート。
身体は重いが前に出れそうなので先頭に躍り出る。
『う〜ん、やっぱ重い!!』スタートして1キロも行かないウチに後退。KUSUくんが先頭をいく。『今日の優勝は決まりか?』と後ろから軽い走りを拝む。芝生区間を折り返して6番手で苦しむ。前との差が開き始め、不摂生な生活でヘビー級になった身体を呪う。
先頭は本門時で優勝した選手がドッカーンと一人旅で完全に決まり。
軽やかな走りだったKUSUくんは砂利道で苦戦したようだ。自分はひたすら耐えるのみのレース。一度としてレース展開を作る事なく4位で終了。タイムは昨年より1分32秒遅れという沈没状態でした。が、ゼッケンは300番台は自分の前にいなかったので『年代別4連覇達成?』と思っていたらゼッケン200番台も同年代で201の選手が1秒前にゴールしており、この選手が30歳代の覇者となりました。
ゴール後は用事があり即リターンせねばならず、打ち上げには参加できませんでした…。
来年はしっかり走ろうっと☆


 

第47回ガス橋開通記念マラソン大会
瀬川智美 女子総合優勝!! おめでとう!!
藤澤広明 総合4位 年代別準優勝!! おめでとう!!
楠将一郎 総合7位 年代別3位入賞!!
おめでとう!!
氏   名 グロスタイム 種目順位 個 別 種 目
瀬川 智美 00:32:22 1/158 8K女子39歳以下
伊藤 博子 00:47:20 62/158 8K女子39歳以下
加藤 裕世 00:48:52 80/158 8K女子39歳以下
藤澤 広明 00:27:32 2/234 K男子30歳代
楠将一郎 00:27:59 3/234 K男子30歳代
岩堀 朗 00:31:11 12/234 K男子30歳代
益田 誉治 00:44:31 155/234 8K男子30歳代
山口 泰広 00:36:11 50/232 8K男子40歳代
高橋 定雄 00:33:44 18/164 8K男子50歳代
粂 正夫 00:39:20 61/164 8K男子50歳代



2006/6/18
第46回ガス橋開通記念マラソン大会


藤澤広明、総合2位・年代別3制覇!!
お・め・で・と・う!!

年代別3連覇が掛かっていた『第46回ガス橋開通記念マラソン大会』
当初は出場は考えていませんでしたが、『年代別だけど2連覇しているしなぁ…。よっしゃ!3連覇に挑戦だ!』と、走ることにしました。

レース3日前の木曜日に脚のウェイト・トレで思った以上に負荷が掛かっていたみたいで、バッリバリの筋肉痛。
しかも前日の土曜日の横浜記録会で追い込み、更に『バッキバキ状態』( ̄口 ̄)
前日はサウナに入り筋肉痛で走れない身体を絞りこむ。当日は体重は何とか間に合ったが筋肉痛は回復せず…。
アップをすると横浜記録会の時よりは動いてくれそうなのでチョイ安心。が、それも束の間。参加リストを見ると、強豪S氏の名前を発見!!『3連覇は無しかな…』
と弱気になる。
10:00にスタート!とりあえず飛び出す。300mくらい過ぎると、予想通り強豪S氏が躍り出る。イイ感じで飛ばす。前日の雨で泥濘だらけでコース選択を誤ると転びそうなので、慎重に進む。
1kmも行くと先頭集団は5名あたりに絞り込まれた。S氏は何処でギア・チェンジするのか?アンヨはバキバキだが、そのタイミングを逃したら今日のレースはおしまいなので、機を逃さないよう集中!が、思ったよりペースがあがらない。キツイペースに違いないが、落ち着いた速度になっている。
『どうするか?いってみるか』なんて考えていると『フッ』とペースが落ちた矢先、若いゼッケンが飛び出した!『これはつかなきゃダメだ』と即判断。
ググッと乳酸が溜まるが、ここは暫しガマン!すると以外な展開に。何と強豪S氏がついて来れない!『マジかいな!?』これはチャンス到来。筋肉痛がどーのこーの言っている場合ではない。『今行かずにいつ行くのだ!』気合を入れ、若者の前に出て更に仕掛ける。折り返しで先頭は自分を含めて3人だ。S氏は相当キツそうだ。若者は上下動が少なく、正確なリズムで淡々といく。前に出てみたものの、実際の主導権は完全に彼にある。ハッタリが何処まで通用するのか?残り3kmあたりからジワジワと遅れ始めてしまう。もうこうなったらしんどい。とにかく自分のリズムで行く。動きは明らかに鈍ってきている。後続が追い上げてこないか、やや不安になる。もう1人は何とか離れてくれて、後はひたすら耐えるのみだ。折り返しでトップの表情をみると楽そうに感じだ。『こりゃ格が違う』と認めざるを得ない。結局、20秒近くも離されてしまい、昨年と同じ総合2位でゴール。
が、無理かなぁと思っていた『☆年代別3連覇達成☆』タイムも25:59と、このアンヨでよく走れたと思います。
多摩川クラブの中山さんから『10連覇までお願いしますよ』などと言われましたが、そりゃ無━━━━━。:*・q(゜∀゜)p・*:。━━━━━理!!! です!!

        



2006/5/28
EKIDENカーニバル2006
東東京大会in北区荒川



『NR☆難攻不落』
何と総合11位で部門では7位に!

横浜中央走友会/藤澤広明

ニッポンランナーズの知り合いの方からのお誘いがあり、5/28(日)に荒川で開催された『駅伝カーニバル』に参加してきました。
大会前日は富士登山駅伝の選考会で脚を酷使したので、かな〜りバテ気味状態。5kmと短い区間なので『何とかなるっしょ!』と前向き思考で出発。
お誘いしてくれたのは、昨年の久米島マラソンで知り合ったランナー。たまたま同じベビーカーを使っていたのがキッカケですっかり仲良くなってしまい、その時に『昭和46年生まれで固めたメンバーで駅伝に出たりしてます』という話を聞いていました。今回、メンバーの一人が故障により走れなくなってしまい、その代走として抜擢されました。ニッポンランナーズからは7チームがエントリーしており、ワタクシが入れてい頂いたのは『NR☆難攻不落』というチーム。『NR☆百戦錬磨』というチームはフル2時間27分台のTさん・富士登山競走優勝2回のKさん・日本最速コーチのKさん&Sさんの4名で構成されたドリームチーム!
この最強チームにどこまで食い下がれるか…。

前日の雨で中継所は田んぼ状態。そんなコンディションでもトップは1区10kmを31分台で来るからスゴい。さて、2区5kmはワタクシの出番です。
何とNR☆百戦錬磨と5秒差の大接戦!
『こりゃスゴい争いになりますね〜』と富士登山のスペシャリストのKさんと苦笑い。Kさんを5秒差で追いかける。田んぼ区間をクリアして舗装路に出る。差はなかなか縮まらないが、開いてはいないようだ。が、スタートダッシュでバキバキになった身体が動きに対応していない。『とにかくこの動きとリズムを保つんだ!』粘る。
そして2kmあたりを通過するとKさんの背中が大きくなってきた。一旦並走しようかとも思ったが、いつもの『抜く時は最高のスピードで一気に』で行く。抜いてからは暫らくはダッシュ状態を解除しないで我慢我慢!足音がやや遠退いたのを確認してチョイとスピードを緩め一息入れる。そして、前方に見える同じ襷の選手を抜けるだけ抜いた。中継所の田んぼ区間でコースミスしそうになってしまい、これで5秒くらいロスしてしまう(他のメンバーの方、ごめんなさい)
3区Pさん・4区Sさんに無事襷がリレーされて、『20位以内に入れればスゴイですよ!』とSさんは言っていたが、速報に目を通すと、何と総合11位で部門では7位に!『やった〜☆』とおもわず声をあげてしまいました。

こうして、ニッポン・ランナーズと横浜中央走友会の懇親駅伝は無事に終了しました☆