2007/11/11
=
10km16名・ハーフ24名 横中総勢40名=
第27回横浜マラソン





藤澤弘明 ハーフ総合優勝!! やったねッ おめでとう!!
福井健 10km総合3位入賞!! やったねッ おめでとう!!
阿部拓也 登録男子ハーフ10位入賞!! おめでとう!!
日置貴士 一般男子ハーフ7位入賞!! おめでとう!!
山本敦 一般男子ハーフ10位入賞!! おめでとう!!


藤澤弘明 ハーフ総合優勝!! おめでとう!!

◆第27回横浜マラソン大会レポ◆
 
前日まで完全に雨のレースになると思っていたが、当日は曇り。今にも泣きそうな空が心配だが何とか大丈夫そうだ。
『普段の行いが良いのかな〜』と思いながらママチャリで山下公園を目指す。
前日は脚がガッチガチに張っていて、疲労困憊のアンヨ。ファイテンショップにチタンテープを買いにくと、店員さんが『大会が近いんですか?』と聞いてきたので
『明日マラソン大会があるんだけど、脚が疲労気味で…。』と話すと『じゃあ見てみましょう』ということになり、脚を検診される。すると『いや〜筋肉ガチガチになってますよぉ〜』といわれる始末。そして、疲れているところを探りながらテープ・クリームを張りまくりの塗りまくり。
すると、脚の動きが良くなったのがあからさまに分かる。これにはホント驚いた!!『これで明日はいい走りが出来ますよ!結果を教えて下さいね』と言うので
『優勝の御礼に来るから』と強気発言。が、まさか本当になるなんて思わなかった(笑)
 
アップすると意外と軽い足取りだ。気温もそれほど寒くなく、風も昨年ほど吹いていない。『こりゃ昨年のような展開か?』と期待大でスタートを待つ。
『今日は70分を切るのが最低ライン。そのために陸連登録したのだから』と肝に銘じる。来年行われる東京マラソンの選考の部の出場資格が『公認ハーフで70分以内』と設定されており、それをココでゲットしたいのだ。
10:20にスタート!!昨年(例年!?)のように飛び出す。陸橋に行く手前で1人が先行していく。ゼッケンをみると1003番。一般の部だ。『元気いいな〜』と思いながら一定の間隔でいく。最初の1`は3:06くらい。昨年とほぼ同じ。3kmあたりで1003を吸収し、そのまま先行する。『付いてくるならおいで』と、昨年と全く同じ展開だ。そして5kmは16:09で通過。あわよくば15分台通過も狙っていたので、通過手前で力が入る。そして淡々と進んでいく。
コーナーでチラッと後ろを確認すると1人が差を詰めてきている感じ。『やはりきたか』と思う。参加者リストでチェックしていたうちの1人だ。持ちタイムからすると格上の選手なので、『追いつかれても当然。焦らない・無理に追いかけない』とペースを守ることに注意しながら進む。そして10kmの表示が見える。通過は32:42。5kmラップは16:34あたりだ。う〜ん、落ちている。『落ち込みすぎなければ大丈夫。後半勝負だ』と前向き思考。後ろは一時は差を詰めてきていたが、そこからはあえて詰めてこないみたいだ。『またまた泳がされているんか?』と不安になる。昨年の覇者はエントリーしていないのは確認しているので、違う選手で同じパターンか!?でも、もう行くしかないし、これ以上ペースを落としたら70分切りが危ぶまれる。
陸橋の下りあたりからアンヨが重くなる兆候が…。『今年は大丈夫だ!!自分を信じろ!!』と言い聞かせる。そして折り返しポイント。ここで先導者に乗っている武田会長から声援を頂く。右手を上げてそれに応える。さぁ後ろとの差はいかほどか…。う〜ん!?なかなかすれ違わない。差はむしろ開いているみたいだ。やってきたのはスタート直後に飛び出した一般の1003番。正面から見て分かったが、今年の湘南マラソンの一般男子で2位の選手だ。その後にバラけながら登録男子がやってきている。HブレイクのA木くんに『A木!!頑張れ!!』と声を掛ける。A部さん・S吉くん・Hくん・Y本さん・塾長・S井くんと、次から次へとジャンジャン来る。『これは負けらんね〜ぞ!!マジで優勝しなきゃ後で何言われるか…。』とビビリながら気合い注入!!前傾しながら陸橋をいく。そして下り終えると、昨年のようなスピードが鈍ってきている感覚が一気に来た。『おいおい〜今年だけは勘弁してくれよ〜』と祈る気持ちで進む。15km地点は49:33。『参ったなぁ〜最低でも48分台では通過したかったのに…。』この間16:52。いよいよヤバくなったきたが、とにかく前へ。給水を取り、ここで始めて首を動かすくらい振り返って、後方との差を確認。……。すると、後方にも審判車がいて見えない。昨年はそこまで差がなかったので審判車がいなかったが、今年は違う。優勝安全圏内か!?問題は『徐々に石化』してきているアンヨだ。18km通過。もうかなりペースが落ちてきているのが分かる。もうしんどいのなんの。そんな状態でも19km地点あたりで給水をしているO倉さんを発見したら『何かやらなきゃ』と思い投げキッス。『ハーフのトップが来ています!左走路を空けてください!』とアナウンスされるのは爽快だが、70分切りが赤信号!!そしてラスト20`地点通過。時計を見ると…。ダメだ!!1`3分10秒くらいで行かないと70分オーバーだ。しかも、最後には陸橋がある…。
『いや、距離表示が微妙にズレているかも知れない!!諦めるなッ!!』と言い聞かし、坂を下り最後の右カーブを行く。昨年は『さらしもん』になったところをウィニング・ラン気分で行く。T川さん(だと思うのですが…)の『藤澤さ〜ん』の声援に左指で『1』を振りかざし『よっしゃ〜!!』と応えて、ゴールの電光掲示板を見ると…。ダメだ!!1:10:00をオーバーするのを確認。『マジかよ』と思うが、優勝は優勝!!両手の人差し指を高々と上げて雄叫びしながらテープを切りました☆
カミサンから『優勝のゴールはサングラスを外してきちんと表情をみせるもんだよ』と言われていたのを思い出し、今回は忘れないようにゴール2km前くらいから外していました(笑)
F井くんは10kmで3位入賞!!昨年の『カンパ〜イ☆』は今年も出来ました。
70分切りが出来なかったのはホントにアカンです。『この時期に70分も切れないようでは東京で闘う資格は無い』と思って挑んでいたので…。
ゴール後は、東京は諦めようと思っていましたが、どこかの大会で間に合えば資格ゲットにリトライしてみようかなとも思っています。
ま、それはそれとして、今は素直に優勝の余韻に酔いしれちゃいます☆by fujisawa



福井健 10km総合3位入賞!! やったねッ おめでとう!!

【横浜マラソンレポート】
自分が走り始めた3年前に、初めて出たロードレースが横浜マラソンでした。過去の結果は、
2004年10km・・・・37'30"(63位/4589人中)
2005年ハーフ・・・77'51"(59位/2536人中)
2006年10km・・・・33'21"(3位/4603人中)
でした。
 
去年はスタート直後から爆走2人組(そのまま1位2位)がいたが、今年は速そうなランナーは飛び出ず。落ち着いて走り出す。割と動く感触。…と、後ろからゼッケン5001(=申告タイムトップ)が登場。見た感じ「フッ、このペースは私にとってはジョギングですよ」と言わんばかりメチャメチャ楽そうで無駄の無いフォーム。が、前に出る様子は無いので後ろに付かせてもらった。

1km通過3'14"
予定通り。もうこの辺りから「スタートダッシュだけ」のランナーは脱落して行き、先頭集団は7人ぐらいに。すぐ前に先導の白バイがいるなんて初めての経験。

2km通過6'25"(3'11")
ちょっと上がったけど、まだまだ余裕あり。徐々に先頭集団が絞られていく。

3km通過9'45"(3'20")
途中向かい風の部分もあり、ラップが安定しない。先頭集団は縦一列の縦隊で自分含め4人。もちろん自分は一番後ろ(諏訪さんのブログを参考に)

Oguraさん撮影:まだ余裕しゃくしゃく

5km通過16'24"(6'39"/2km)
昨年同様、左折したと同時に強い向かい風が…。前3人がグイグイ進み、離されそうになる。「やばい、3位が…!」と思ったら、3位の人が徐々に近づいてきてくれた。一気に抜き去ろうと思ったが中途半端なペースアップだったのでついてこられた。

8km通過26'40"(10'16"/3km)
昨年同様、折り返しからは向かい風なのに前2人(ゼッケン5001とHBの北さん)は全くペースが変わらず。自分は急にきつくなった。昨年と同じぐらいの余裕度のはずなのに…。なんか、脚は余裕たっぷりなのに呼吸が追いつかない感覚。2人からは徐々に離されてしまい、風除けが全く無い。後ろに1人くっついていたけど、「この人に引っ張ってもらって楽してラスト勝つのは男じゃないな」と思い、風を気にせず走ることに。

Oguraさん撮影:あっという間に余裕ゼロ

9km通過30'07"(3'27")
33分切りが絶望的に。感覚的には河原駅伝と同じぐらい失速しているが、後ろはそれでも離れていってくれた。昨年経験した様に3位と4位は雲泥の差なので後ろを確認したいが、それは自分が余裕が無いことをアピールしていることになるので怖くて振り向けなかった。追う方が絶対気分的には楽ですから。

10kmゴール33'27"(3'20")
近づいてきたらスパートの準備をしなくてはいけないため、最後の橋を下るところで後ろを確認。少し離れていたが気を抜いたらやられるので必死にダッシュした。それでもこんなラップか…。

で、3位でゴール。去年と同じ順位だけど、後半失速するわタイムは去年より悪いわで納得がいかない…。ちなみに、3位争いをしていた方と話したら、なんと偶然なことに去年も4位だったらしい!「去年は最後のダッシュで美味しい所をもらっちゃってすみません」と謝っておきました(笑)4位以降の方も向かい風には軒並み苦しんだ模様で、10kmの部の入賞ラインは昨年より1分も落ちていた。まぁ、メンバーが異なるからなんとも言えませんが。

表彰式は去年と同じ格好で、同じ位置に立ちました。けれど、賞品はちょっと違いました。ランニングバックパックとネックウォーマー♪パンフレットを見たら2つで1万円ぐらいなので元は取れました(笑)…でも、2位まではシューズを貰えたのでやっぱり悔しいです。

ハーフ登録の部は見事藤澤さんが独走で優勝!タイムは残念でしたが、ホント凄いです。また、阿部さんも10位入賞。ハーフ一般の部は別に表彰してくれたので、日置と山本さんも見事8位と10位に入賞!おめでとうございます☆


表彰式の後は約束通りビールで乾杯!
毎年こうやって二人で入賞して乾杯したいですね(入賞できなければ当然お預け)。そしていつかは二人で優…なんてことを言う前に、こんなダメダメタイムではだめですね。もっと美味しくビールを飲めるように修行します。

でも、レース前やレース中、表彰式でたくさんの方々に応援してもらったり、声を掛けていただいたりしてとても嬉しかったです。レース中は余裕ゼロで全く反応できませんでしたが、ちゃんと聞こえていました。藤澤さんみたいに余裕で手を振るぐらいにならないとなぁ。こちらも修行しなくては。
 



阿部拓也 登録男子ハーフ10位入賞!! おめでとう!!

目標は、2年前同じ横浜マラソンで出した自己ベスト1時間13分31秒の更新(当時は未公認)。ただし、その時に比べ今年は10月の走り込みが出来ていないので、どういう状態か占う意味もあり出場しました。
スタート後すぐに10位の位置につけ、「これは何が何でも入賞するぞ!」と気持ちを新たにし、周囲と順位を気にしながらのレース展開。
折り返して少ししたら11位に下がってしまい、そこから後半は前を行く2人を必死に追うがなかなか差が縮まらない。
15q〜20qは、ペースを上げているつもりなのに逆に18分45秒とフルマラソンペースになっていました。最後の下り坂で必死に詰めようとしましたが、ラスト曲がってからゴールまでの直線が想像以上に長くて気持ちが折れてしまいました。
なんとか後ろには抜かれず11位でフィニッシュ。
「あ〜あ、入賞まであと一歩だったか・・・」と思っていたら、首から「登録の部10位」の札をぶら下げられました。なんと、上位に1人一般の部の選手がいたのですね!
タイムは1時間15分25秒と冴えませんが、これから走り込んで福岡、そして別大でフルの記録更新を狙います。
藤澤さん、メジャーレースでの優勝、スゴイ!おめでとうございます!
レース後の打上げ、田中一さん94歳誕生祝いの会も、ありがとうございました。
あと4年半後には私もOB駅伝に出られるので、その時に田中一さんと一緒のチームで出場したいです。


山本敦 一般男子ハーフ10位入賞!! おめでとう!!

お疲れ様でした。
実に小学生以来の表彰台に上がりました。
最後Y田さんとH置く んとOさんをまとめてゴボウ抜き出来ればもっと爽快だったのですが、そうは問屋 が卸しませんね。
これから上海とホノルルと海外転戦したのち、青梅、敗者復活 の東京、湘南とビッグな大会が目白押しです。抜かりなく常にベストタイムが出 るよう頑張っちゃいます。



横浜マラソン歓走記/山本幸一

横中の皆さんが一同に会しての地元の大会として、今年も40余名の皆さんが参加されての腕試しならず脚試しでしたね。
今年からは、陸連公認コースとなって一層大会のイメージアップがなり、例年より参加メンバーにも変化?があったのでしょうか。
いつものとおり我が走友会のホープ藤澤さんのスタートダッシュから始まり、ハーフも10Kmもブルユニが圧倒的な強さを発揮してくれました。
自分の10Kmでは、久し振りに家内の応援を得て頑張ったつもりですが、その応援がどこにいるやら結局ゴールまでその姿は見えず、最後の山下橋のカーブで我が横中のノボリを発見してラストスパートした甲斐もあり、何とか目標タイムに近い結果を得て、今シーズンの最初のレースに満足感得たり。
東京に戻った息子も、久しぶりに一緒に走って重いがけぬ入賞メダルをゲットして、満足。
これは、あと1kmでの家内の応援の成果があったのか?
横中の皆さんに刺激をいただき秋の家族参加のレースは、歓びの走りでした。



4度目の正直/万名洋一

4年振りに横浜マラソンを走りました。
2004〜2006年まではエントリーしたが、3年前怪我、2年前腸炎、去年は肺炎でス タートラインにたつことさえ出来なかった。
横浜マラソンは久しぶりのロードレースでした。湘南国際マラソン後、自己管理 の行いが悪く、3月下旬〜6月中旬まで気管支炎にかかり、7月には両足首捻挫、右 足首靭帯断裂する怪我をしてしまい、2ヶ月間苦しいリハビリをした。
横浜マラソンに復活かけようと思った。レース当日、体調はまずまずだが、2週間 前にライブイベントで脇腹打撲してしまい、体調は万全ではなかった。 最初1キロを3分34秒通過してたが、今のスタミナからすると少しペースが速かっ た。序盤はイーブンペースで走るつもりだったので、あと9キロもつか心配してし まった。2〜3キロ位で前を走っていた智也さん追いつき、後方について走ってい たが、ついていくでやっとでした。
折り返し手前で福井君がトップ集団にくらいついて走っているのを見て、自分も 頑張らないと。 5キロを18分40秒通過し、後半はペースアップできるはずだったが、7キロ過ぎで 完全足が止まってしまった。
横浜頑張れ!横中頑張れ!の声援も虚しく38分8秒でゴールした。後半はかなり失 速したが、久しぶりに横浜マラソンを走れた事と怪我から復活出来たが一番嬉し かった。
最後に藤澤さん念願の初優勝おめでとうございます。
智也さんお子さん誕生おめでとうございます。




仲間の応援の中で仲間と走れてハッピー/吉田精作


【結果】 1時間18分10秒(NET:1時間18分08秒)

【ラップ】  5km:    17分54秒 10km:    36分14秒(18分20秒) 15km: 55分04秒(18分50秒) 20km:1時間14分11秒(19分07秒) ゴール:1時間18分10秒( 3分59秒)

【所感】 今年のハーフの目標は、公認レースで札幌国際ハーフの資格タイム1時間18分 以内を クリアすることです。今回は、1時間17分前後を目標タイムにしましたが、後 半の失 速が大きくて、1時間18分を越えてしまいました。 一応、セカンドベスト(自己ベスト:1時間18分04秒)なのですが、内容が悪 かった のでいまひとつの結果だと思っています。 最初の5kmが突っ込みすぎで、その後おおきくペースダウンしてしまいました 。 ただ、ラスト3kmあたりでもまだ、18分カットの可能性が残っていたので、 最後ま であきらめずに走りきれたことが唯一の収穫でした。 個人の結果には不満が残りましたが、今回は大勢の仲間と走れて楽しいレースで した。
序盤はタカシ君が50mほど先行し、小沢さんと私がほぼ併走する形でした。 10km過ぎたあたりでタカシ君に追いつき、積極的に前に出ましたが、立体交差の 登りで 失速し、少し遅れてしまいました。 折り返し手前で先頭を独走する藤澤さんにすれ違った時は、うれしくて投げキス をしま した。 その少しあとには、阿部さん、末吉くんもいました。 集団からは遅れましたが、大きくスローダウンすることはなくなんとか粘って終 盤へ。 ラスト2km地点の給水所は走友会のメンバーがボランティアをされていて、こ こで激 励を受けて気持ちを切り替えてラストステージに入ります。 ここからがんばれば、まだ1時間18分カットの可能性もあったので、足を前に 進めま した。 ラスト1kmのところで先行していたタカシ君に再び追いつき橋の上で追い抜い たので すが、ラストの直線のところでスパートされてついていけずに少し離されてゴー ル。そ の少し前には小沢さんの後姿が見えていました。私がゴールしたすぐあとには、 山本敦 くんもゴール。 大勢の仲間に応援される中を走り、ともに練習で汗を流した仲間達と走るレース は、や はり楽しいです。自分の結果は出なかったけど、藤澤さんの優勝をはじめ、大勢 の仲間 が入賞を果たしたことで、ものすごくハッピーな日でした。




応援を貰うにはブルユニが一番!!/永瀬菜穂子


今年の10kmは短く感じました。
それほど前に並ばず、スタートから終始抑えたペースで走ったからでしょう。
苦しいと速くはいけても長く感じるのと反対です。
また、後半上げることができたのも初めてでした。
今回のように客観的に全体を見て組み立てられるよう、これからも練習を積んでいきたいです

ランシャツは苦手ですが、応援を貰うにはブルユニが一番。
今回も力になる言葉をたくさんかけていただきありがとうございました。

翌日94歳になる田中一さんにも来ていただき、嬉しかったです。



最後までしっかり走ることが出来ました!!/猿楽幸治

11/11(日)、今年も横浜マラソン(ハーフ)走ってきました。
いつもの様に、山下公園内横中ベースに到着。雨が降るのか、降らないのか、はっきりしない天気。で も、暑 いレースは苦手なのでとりあえずはOK。時間が経つにつれ、続々と仲間が集合、 さすが に地元のレースとあって、ブルーシートが見る見る間に埋まっていった。皆さん 、走る 気満々といった様子でブルユニにお着替え、あとはスタートを待つのみ。
今年は 、登録選手なので、先頭に近い位置からのスタート、ラッキー。生N田市長も観れたので 満足、 土曜は土曜で朝のTVにコメンテーターで出演していた・・・忙しい人だ。
号砲一発、時間差ほとんど無く、スタートライン通過。アクシデント無く、21kの 旅が始 まった。10k弱まで、同年代のヒコさん、若旦那さんの3人で仲良くラン。その後 徐々に 離れてしまい、10k過ぎから単独ラン。例年に比べて風を強く感じた、なかなか前 に進 まない・・・おまけに日差しまで出てきた。ああーこの分じゃ今日もベスト出そ うも ないなーと気持ちがやや切れそうになったその時、タイム計測カーが坂の上から 現れ た。先頭がきたぞー!今年は誰かな、藤澤さんこないかなーと思ってしばらく待 つ、白 バイも見えた、その直後!見慣れた青いランパン・ランシャツが!出たっー藤澤 さん だーすげー凄すぎる!後方を見ても 2位のランナーはいない、独走。更にこちら を見 て手を振ってるー何という余裕、いかん泣きそう、何か凄ーく嬉しくなって思い 切り手 を振り返した。このままではいかん!それまで、やる気薄れモードだった私は一 転奮 起!ゴールを目指しペースアップ。途中、すれ違うブルユニメンバーにもパワー を分 けて頂き・・・感謝です。
ゴール手前では、一際大きな応援まで頂き、フィニッ シュ。 パーソナルベストまでは届きませんでしたが、最後までしっかり走ることが出来 まし た。
藤澤さんのぶっちぎりの優勝、大変おめでとうございます。同じレースに、とも に走る ことができて大変光栄に思います。入賞された方々もおめでとうございます。そ し て、応援して頂いた方々、いつもの事ですが、本当にありがとうございました。 いろん な意味で大変満足のいくレースになりました。
打ち上げは、中華街でお腹一杯、 飲んで 食べて楽しみました。次なるレースは、初参加のつくばフルになりますが、本レ ース同 様、最後の最後まで諦めずに走りたいです。



リラックスして楽しく走れた!!/扇蓉子

今回は昨年に続き2回目の挑戦です。
前回はマラソンを初めて1ケ月目の初参加 で、10キロ完走できるのか、関門通過はできるのか不安一杯のスタートでした 。 今回も10キロでしたが、少し余裕があったのか軽くアップした後公園内を散策 しているうちに、スタートの整列が始まっていて慌て列の後ろに着いたのですが 、見知った顔もなく心細いスタートになってしまいました。
5キロ手前で、今度は時計がピーピー鳴りだしてしまったんです。またまた慌て 操作している内にタイムも消えてしまいました。そこからはマイペースで、私と スピードが同じ位の人の背中を見て走りました。給水を取り、後1キロ地点の沿 道から走友会の声援が耳に入り、そこから慌て加速したのですが、間に合わず目 標にしていた55分は切れませんでした。
全体としてリラックスして楽しく走れ ました。〓これからは少しづつ距離を延ばして楽しみたいと思います。
これからのレース予定は、12月9日のはだの水無川マラソンでハーフに初挑戦 します。完走できるか心配です。1月以降はただ今検討中です。 




高いモチベで納得のいく走り!!/金井慎一郎


9月から横浜中央走友会に参加させて頂くようになり、これまでの「走」環境 をがらりと変える事が出来ました。一言で言うと、会に参加させて頂き、皆さ んからいろいろな形で受ける刺激で、走る事へのモチベーションが非常に 強くなったという事でしょうか。
今回、横浜マラソンに際しても、そうした高いモチベーションを持って参加す る事が出来ました。記録としては、キロ5分15秒ペースで約1時間50分という 結果ではありましたが、昨年の1時間55分から5分短縮出来、それ以上に自 分なりにペース感を維持して最後まで走る事が出来た事に納得しております。
また途中、トップを激走する藤澤さんはじめ、続々とブルーのユニホーム が上位で折り返してくる姿に相当、パワーを貰いました!!
まだまだ、参加させて頂いて日も浅く、練習について行くのがやっとという状 況ですが、皆さんから受けるこうした刺激で、更に更にモチベーションが高ま っております。 次回はちょっと準備不足ですが、11/25に河口湖マラソンに参加します。
その後、運よく当選した来年の東京マラソンに向け、土練&日練を頑張り たいと思ってますので、引き続き、どうぞ宜しくお願いします。



応援の言葉が嬉しかった!!/伊藤博子


千倉に続き2度目の10キロに挑戦しました。 前回はトイレに悩まされ思うようには走れなかったので 今回は、お腹の調子に注意して望みました。 それが良かったのか…走りに集中することができました。
それから、何ヵ所にも横中メンバーの応援の方がたくさんきてくださっていて、 『伊藤さんガンバレ!』の言葉、とても嬉しかったです。
ありがとうございました。
多摩川クラブの方も応援してくださって、びっくりしました。
目標はキロ5分半ペースで 10キロを55分。 高嶋ひろえさんについて行けるとこまで行こうと必死でしたが… 3キロ地点で断念。 どんどん離れていき、姿は見えなくなりました。
タイムは、53分03秒(ネットタイム) お陰様で目達成することができました☆ 練習不足でしたが 満足のいく結果でした。 ありがとうございました♪ 





第27回横浜マラソン
藤澤弘明 ハーフ総合優勝!! やったねッ おめでとう!!
福井健 10km総合3位入賞!! やったねッ おめでとう!!
阿部拓也 登録男子ハーフ10位入賞!! おめでとう!!
日置貴士 一般男子ハーフ7位入賞!! おめでとう!!
山本敦 一般男子ハーフ10位入賞!! おめでとう!!
10km16名・ハーフ24名 横中総勢40名
氏   名 グロスタイム ネットタイム 総合順位 種目順位 個 別 種 目
永瀬 菜穂子 00:42:02 00:41:45 112/4434 13/1184 10km女子
今村 文枝 00:42:17 00:42:12 122/4434 14/1184 10km女子
高嶋 宏江 00:49:41 00:49:33 757/4434 84/1184 10km女子
伊藤 博子 00:53:12 00:53:03 1410/4434 182/1184 10km女子
扇 蓉子 00:56:44 00:55:04 2218/4434 353/1184 10km女子
福井 健 00:33:28 00:33:27 3/4434 3/3250 10km男子
吉田 智也 00:37:50 00:37:49 39/4434 37/3250 10km男子
万名 洋一 00:38:08 00:38:05 40/4434 38/3250 10km男子
森 研之 00:39:31 00:39:31 62/4434 57/3250 10km男子
山本 00:42:42 00:42:30 145/4434 128/3250 10km男子
江花 逸人 00:43:12 00:43:04 167/4434 146/3250 10km男子
山本 幸一 00:52:02 00:51:01 1164/4434 1025/3250 10km男子
坂本 浩敬 00:54:18 00:53:26 1650/4434 1426/3250 10km男子
斉藤 洋二 00:57:02 00:56:43 3095/4643 1905/3250 10km男子
市川 重春 00:57:03 00:57:01 2278/4434 1908/3250 10km男子
泉 一則 01:02:37 01:00:22 3513/4434 2721/3250 10km男子
伴 英子 01:54:27 01:54:16 2282/2791 167/260 一般女子ハーフ
藤澤 広明 01:10:20 01:10:17 1/2791 1/264 登録男子ハーフ
阿部 拓也 01:15:25 01:15:22 11/2791 10/264 登録男子ハーフ
末吉 秀太郎 01:15:31 01:15:28 13/2791 12/264 登録男子ハーフ
小沢 和彦 01:17:59 01:17:57 38/2791 32/264 登録男子ハーフ
日置 貴士 01:18:04 01:18:03 40/2791 7/2236 一般男子ハーフ
吉田 精作 01:18:10 01:18:08 41/2791 34/264 登録男子ハーフ
酒井 和英 01:20:06 01:20:06 61/2791 48/264 登録男子ハーフ
細江 昌史 01:21:52 01:21:51 83/2791 59/264 登録男子ハーフ
雨宮 俊祐 01:24:24 01:24:22 137/2791 53/2236 一般男子ハーフ
清水 和彦 01:24:56 01:24:53 152/2791 88/264 登録男子ハーフ
猿楽 幸治 01:26:58 01:26:55 195/2791 101/264 一般男子ハーフ
村上 一弘 01:27:59 01:27:44 221/2791 107/2236 一般男子ハーフ
二宮 誠堂 01:31:14 01:31:03 348/2791 142/264 登録男子ハーフ
茂垣 宏 01:31:32 01:31:25 362/2791 207/2236 一般男子ハーフ
長島 孝 01:34:33 01:34:30 502/2791 175/264 登録男子ハーフ
片岡 勇一 01:35:08 01:33:35 538/2791 349/2236 一般男子ハーフ
粂 正夫 01:35:51 01:35:47 573/2791 182/264 登録男子ハーフ
南 雅輝 01:36:38 01:35:39 630/2791 421/2236 一般男子ハーフ
佐藤 完治 01:37:04 01:36:52 662/2791 449/2236 一般男子ハーフ
榎本 猛 01:37:39 01:37:01 694/2791 481/2236 一般男子ハーフ
後藤 哲夫 01:42:27 01:42:27 1117/2791 840/2236 一般男子ハーフ
岡 順二 01:45:37 01:45:09 1429/2791 1112/2236 一般男子ハーフ



2006/11/12
=10km18名・ハーフ24名 横中総勢42名参加=
第26回横浜マラソン

藤澤弘明 ハーフ準優勝!! おめでとう!!
福井健 10km総合3位入賞!! おめでとう!!


地元開催横浜マラソンでブルユニ旋風大暴れ!!

勢い加速10km総合3位入賞・自己新達成!!
                          
横浜中央走友会/福井健

今年で横浜マラソンは3年連続出場。一昨年は10km37'30"、去年はハーフ77'50"。
去年の10kmの入賞タイムと今の自分の力から、今回は10位入賞が目標でした。

スタート「スタート10秒前…5秒前…」…カチッ。「…あれっ?」ピストルが鳴らない。一瞬戸惑ったが、横で誰かが「いけーっ!!」と叫ぶ。そうだ、こういうときはスタートしてもいいんだ。「今年の出雲駅伝かよ!」と心の中で突っ込みを入れつつスタート。自分が動き出した時にウォッチを押したので約3秒のロス。

1km地点(ラップ3'15")少し抑え目にスタートしたので余裕もあり、非常にいい感じ。このまま流れに乗って少しずつ前を詰めていこうと思った。

2km地点(ラップ3'15")追い風だったのかな?まだスピードが落ちない。でも飛ばしすぎという感覚は無く、まだまだ楽に走れる。先頭は一人かっ飛んで行き、その後ぽつんぽつんといて、その後ろに10人前後の集団、更に後ろにぽつんぽつんといる中に自分はいた。とりあえず早く前の集団に追いついて、連れて行ってもらいたかった。そして、3km少し手前で集団に追いついた。

3km地点(ラップ3'20")このまま最後まで3'20"/kmをキープできれば33'10"だなーとか考える余裕があった。

4km地点(ラップ3'20")ラップを見て、ようやくペースが落ち着いたなと少しほっとしたが、4km過ぎて左に大きく曲がると強い向かい風が!集団の一番後ろにいたので上手く前の人を使って風を避けようとしていたが、なんか…ペース落ちた??

5km地点16'38"(ラップ3'28")予感的中。明らかにペースが落ちている。@まだ楽。Aこの集団にいたらペースが上がらない。B5km過ぎたら折り返して向かい風は追い風になる。と3秒で考え、集団から単独で抜け出し、そのまま折り返す。折り返した後は色んな人に気づく余裕があった。気づいたのは日置君、永瀬さん、今村さん、田中さんってとこかな。

6km地点(ラップ3'16")急にきつくなったが、ラップを見て納得。「後ろから誰も来ないなぁ〜」と思ってたら一人に抜かれた。遅れないように頑張って着いていく。7kmが近づきチラッと後ろを見ると、すぐ後ろに3人もいるじゃん!気を抜いたら一気にやられると思い、気合を入れなおす。

7km地点(ラップ3'23")さすがに向かい風をもろに浴びてきつくなってきた。後ろからもう一人に抜かれる。向かい風が強いので前の人が更に前の人の後ろにぴったりくっついたのを見て、頑張って追いつき自分も真似してくっつかせてもらい、3人縦列完成。先頭の人が嫌がって横に逃げても3人縦列は崩れない。まるでドラクエのパーティー!(笑)

8km地点(ラップ3'39")
ここからは8km地点じゃなくてあと3kmという表示だった。あれっ?押し間違えた?距離表示ミス?と一瞬思ったが、そんなことよりも順位!と思い頑張る。9km付近に粂さんが見えた。

9km地点(ラップ3'14")あと1km!もう時計を見る余裕が無い。後ろから余裕があった人達がペースアップしてきて、あっという間に3人から5人の集団に。自分は5人の中で一番後ろ。どうも一番自分が余裕なさそうな気がする。が、ラスト勝負ならもしかしたらと思っていた。最後の陸橋を下るところ…ここらでペース上げてくるかなと思ってたら、なんと全員がペースアップ!これは先手必勝!とばかりに残り400m位の所から猛ダッシュして前の4人全員抜き、カーブを曲がる。さすがに仕掛けが早過ぎたか、ちょっと失速しかけて誰かに横に並ばれる。観客から「おっ!?ここで抜くか?(抜かれるのは自分)」なんて声が聞こえた。「負けるかぁ!」と思い再スパート!ラスト20mぐらいで振り切り、何とかゴール!

10kmゴール33'20"(ラップ3'10")折り返し近くまで集団だった事もあり、自分が何位なのか全く分からなかった。ゴールしてかけてもらった紙を見ると…「えぇっ?3位!?やったー♪」予想外だった。歩いてると清さんに「おめでとう」と話しかけられた。8位だったらしい。清さんにも勝ってたのかぁ。

12:00から表彰式。こんなでっかい大会の表彰式なんて初めてだから緊張しちゃいました。賞品なんて全く期待してませんでしたが、入賞で資生堂から賞品、3位で銅メダル、3位の副賞でランニングバッグ!参加費が倍になって返ってきました。ランニングバッグは今一番欲しかったからすごく嬉しかったです。
ちなみに、資生堂から貰った紙包みを開けてみると、美容水・乳液・化粧水の3点セット(新発売で平井堅がCMやってました)と育毛剤(アデノゲン)…どっちもいらないので両親にプレゼントしました(笑)




ハーフ準優勝!! 来年は 勿☆論 狙います!!!
                         
横浜中央走友会/藤澤広明
◆第26回横浜マラソン大会レポ◆ 
 
10月のオクトーバーランでの走り込みの成果を期待するレース第一弾!
体重も今までで最高と言ってもイイくらいバッチリ仕上げられ、期待大。
当日は木枯らし一番が吹き荒れ、強風がレース展開を左右しそうだ。
10:20に号砲!ゼッケン@の三浦市役所のF選手をチラッと確認しつつ、白バイの後ろの『指定席』に座る(笑)
1`通過は3:10あたり。昨年よりチョイ遅い。が、後ろが来ない。『おいおいスタートから牽制かよ!』と困惑する。
3`地点で横目で確認。更に開いている!『俺は俺のリズムで行きますよ〜。来るならおいで☆』と脚運びを固定。
5`は16:11で通過。昨年より7秒くらい遅いラップなのに後ろは見えない!全く無反応。『よし!もうこうなったら優勝しかないな。何としても逃げちゃる!』
大きな大会で、こんなチャンス滅多に無い。思っていたレース展開と全く違うが、この気を逃すのは勿体ない。
足取りは軽くタッタッタと一定のリズムを刻んでいく。先導の白バイの1台はオナゴで、何やらアドバイスを受けながら走っている。
10kmのポイントが近付く。『ガンバレ〜』の声援に『後ろはヤル気無いみたいだなぁ』と応えると大ウケ(≧∇≦ )人( ≧∇≦)
10`は32:29で通過。きつくもなく淡々と進むが、風が気になりだしてきた。今思えばコレが失速の兆候だったのかも…。
陸橋でやや脚が重い感覚。そして産業道路の折り返しが近付く。昨年と同じ場所で会社の人の声援を頂く。
『フジィ〜☆』(会社ではこう呼ばれています)の声に『今年はトップだぜ!優勝すっから!』と応えると『おぉぉぉぉぉ(゜ロ゜屮)』と、周りの観客の反応。
『う〜む、チトやり過ぎたか?』後続との差を確認。ゲゲッ!ゼッケン@が差を詰めてきている。
こりゃアカン!と思い『ペースアップいくぞ!スイッチON!(カチッ)………。あらッ!?もっかい(カチッ)……。は・い・ら・な・い…。』
やばーい( ゜Д゜)折り返しの2回目の陸橋で更に差が詰まっているのが分かる。ここにも会社の知り合いが応援に来てくれていて『後ろが来てるぞ!』と教えてくれる。
『ひぃぃぃぃ〜』と応えて懸命に陸橋を駆け上がるが、脚はかなりヘバってきている。
『頼むで〜俺のアンヨ!』下りでガーッとペースを上げるイメージで行くがホントにイメージだけ。すれ違うメンバーから声援を頂くが、ちゃんと挨拶する余裕がない(ゴメンナサイ)
そして17km地点でついに捕らえられる。追っかけてきているから脚は使っているハズ。が、明らかに余裕がある。そして、決して前に出ない。自分としても前に出したらリズムが取りにくいので
そのままゼッケンA、@の順番で行く。にしてもあれだけ差があったのに詰めてくるとは…。『タクシーに乗ってきたでしょ!?』と聞きたくなるくらい(笑)
もう脚はガッチガチ。ラスト1kmで藤澤家を発見!『パパ〜♪負けるなぁ〜☆』という声援に歪んだ顔で反応出来ず。
『ごめん。もう結果は出ちゃってるんだ…。』と弱気ではないが、展開的に無理っぽい。1kmを切ったが、まだ仕掛けてこない。ゼッケン@は2年前に優勝した選手で、カミさん情報で『ゴール前でダッシュして勝った』と聞いていた。コチラはもう行くしかないし、時計の方が気になって仕方ない。『頼むから70分台だけは勘弁してくれ』の気持が強まる。そして、最後の陸橋。もう残されたのはココしかない。が、自分の脚がもう残されていなかった…。観客のひしめく一番の見せ所で『その時』は来た。一気にダッシュされ全く反応出来ず。見事に『さらしもん』にされてしまった…。
高々と突き上げた人差し指を見せ付けられ、恥辱に塗れてのゴール。唯一の救いは1:09:50と、何とか70分台にはならなかった事だ。
両手で『ボンッ!』と勝者の肩を叩き『優勝おめでとう!』と称えてその場を去る。
『何やってんの俺…。失速って何!?』ゴールして暫らく放心状態になってしまいました。今回は密かに67分台を狙っていただけに、メンタル的にかなりダウンしちゃいました…。
が、5分後に『復旧☆』10kmで福井くんが見事3位入賞☆コレを聞いて嬉しくなり『2人とも入賞したら乾杯しようぜ』と用意しておいたコロナ・ビールで『カンパ〜イ☆』
悔しさは吹っ飛びました。
横浜マラソンは一昨年5位・昨年4位そして今年2位ときているので、もう残されてるのは1位しかないので来年はやりますよ〜(^∇^)



リタイア残念!! 来年こそみんなと走るぞ!!
                         
横浜中央走友会/益田誉治

今日、横浜マラソン大会を始め他の大会に出場された方々お疲れ様でした(^_^) 
自分は、横浜マラソン大会ハーフで出場したのですが1週間前から続く足の故障で練習レース直前までほぼ練習できず大会を向かえてしまいました 
始めの6km近くまで何とか順調だったのですが その後、足の痛みが再発してしまい「完走を目指してゆっくと走ろう〜」自分言い聞かせコース折り返し地点16km付近、折り返しで爽快にトップで走って来る藤澤さんの走りに感動し さらに、小沢さん 自分の方を向いて「頑張れ〜」の声胸が熱くなりました(:_;) その後、走友会のメンバーが続いて自分からも「ファイト・頑張れ!!」と声援を送ったら答えてくれて嬉しいかったです 
結局、16km地点タイムアウトのためレースを中断されてしまい苦やしかったです(;_; 
大会後、田中一さんの誕生日祝いを始めアフターに参加させていただき楽しく充実した時間を過ごすができ「横浜中央走友会」に入って本当に良かったと思います
 ブルーのユニホームを着て初の「横浜マラソン大会ハーフ」で完走はできなっかですが、足の故障を治して皆さんと一緒に今後も走りたいので宜しくお願いします 



30分CUTは次走で!! ブルユニデビュー戦!!
                           
横浜中央走友会/岩瀬佳行


横浜マラソンに出場した皆さんお疲れ様でした!
今回は7ヶ月ぶりのレースで2回目のハーフでした。
ちょっと緊張気味で迎えたスタートの後も、10Kmくらいまでは
調子よく走ることができて「風はあるけどいい感じだな」と
緊張もほぐれてきました。
折り返し付近ではブルユニの力強い走りのランナー達と手を
上げてすれ違い、ちょっと感動!(ブルユニで走ってて良かった!)
15Km過ぎてから段々と足が動かなくなり、風の追い討ちもありましたが
何とかゴールすると、何と前回よりも7分くらい速い自己ペスト!
途中あきらめかけたところもあったけど、走り続けてて良かった!
もう1つの目標に届かなかったのは残念ですが、これが自分の実力。
次回も頑張ります! 



ブルユニ・デビュー効果バッチリ!!
                             
横浜中央走友会/長島孝



9月の木島平クロカン100km以後2ヶ月走りをサボり4kg増量、とにかく1:30切りを目指しました。
しかし、いざスタートしてみるとブルユニ・デビュー効果か?体が軽く、押さえて入るつもりが、どんどん行ってしまいました。

最後はドタバタでしたが何とか完走でき、これを機にシーズンインしたいと思います。

声援有り難うございました。



3年ぶりのレース参加で楽しく走れた!!
                            横浜中央走友会/鈴木健児


横浜マラソンに出るつもりはなかったのです
が、せっかく申し込んでいたので練習のつもりで出てみました。
途中まではイーブンペースで走れてましたが、17km過ぎたあたりから足が動かなくなってきて1kmが長く感じました。
なんとかゴール出来ましたが最後はもうドタドタ走りでペースが崩れました。
横浜マラソンは雰囲気が良くて、レースは3年ぶりでしたがとても楽しく走れました。
これから川崎駅伝に向けてしっかり練習していきたいと思います。 



智也さんと最後はデッドヒートしたかった・・・

                         横浜中央走友会/青木昌弘
                     

強風の一日。自分の体調、去年の気象状況と比較して昨年の記録を上回るのは厳しいかな〜と思っていました。
スタートはあまり無理せずにリズムだけを保つような感じで回りの上げ下げにはのらないように気をつけました。5キロ通過は17分53秒。徐々に同じ走力の人たちが集団となってここもあせらず。10キロも35分49秒とほぼイーブンでした。本牧の折り返しでは先頭で来た藤澤さんに手を振って挨拶。自分は折り返しで15番手グループ。体感的にはリズムは変わっていない。13キロ手前で仕掛けた人がでたがここもあまり反応しないようにじっくり追うこととしました。
しかしこれが後から考えたらまずかったようです。15キロのラップは18分16秒とここもほぼイーブン。さあというときに左に曲がってから向かい風がさらにきつい・・・。前は集団、自分は孤立・・・。なかなかペースをあげても追いつかない・・・。

そのうち体力を消耗しつつ17キロ付近で後ろから息づかいが聞こえてきました。智也さんともう一人。結構折り返しでは離していたのに、ここまで追いつかれるなんてとしばらくびっくりしましたが、自分の相当ペースが落ちてることを再認識し、ギアチェンジ(したつもり)。ここでせっかく集団になったのでこのまま智也さんと最後まで競り合いたいと思ってがんばりましたが引き離され、最後は30秒差つけられました。理想としては二人でデットヒートしながらゴールになだれ込み、二人めでたく17分切りがよかったんですが・・・。まだまだです。智也さんはつくば期待ですね☆
75〜76分が見えてただけに課題はありますが、気象条件は昨年より明らかに悪い状況で、昨年のタイムを1分以上短縮できたことは収穫です
まずは体調治したいと思います。



この調子でつくばマラソンもいければ!!
                          横浜中央走友会/南雅輝

ウォーミングアップも済んで、アミノバリューも飲んで、準備よし。スタートラインに立つ前にお手洗いに行くかと思いきや、あまりの大混雑ぶりに途中まで並んだものの諦めました(笑い話で済んだものの、一時はどうなるかと思った・・)。
スタートすると、去年とは違って今年はかなりの向かい風。初めのうちは、本牧までの折り返しを過ぎれば楽になるかな?と思っていました。
ところが、折り返し過ぎても向かい風はもっと強くなるばかり。抜かれることも多くなり、あまりのことに泣きそうになりました。それでも、90分はクリアしたかったので気持ちは切れなかったです。最後の3キロは、時計をみて「どうかな?」と自問自答しながら、そばを行くチーム・アミノバリューを追いかけている、という感じでした。
ゴールして時計を見た時は、本当にホッとしました。総じてイーブンなペースを維持できたので、この調子でつくばも行ければ、と思います。
最後に、アフターは急な参加にもかかわらず、ありがとうございました。




打ち上げのビール旨かったぁ~!!
                          横浜中央走友会/山本卓


’06 横浜マラソン


例年、見事に色付いている山下公園の銀杏並木も今年はまだ真っ青、何か忘れ物をしたような今年の横浜マラソンでした。今年は夏以降すっかり土、日ランナーになってしまったわが身にはシーズン最初の本格的なレースであった。休養だけはたっぷりの体調でどんな走りができるのか生体実験みたいな興味があった。 キロ5分で走りきることを目標にしたのでスタート直後は慎重に・・・と思いつつ、つい周りのペースに載せられて24’42”で最初の5k通過。まずは順調な滑り出し。 意外に体は軽いが練習不足が心配でこのペースを維持するのに不安が募る。 乗りかけた船、行くところまで行こう といつもの卓流の目標放棄。 
何故か気持ちよく走れて23’58”で次の5キロを走った。 あれっ 今日は調子がいいのかな? とわが身に半信半疑の呑気なもの。 前半10キロ48’40”は想定外、そうか 今日は調子がいいんだ! と自画自賛して後半戦。 向かい風が強い、前のランナーを風除けに・・・と思ったけどあまり効果のないことが判った。 10〜15Kは24’52”, まだk5内。
あまり疲れを感じない、ひょっとしたら本当にK5で走りきれるかも知れないぞ? と思った途端最後の5kは強烈な向かい風、一瞬春の荒川を思い出した。あれはすごかった〜!
流石にこの風にブレーキをかけられて15〜20Kは26’36”に落ちた。 後半10k 51’28”結局、20kが1時間40分10秒、ぴったりのキロ5分。 ゴールタイム1時間45分55秒(net).終わってみたら会心のレースだったが、十分な練習に裏打ちされてのランならもっと満足度の高いものだっただろうと日ごろの怠慢を深く反省するのみ。
70歳、71歳のときは年代別1位だったが去年はメダルが送られてこなかった。今年もゴール後、一見してそれらしい年恰好の方が先着していたので今年も負けたかな〜?
まあ、着順よりも今の年齢でハーフをキロ5分で走れたことを喜ぶべきかな〜。

打ち上げのビールは美味かった。 一さんのBirthday にあやかって後20年頑張ろう!


僕も表彰台にいつかは登りたい!!
                          横浜中央走友会/日置貴士

横浜マラソンを走りました。
結果はいつもながら悔いの残る結果となってしまいました。
でも多くの方から応援されて嬉しかったです。
そして表彰式ではヤンキー君や藤澤走さんが表彰されている姿を見て、とても2人が羨ましかったです。
そして2人がいつも以上にカッコよかったです。
自分もいつになるかわかりませんが表彰台に登りたいと思いました。
そのためには何が必要か?を考えてみて、自分なりに工夫してトレーニングしていこうと思う。
とりあえず次は横須賀シーサイド1:17'00切り出来るように努力します。



坐骨神経痛改め挫折神経痛!? 座布団一枚!!
                          
横浜中央走友会/細江昌史


前回の手賀沼ハーフで復活の手応えを感じ、今回は完全復活を狙ってスタートしました。
ところが、小沢さんや智也君の背中を追って5キロまではなんとか走れましたが、その後は私一人脱落してしまい、失速&失足状態で残りの15キロ以上を何とかゴールする、と情けないレースになりました。
今年4月の長野マラソンで、坐骨神経痛を再発させてしまい、未だ思うような走りが出来ません。
やっと長いトンネルを抜けたかなと思いましたが、まだまだトンネルは続くようです。
最近は、坐骨神経痛をこじらせて、挫折神経痛に罹ったかも?知れません(笑)。

11月最終には、つくばフルに挑戦です。
ここでも満足な走りが出来ないようなら、そろそろ『アランチュ−ル』から『アカンチュ−ル』に改名しなければなりませんね(笑)。




藤澤さんの走りに元気を貰う!! 満足・納得
                          横浜中央走友会/小沢和彦


走る前は78分を目標と言っていたけど、練習量をあまり落としてなかったので
疲れもあり、内心記録は狙えないと思っていました。
最初の1キロは3分23秒で、トップを走る藤澤走さんの背中が遠くに見えていました。
しかし、気持ち良く走れたのもそこまででした。その後は青木さんに置いていかれ、智也さんにもまったく付いけませんでした。5キロが18分30で10キロは36分56秒で苦しいながらも何とか我慢のレース展開でした。折り返し地点で藤澤走さんの走りで元気をもらい、そこからゴールまで10人位抜く粘りの走りが出来た事は予想外でした。
最後の直線は全力を出し切れ満足のレースが出来ました。 



HappyBirthdayHajimecan
〔祝〕93才
田中一さんおめでとう


地元開催横浜マラソンのレース後のフローも、表彰関係班・ベース撤収班・中華街繰出し班、そして、恵びす湯経由のアフター班等などそれぞれほぼ定着気味です。

横浜マラソンのアフターはもう恒例になった田中一さん93才のHappyBirthdayPartyがメインです。
もう3年目となった石川町・洋食屋さん「美松」の2階は今年も横浜中央走友会の貸切、カンパーイの音頭は卓さんからの提案で歳若選抜の南クンが担当でした。

さてさて、横浜マラソンアフター第@幕HappyBirthdayPartyです。 出席者全員からこの日93才を迎える田中一さんに一言コメント。 両脇に座った62才茂垣さんと73才の卓さん、一さんからみれば洟垂れ小僧と若僧です。 笑顔の一さんが最後に〆てポ〜ンポ〜ンとクラッカーの破裂音の中で花束贈呈で大盛り上がり。

第A幕は、横浜マラソンの祝勝会。
10km総合3位入賞の福井クンとハーフ準優勝の藤澤さんの快挙を含め各人がレースコメントを披露しました。
ゴール直前で抜き返され準優勝になった藤澤さんがその悔しさと次走リベンジの決意に・・・・一同ウーンヤッタレ!!
加藤秀さんと永瀬さんのバトル戦や益田クンの悔しいリタイアと宇多さんのワンカップリタイアなどこちらも大盛り上がりでした。

最終第B幕は10月終わりに急逝した沢田さんを偲ぶ会。 
「力み」のない話し方・接し方・走り方、そして、生き方の素敵な人でした。 思い出話が明るく楽しさが大きいぶん亡くした悲しみも大きいですねぇ。
横浜マラソンのゴール前1kmにいつもいて声援を送ってくれていた沢田さんの姿は今年からもう見られませんでした。

美松の美味しいハンバーグと牛カツにも大満足、そんなこんなで横浜マラソンアフターは楽しい笑顔満載で無事お開きになりました。



10km18名・ハーフ24名 横中総勢42名
第26回横浜マラソン
福井健 10km総合3位入賞!! おめでとう!!
藤澤弘明 ハーフ準優勝!! おめでとう!!

氏   名 グロスタイム ネットタイム 総合順位 種目順位 個 別 種 目
永瀬 菜穂子 00:40:37 00:40:31 152/4643 14/1145 10km女子
今村 文枝 00:41:57 00:41:52 201/4643 18/1145 10km女子
江花 早苗 00:43:22 00:43:17 281/4643 25/1145 10km女子
黒木 純子 00:44:06 00:44:01 333/4643 30/1145 10km女子
高嶋 宏江 00:54:11 00:53:54 2045/4643 258/1145 10km女子
福井 健 00:33:23 00:33:21 3/4643 3/3498 10km男子
日置 貴士 00:35:55 00:35:54 34/4643 34/3498 10km男子
吉田 精作 00:36:24 00:36:22 43/4643  43/3498 10km男子
加藤 秀雄 00:40:30 00:40:30 143/4643 131/3498 10km男子
江花 逸人 00:41:47 00:41:23 195/4643 178/3498 10km男子
田中 秀一 00:46:54 00:46:28 582/4643 538/3498 10km男子
山本 幸一 00:51:32 00:51:09 1442/4643 1288/3498 10km男子
市川 重春 00:54:11 00:54:05 2047/4643 1789/3498 10km男子
斉藤 洋二 00:55:21 00:54:50 2315/4643 1989/3498 10km男子
原崎 郁夫 00:58:42 00:57:36 3095/4643 2555/3498 10km男子
泉 一則 01:01:04 00:58:52 3594/4643 2877/3498 10km男子
小林 弘幸 01:04:02 01:01:47 4014/4643 3131/3498 10km男子
村上 秀樹 01:06:31 01:05:54 4232/4643 3244/3498 10km男子
伴 英子 01:51:53 01:51:52 1986/2776 126/292 ハーフマラソン女子
藤澤 広明 01:09:50 01:09:50 2/2776 2/2484 ハーフマラソン男子
吉田 智也 01:17:03 01:17:01 19/2776 19/2484 ハーフマラソン男子
青木 昌弘 01:17:31 01:17:29 23/2776 23/2484 ハーフマラソン男子
小沢 和彦 01:18:44 01:18:43 36/2776 32/2484 ハーフマラソン男子
細江 昌史 01:21:51 01:21:50 72/2776 71/2484 ハーフマラソン男子
清水 和彦 01:22:12 01:22:06 80/2776 79/2484 ハーフマラソン男子
伴 和幸 01:23:49 01:23:48 115/2776 114/2484 ハーフマラソン男子
鈴木 健児 01:23:56 01:23:19 120/2776 119/2484 ハーフマラソン男子
長島 孝 01:26:31 01:26:26 197/2776 195/2484 ハーフマラソン男子
村上 一弘 01:27:39 01:27:35 231/2776 229/2484 ハーフマラソン男子
興津 雅樹 01:28:52 01:28:49 284/2776 282/2484 ハーフマラソン男子
茂垣 宏 01:29:03 01:28:46 290/2776 288/2484 ハーフマラソン男子
柴田 昌治 01:29:22 01:29:18 309/2776 306/2484 ハーフマラソン男子
南 雅輝 01:29:45 01:29:07 331/2776 327/2484 ハーフマラソン男子
岩瀬 佳行 01:31:13 01:31:08 387/2776 380/2484 ハーフマラソン男子
宮崎 毅 01:32:14 01:31:41 440/2776 433/2484 ハーフマラソン男子
佐藤 完治 01:33:02 01:32:50 484/2776 476/2484 ハーフマラソン男子
星崎 一浩 01:33:33 01:33:28 509/2776 500/2484 ハーフマラソン男子
片岡 勇一 01:33:39 01:32:45 518/2776 509/2484 ハーフマラソン男子
森田 大作 01:38:17 01:37:45 834/2776 813/2484 ハーフマラソン男子
山本 卓 01:47:02 01:46:03 1607/2776 1529/2484 ハーフマラソン男子
岡 順二 01:52:46 01:52:17 2047/2776 1914/2484 ハーフマラソン男子
小椋 行夫 01:56:54 01:56:20 2276/2776 2104/2484 ハーフマラソン男子