2006秋季レースレポート-9






11/19 2006東京国際女子マラソン

応援が私の原動力/永瀬菜穂子

東京国際女子マラソン2006

「フルマラソンは楽しい!」

早く終わらないかな、と思いながら走っていたのに
終わってみたら楽しかった。
たくさんの声援に応えるたびに高まる気持ち
30km過ぎからゴールまで励ましあいながら併走した知人のKさん

帰りの四谷の坂が始まるころには「嬉しい〜」と言ってました
東京は今季初フルマラソン。いつもは反省ばかりで
それだけじゃ嫌になってしまいます。
ちょっと厳しい体慣らし、次回に繋がる走りができたと満足しています。

応援が私の原動力です。大感謝です!ありがとうございました。



横浜中央走友会に入って良かった/今村文枝

冷たい雨の中、沿道に足を運んでくださった方、TVで応援してくれた方、本当にありがたとうございました。結果は、自己ベストの1分落ちで3時間10分52秒。

私にとって、今年最後の一大レース!!
3ヶ月前から練習開始。10月には生まれて初めて600`/月間走り込みました。
11月はほとんど走ず内臓疲労を取ることに専念(便が下痢状態でした。)
レース5日ぐらい前からかなり体調も良くなりいい感じだと思っていたら3日前に首筋を違えてしまい痛い!
当日、車に乗っていても振動で痛みあり。
迷った末、薬を服用しました。

レースの記憶は余りありませんが、前半少し無理して集団に付いていましね。
25`で集団に置いていかれはしたものの、「ふーみん、スマイル」の声援に力を貰い、諦めることなく走っていました。
ホント、600`走ったおかげで最後まで脚が動きラストスパートも^^

天候は冷たい雨で最悪でしたが、私の心は秋晴れでした!!
大歓声の中で走れて、すごーく気持ち良く、超〜楽しい42.195`でした。
国際レース8回目にして、もう一度走りたな〜と思えたレースでした。
横浜中央走友会に入会してほんと良かったです。



11/19 2006東京国際女子マラソン
冷たい雨の中のレースお疲れ様でした!!
順位 No. 氏    名 所属団体名 記録
17 534 永瀬 菜穂子 横浜中央走友会・神奈川 3:06:19
53 572 今村 文枝 横浜中央走友会・神奈川 3:10:52
139 539 郷 亜紀子 TEAM走り屋・埼玉 3:19:31
DNF 740 黒木 純子 横浜中央走友会・神奈川 -



2006/11/19
2006上尾シティマラソン

福岡国際マラソンの手応えあり!!/和田浩

福岡国際マラソン2週間前の調整レースということで、上尾シティマラソンのハーフに出場しました。埼玉のレースは多分初めてです。
記録が出るコースということで、あわよくば自己ベスト(1時間12分10秒)の更新も考えていましたが、結果は1時間12分28秒ともう一息でした。
ただ、余力を残してほぼイーブンペースで走り切れたことと、タイムもスタートや競技場を出るときのロスもあったことだしと考えれば、福岡国際での30分カットがなんとか期待だけはできる状態かなあという感触はつかめました。
終了後は東京国際女子マラソンの応援。レース三昧の1日でした。 


課題を克服し次走は10分台!!/長崎功

11月19日、上尾マラソンハ−フの部に出場しました。
厚木マラソン出場後、1週間は足の疲れがとれず、ちゃんとした練習は1週間でした。そのうち2日間20キロ走り、20キロ走りきれる手ごたえを感じレ−スに望みました。

記録は1時間22分でした。
2,3箇所多少のアップダウンはあるもののほかはフラットでした。残り3キロでスパ−トかけてそこまでは余力を残しての走りをしようと考えながら走りました。走りとしては15キロ過ぎても余力は残っており描いていた通りの走りでしたが、残り3キロのスパ−トがうまくいきませんでした。
20キロの通過タイムが1時間17分43秒と1時間20分切るいいタイムで通過できたが、ラストどうしてもタイムが伸びずそれが課題として残りました。
フラットのコ−スでの成績がこれなので今の実力が今のタイムだと思ってます。20分台前半のタイムが出せたことについては、満足ですし、まだまだ練習内容によってはまだまだタイムが伸びる余地はあります。

自分自身ハ−フマラソン2度出て感じたことは、足の筋力とスピ−ドとスタミナです。今後は、その3つを克服できるよう重点的に鍛え、今度出るハ−フマラソンでは1時間10分台が出せるよう頑張りたいです。


2006/11/19
2006上尾シティマラソン
氏   名 グロスタイム 総合順位 種目順位 個 別 種 目
和田 浩 01:12:28 420/2468 20/108 ハーフ男子陸連登録者
鎌仲 竜樹 01:17:14 480/2468 44/108 ハーフ男子陸連登録者
長崎 功 01:22:35 545/2468 31/583 ハーフ男子39歳以下




2006/11/19
第7回 西金砂登山マラソン
稲葉裕也 5km男子総合2位 種目別2位入賞!! おめでとう!!


まだまだ進化する29才!!/稲葉裕也

 今回も夜勤業務明けでの遠征となりました。10時前に帰宅後は自宅周辺で軽く6キロのジョギングと100Mのダッシュを1本行ってから入浴して、昼食。その後、13時台の特急電車→上野駅から特急フレッシュひたち号にて前日宿泊先のホテルのある水戸駅には17時前に到着。夕食は水戸市内在住の私の尊敬する市民ランナーのОさんと定食屋さんで食事をしました。
 その後、ホテルに戻り入浴後は23時前には就寝。翌日は早朝5時半には起床して、駅前にある吉野家で朝食をとりました。
 6時28分の水郡線という車両の少ない水戸駅と郡山駅を行ききしているディーゼル使用の電車で移動。約50分程で最寄の山方宿駅に到着。そこからは送迎バスで会場である金砂の湯へ約15分かけて移動しました。
 茨城県常陸太田市というところで、常陸秋蕎麦の有名な土地です。
 この日は気温が低く、南房総とは温度差も多少は違うのでその対策として、アンダーアームを着用しました。午前10時05分の5キロの部が一斉にスタート。
 埼玉県からの出場の強豪Sさんがエントリーされていたので、5キロ15分台のSさんにどこまでついていかれるのかに気持ちを集中しました。
持参した資料を見てもSさんはほば平均して5キロ15分台で走られているので、Sさんにどこまでついていけるのかで今の私の力が把握できると思い、とて も楽しみでした。前半の2,5キロは登り坂で後半は全て下り坂のコース。
 1キロは3分24秒の入りでしたが、坂道なので、まずまず。1キロを過ぎても集団を形成していたので、早くSさんとのマッチレースの展開に持ち込むためにSさんの前に少し出たりして、揺さぶり、後続集団の引き離しに成功しました。後半の下り坂を考えると登り坂には強い私でも下り坂では不安があるので、冷静に反応し、計画通りにいきました。
 2キロは7分04秒と平地では目を瞑りたくなるタイムでしたが、焦らずに併走。折り返し手前でSさんがスパートを仕掛けました。スピードのあるSさんなので、折り返してからスパートするものと読んでいた私の読みが見事に外れてしまい、苦手な下り坂では全く勝負になりませんでした。でも、最後まで決して諦めませんでした。Sさんには後半まったく追いつけませんでしたが、後半の3キロは9分37秒と課題の後半の落ち込みは修正できたので、練習の成果は出ていると思います。
 でも、Sさんはやっぱり強かったですね!Sさんともお知り合いになれたので、次にどこかの大会でお会いするのが楽しみです。
 私は全体でも2位で賞品は賞状と銀メダルと常陸太田市産こしひかり5キロ&久米納豆詰め合わせセット1箱(いずれも後日配送)を頂きました。会場には天然温泉もあり、試合後はゆっくりと湯に浸かりながら体を休めました。
 参加賞はりんご2個と納豆パック4箱とこしひかり1キロと何か得をした気分でした。もし、来年参加されるのであれば私のお薦めの大会の1つですね。
 ・・・でも帰りは5時間近く帰宅にかかりました。茨城県は千葉県の隣県なんですけどね(笑)それでも走るのがとても好きなので懲りずに夜勤明けでもどんどん遠征に行こうと思います!
 最近は体調管理がしっかりと出来るようになったので、故障は勿論、疲れが溜まりにくい体になりました。まだまだ進化する29歳です(笑)



第7回 西金砂登山マラソン
稲葉裕也 5km男子総合2位 種目別2位入賞!! おめでとう!!
氏   名 グロスタイム 総合順位 種目別順位 個 別 種 目
稲葉 裕也 00:16:42 2/138 2/138 5km男子39歳以下