2006秋季レースレポート-10



2006/11/23
第19回大田原マラソン
酒井和英 10km種目別4位入賞!! おめでとう!!
小沢和彦 フルマラソン自己ベスト達成!!


2時間アップで自己ベスト!?/小沢和彦

前泊した宿泊先が車で行く事を考えていたので、駅から遠い所を予約してしまった事が失敗でした。前日になり車を行くことを止めて急遽、東京駅から高速バスで那須まで行き、インターまで宿の方が迎えに来てもらいました。
当日の朝に宿の方に大会会場までの簡単な地図を書いてもらい、2時間前の8時に宿を出ました。バス停の国道までジョグで行こうと考え、20分位走りました。
国道に出た時に横をバスが通過して、次のバスで良いかと思い時刻表を見たら、2時間後で走るしか無かった。結局2時間近く走り、大会会場に着いたのが10時の受付終了5前の為、用意したスペシャルドリンクも置けませんでした。
折角蓄えた炭水化物エネルギーを無駄に使い、足も結構疲れが来ていました。
スタートラインに立ちすでにあきらめモードで抑え気味のスタートでした、最初の5キロのラップを19分01秒は意外でした。良いペースでも、もたないかな次の10キロは19分02秒であまり落ちてない。でもこのペースを1人で走るのは無理かなと思っていたら、某監督の道場練習会で知り合ったランナー秋葉さんが追いついて来て、持ちタイムも近かったので、秋葉さんに何とか付いて行く作戦に切り替えました。
15キロは19分24秒、20キロが19分43秒と何とか刻め、スペシャルドリンクも、秋葉さんが用意した残りを頂ながら走り、ハーフ通過が1時間21分22秒でまずまずで25キロは19分12秒、30キロは19分41秒でこの時点で45分切れるかもと思った時秋葉さんペースが少し落ち、自分も踏ん張れず35キロが20分36秒、40キロが21分16秒ますます落ちました。50分は切れそうだったので最後は力を完全に抜いてしまい、ゴール前100メートルでスパートして気持ち良くゴール出来ました。
2時間47分22秒でした。やった最後まで走れた。すぐに秋葉さんも自己ベストでゴール、今回は自分一人では頑張れませんでした。秋葉さん有難うこれからもライバルでいてください。
秋葉さんは稲葉さんの事、知っていましたよ。


ブルユニデビュー戦/宮崎毅

ブルユニ着るも撃沈す

大田原マラソンには、私を含め、横浜中央走友会からは9人が参加しました。

応援にきてくれた永瀬さん、ありがとうございました。

当日は気温約10℃、若干肌寒さを感じる天候でした。私はブルユニを着てよい結果を出そうと思い、粂さんにお願いして急遽18日(土)にユニフォームを入手し、本番に備えました。今回の目標は自己ベスト(3:05:34)の更新です。本当はサブスリーを狙いたかったのですが12日の横浜マラソンハーフでの走りが思わしくなかったので、目標を少し下げることとしました。30kmまではサブスリーペースで行き、残りはペースダウンも考慮して多少ペースを落とし3時間5分以内を狙うというものです。

結果は3時間13分59秒で撃沈しました。30kmまでは目標から1分半遅れのペースでしたが、それ以降は両わき腹に腹痛は出るは、足は痛くなるはで大失速しました。去年と比べても自分なりに良い練習ができたと思っておりましたが、とんでもない勘違いでした。30kmまでは走っても40km走を一度もやらなかったこと、レースペースでの練習が不十分だったことが失敗した要因のようです。次の3月18日の湘南マラソンに向けて、研鑚に励み、この借りを返したいと思います。

せっかくブルユニを着て不満足な結果となりましたが、走っていると沿道の人から『横中頑張れ』とか『横浜ファイト』とか声をかけられ非常に勇気付けられました。また前方にブルユニを着た小林クンとかが目に入ると、何とか追いつきたいと頑張って走ることができました。

次回以降もブルユニを着て頑張りますのでよろしくお願いします。

第19回大田原マラソン
酒井和英 10km種目別4位入賞!! おめでとう!!
小沢和彦 フルマラソン自己ベスト達成!!

氏   名 グロスタイム 総合順位 種目順位 個 別 種 目
酒井 和英 00:34:09 20/555 4/75 10Km男子29歳以下の部
小沢 和彦 02:47:22 50/1149 49/1056 マラソン男子の部
小林 歩 03:03:53 189/1149 181/1056 マラソン男子の部
清水 和彦 03:07:50 220/1149 212/1056 マラソン男子の部
宮崎 毅 03:13:59 294/1149 284/1056 マラソン男子の部
二宮 誠堂 03:16:34 334/1149 323/1056 マラソン男子の部
伴 和幸 03:16:34 335/1149 324/1056 マラソン男子の部

2006/11/23
2006 名古屋シティマラソン
三井僚 ハーフ自己ベスト達成!!


夢の瑞穂でハーフ自己新達成!!/三井僚

 時は2006年11月23日、勤労感謝の日☆ようやく今年の低迷を晴らすレースができました☆
 今回参加したのは第22回 名古屋シティマラソン 公認ハーフの部。東海地区の有名&有力ランナーがどしどし集まってくる大会です。
 一言言っときますけど、僕にとって夢の舞台は国立競技場ではありません!瑞穂陸上競技場なんです!
 さてさて、この日よりさかのぼる事2週間前から、ずっと体の調子が悪くて困り果ててました。「あちゃ〜、これはまずいな〜。でも風邪なんてすぐ治るもんだ☆」と風邪を甘く見ていたんですね。これが今回唯一の誤算でした!練習を止めるわけにもいかず、風邪引きさんのまま練習だけは続けていたんです。
 レース当日、この日は始発電車に間に合う様に3:30に起床!ストレッチも今のうちから入念に。。。電車の中でも寝ない様に咳をゴホゴホと。
 8時に瑞穂陸上競技場に到着!レースまでぬかりなくアップアップアップップ↑↑↑もういつもとは気合いの入り方が違いますよ!グランドで大南姉妹を発見!やんちゃに握手をしちゃいました。スタート前に有名人と握手すると自己新記録達成率100%ですから☆
 10時レーススタート!5人の外国人選手が固まってました。それに遅れずスタート。まずはグランドを2と3/4周。1Kの通過は3分丁度。勢いありすぎです!!
 2Kからはあわてず、一休みせず設定の3分20秒へペースダウン。落ち着いて名古屋の雰囲気を味わいつつ冷静にレースを運び、5Kは16分23秒。うん予定通りですね。
 3人ほどで先頭を交代しながらおよそ3分24秒/1Kのペースで10Kは33分23秒。現場は名古屋駅のすぐ近くです!どうせならそっちの方へ走って行きたいなぁ。やがて折り返し地点で一緒に走っていた人たちは軽くスパート!僕は付いていけません。無理です!ここまでかな!?って不安がかなりありましたね。どうやらここまで僕はピエロにされていたようです。
 若干諦めモードの13キロ付近。後ろから集団でやってくる選手がいました。とにかく状況を良くするために付いていきました。すると意外と余裕が生まれてきました☆折り返し地点で逃げられた選手に徐々に追いつき、追い越せ行け行けGOGO〜!!な気分です(笑)ここでだいたい10人近くの集団!
 15K地点。ますます足に余裕が出てきて、その集団から飛び出し、更に前を追いかける状況!終盤で3分15秒/1Kで走れる自分にビックリ☆そんな走りこんだっけ?と考えつつ時計と相談。このままだと70分切れるのか?切れないのか?残り5Kの看板でこれは切れないと確信しました(^_^;)
 残り3K。いよいよ終盤ってとこでついに燃料切れ!もうエンスト寸前です。
 ゴールの競技場は見えるけど近づけない。。。なんて残酷なんですか!?時計も見ずにとにかく前へ!1Kが長い!
 さあさあフラフラになりながら競技場へ帰ってきました。ふとモニターテレビを見ると、グランドが映ってますね。あれ?大南敬美さんだ!後ろを見るといました!お〜〜〜!!!!大変(チャンス)だ!テレビに映ろうかな(^^)って思っちゃいました。でもそこは大人しくゴールしときました☆それにしても残り3Kのタイムは恐ろしくて知りたくないですね。
 ゴールタイムは1時間10分51秒。最低の目標は突破しました!よくやりました!とにかく満足です。大満足にはなりません!今回の再挑戦は2月の犬山です!そこまでに残り3Kの力を付けておきます!次こそ70分切りします!
 
名古屋の皆さん!応援ありがとうございました☆
 
 おっと、最近思う事があるんです。それは・・・10Kじゃ短い!って事です!

2006 名古屋シティマラソン
三井僚 ハーフ自己ベスト達成!!
氏   名 グロスタイム 総合順位 個 別 種 目
三井 01:10:51 56/239 ハーフ公認男子


2006/11/23
第31回よこすかシーサイドマラソン


「ハーフマラソン走りませんか?」と聞いてみた。そしてみんなでどこがいいかと相談して誰がいったのか忘れましたが、「横須賀シーサイドでいいんじゃない?あそこなら公認の大会だからねということで、みんなで出場することになったのが始まりでした。
 そしてレース当日、僕は添田君と待ち合わせして会場に行きました。会場は横浜マラソンのように強烈な風が吹き荒れていました。二人揃って今日は「記録を狙うのは厳しいかな?」などレース前にもかかわらず消極的な言葉を言っていました。
そして、添田君の携帯に岩原さんから連絡があり、男性更衣室で荷物をおくことに、しばらくして、蔵品君、末吉君も集まり、今日出場するメンバーは揃った。そしてそれぞれレースに備えてアップを開始した。。。
スタート10分前くらいに五人でスタートラインで待機し、神奈川大学の選手の後ろに並びました。そしてスタート。。。
はじめの一キロは3'40"ここで末吉君、蔵品君はペースアップ、僕は後半のことも考えて集団で待機。
添田君、岩原さんは3'45"ぐらいで通過した模様です。
五キロ通過は18'20"で若干、予定のペースより遅いですがまぁいいか見たいな感じで走っていた。そして、10km手前か丁度ぐらいのところで添田君
に追いつかれた。でもまだこの時は余裕が少しあったので二人で蔵品君、末吉君を追いましたが、自分は上り坂で足を使いすぎて急に足がいっぱい
いっぱいになり、添田君に追いていかれてしまった。
15kmでは前半の集団とは違い、一人旅で、風もきついし冷たいしで本当にきつかった。そして15kmから平坦で、よく前を見ると背の高い同じユニ
フォーム、んん?あれはまさか蔵品君では、ないかと思い走っていると残り二キロぐらいではみるみるうちに差が縮まっていたので勝てるか
も。。。と思ったけど結局勝てませんでした。
でも終わってみれば、悔しい思いは山々ですが本当にドラマチックなハーフマラソンでした。
最後にハーフマラソンやマラソンは距離を踏んでいないと結果は得られないとつくづく思いやられました。

第31回よこすかシーサイドマラソン
氏   名 グロスタイム 総合順位 種目順位 個 別 種 目
南 雅輝 00:19:52 116/904 112/584 5km男子
末吉 秀太郎 01:18:21 46/1324 36/84 ハーフ公認男子
添田 隆二 01:18:33 47/1324 11/1094 ハーフ男子
蔵品 智史 01:19:34 51/1324 13/1094 ハーフ男子
日置 貴士 01:19:49 52/1324 14/1094 ハーフ男子
岩原 武男 01:21:41 58/1324 41/84 ハーフ公認男子
村上 一弘 01:28:54 136/1324 76/1094 ハーフ男子
後藤 哲夫 01:45:13 526/1324 433/1094 ハーフ男子
古上 昌幸 01:49:14 670/1324 563/1094 ハーフ男子
奥住 01:59:02 967/1324 820/1094 ハーフ男子
山本 直樹 02:01:55 1035/1324 879/1094 ハーフ男子
市川 重春 02:03:39 1079/1324 912/1094 ハーフ男子