ニューヨークシティマラソン
NEW YORK CITY MARATHON
NOV. 05, 2006



NewYorkCityMarathon2006
酒井和英 サブスリー達成!! おめでとう!!

11月5日、ニューヨークシティマラソン走ってきました。今年の4月に職場の方からニューヨークシティマラソンに参加しないかというお誘いを受けて迷いましたが、今年3月に初フルとして臨んだ荒川市民マラソンで強風に負けて惨敗し、そのリベンジを今年中に果たさなければという思いから、参加することを決めました。この時、2時間50分切りを目標にしましたが、4月から7月まで走ったり、走らなかったりで継続した練習ができず、8月は、富士登山駅伝終わってから2週間まったく走らなかったりで、ここまで練習不足でした。「このままでは、やばい!!」と思い、9月から徐々に練習量を増やし、9月の走行距離は239`。10月はオクトーバーランに参加して、横中のメンバーから刺激を受けて、10月の走行距離は437`でした。10月に出場した大会でもそれなりの結果で走れましたが、準備期間が短く、30`走などの練習もできてないこともあり、目標をサブスリーに変えました。

11月2日(木)
日本出発前日。きらり君から教えてもらった江東区にあるK鍼灸治療院のKリゾートのスポーツアロマを受けて、体全体のマッサージ。その後、6キロのペース走(3分50秒〜4分/`)を行い、ペースの確認した。ニューヨークは日本時間より14時間遅れているので、現地時間に合わせるため、朝まで起き続けた。

11月3日(金)
成田に9:00集合。ツアー参加者と共にニューヨークに向けて出発。機内には12時間近く乗っていた。ニューヨークの時間に合わせるように睡眠を摂った。11月3日(金)(現地)成田を11/3の11:00に出発して、11/3の9:00に到着。なんとも不思議な感じ。到着後、受付会場にて受付。ニューヨークは寒く、レーシンググローブを持ってくるのを忘れたため購入。その後、昼食。ハンバーガを食べたが、味はイマイチ。日本の○クド○ルドのほうがおいしいと思った。昼食後はセントラルパーク近くのホテルのパークセントラルに到着。軽く睡眠を摂った後、セントラルパークで軽くjog。体が若干重かった。練習帰りにスーパーでバナナとミネラルウォータなどを購入。夕飯はどうしようか迷ったが、近くのめんちゃんこ亭に行き、雑炊を食べた。ホテルに戻った後、入浴し、睡眠。


11月4日(土)(現地)
 朝、国際フレンドシップランに参加。各国のランナーと共に4`近く走った。午後からはニューヨーク観光。グランドゼロやジョンレノンが住んでいたダコタハウスなどを観光。
半日のため、ゆっくり観光できなかったが、それなりに楽しめた。その後、ホテルに戻り、軽く睡眠を摂り、セントラルパークで練習。
脚が張っているので、あまり走らず、軽く流しをやった。夕食は、ホテル近くのお惣菜屋で炭水化物中心のメニューを購入。食事後、入浴。脚が張っていたので、ぬるま湯に長時間浸かった。11:00に就寝。

11月5日(日)(現地)

5:00に起きたかったが、4:00ぐらいに目が覚めてしまった。5:40にツアー参加者と共にバス発着所まで歩く。バスに乗るまで1時間近く待った。スタート地点に到着したのは、レース1時間30分ぐらい前。スタート地点は、目標タイム順に青、緑、オレンジに分かれていた。自分は、緑からのスタートだった。3万8千人が参加する大会とあって、会場には人があふれていた。荷物を預けるトラックを確認後、アップ開始。レースまで1時間あったが、スタート地点に早めに前のほうに並びたかったので、レース50分前にアップを終えて、スタート地点に向かった。運よく前のほうに並ぶことができ、ひと安心♪。ただ、待っている間、寒く、アップした体は冷えてしまった。スタート前にアメリカの国家斉唱。スタート前から感動してしまった。そして、10:10にスタート。

0〜5` 19:01
 緑のスタート地点のため、周りのランナーのレベルが高く、「ちょっとペース速いかな?」という感じで走り始めた。走り始めてわかったが、脚のふくらはぎが張っていた。脚の状態があまり良くないので、後半まで持つか不安になった。5`地点で時計を見ると、19分ぐらい。20分ぐらいで走っているつもりだったが、実際はそれより速かった。

5〜10` 19:02 (38:03)
 この5`もほぼ同じタイム。まだ10`なので、ゆとりを持つようにし、リラックスに心がけた。

10〜15` 19:30 (57:33)
 10`過ぎに青、オレンジと同じコースとなる。8マイル地点左側でツアー添乗員が応援しているため、コース左側を走った。そしたら、オレンジスタートのランナーが走るコースを間違えて走り、100b以上余計に走ってしまった。ラップも当然ながら、19:30まで落ちた。しかも、8マイル地点左側でツアー添乗員に両手を上げて、手を振ったのに気づいてもらえず( ̄Д ̄;)、写真も撮ってもらえなかった。何のためにコース左を走ったのか( ̄― ̄°)

15〜20` 19:20 (1:16:53)
まだまだ余裕v(^−^)v。気温は低いが、給水だけはこまめに摂るようにした。20`付近でアミノバイタルを飲んだ。

20〜25` 19:39 (1:36:32) 中間点1:21:07
 ハーフを1:21:07で通過。うまくいけば、2:45:00で走れる可能性が出てきた。

25〜30` 19:37 (1:56:09)
 28`ぐらいで脚がパンパンになってしまった。30`過ぎに不安を覚える。30`ぐらいで沿道からパワージェルを取る。今振り返るとこれがあったから最後まで走れたと思う。

30〜35` 19:53 (2:16:02)
 30`過ぎに2回目のアミノバイタルを飲む。そして、周りのペースダウンしてるランナーを次々と抜いていった。まるで、観衆が自分を応援しているかのような感じ♪。ランナーズ・ハイのような感じで気持ちが良く、最も感動した場面だった。ただ、この5`はペースを上げたつもりだったが、なんとか19分台だった。

35〜40` 22:11 (2:38:13)
 地獄が始まった。もう観衆に手を振る余裕すらない。残り3マイル(4.8キロ)ぐらいまでは、4分10秒〜4分30秒/`ぐらいのペースで走れたが、その後は脚が動かなかった。上半身と下半身が連動せず、バラバラだった。先ほど抜いたランナーに次々と抜き返される屈辱。荒川市民マラソンと同じような終盤の走りとなってしまった。

40〜42.195` 10:09 (2:48:22)
 40`を過ぎてから長かった。意識が薄れる中、何とかゴール。タイムは2時間50分を切るサブスリー達成!!。
レース後、寒さでふるえが止まらず、脚も攣りそうだった。医務室で暖かいお茶と塩を摂り、しばし、毛布に包まって回復するまで休憩した。レース後は、同じ緑のスタート地点からだったツアー参加者と健闘をたたえあった。

その後、ホテルに戻り、夜の完走パーティーまで寝てた。

完走パーティーでは、ホテル近くの中華料理店で行われた。ランナーズの企画でニューヨークに来ている、小出監督ともお会いできた(^−^)。いろいろな話を聞けて、楽しいヒトトキを過ごせた。

11月6日(月)(現地)
レース翌日、ヨーロッパから日本へ出発。今回は、サブスリーを達成できればよかったのですが、次回はさらに上を目指してがんばりたいと思います。ホームメージに既に結果が載っているのか、日本到着後、ケータイに何通か「おめでとう」メールがはいっていて、嬉しかったです☆。次は、3月の湘南国際マラソン。あと4ヶ月あるので、2:40:00切りできるような練習をしていきたいと思います。


2006/11/5
NewYorkCityMarathon2006

酒井和英 サブスリー達成!! おめでとう!!
順位 No. 氏名 所属団体名 記録
Place 308/37954 7382 酒井 和英 横浜中央走友会・神奈川 2:48:22自己新
 GenderPlace/286位 5km 10km 15km 20km 中間 25km 30km 35km 40km goal 総合
AgePlace/78位
酒井和英/神奈川
横浜中央走友会
19:01 19:02 19:30 19:20 - 19:39 19:37 19:53 22:11 10:09 308/37954
0:19:01 0:38:03 0:57:33 1:16:53 1:21:07 1:36:32 1:56:09 2:16:02 2:38:13 2:48:22