2007/1/21
第31回サンスポ千葉マリンマラソン



8年前の自分に克ったゾ!! by 井上恵理香

千葉マリンは8年ぶり(だと思う)2回目のハーフマラソンでした。
陸連登録を初めてしたので公認記録がもらえる大会にひとつくらい・・・と思ってエントリーしました。
何も知らずに陸連登録したら登録の部に出なくてはならないのだと思い込み、事もあろうに登録の部でエントリー。よくよく聞けば、登録の部にはエリート選手が出るそうで・・・それを聞いただけで、始まる前から緊張でした。
けどスタートラインに並んだら、先導のバイクが見えて、お〜マラソンぽい!!と一人で楽しくなってきました。まあいっか〜と思ってました。登録の部の女子は少ないので、スタートしたらあっという間に通常のペースで走れました。
3kmまできもちよ〜く走ってたんですが、得意の?脇腹痛になりかけてとちょっとスピードダウン。そのまま同じくらいのスピードの男性と暫く一緒に走らせてもらいました。それでも腹痛の気配があったので、スピードを控えめにしてとにかく激痛にならないように意識しました。
5km、10km、12km・・・待てど暮らせど15kmの看板が出てこない。そして次に見たのは「残り2km」の看板でした。「速すぎやしない?」しかも看板を持っている人が看板を斜めにしてて、これはハーフマラソンの看板じゃないのかなと思ったのです。けれどほどなくして「残り1km」。ん??周りの人はみんなスピードを上げてます。時計を見たら「ん〜!?どう考えても残り1kmのタイムではない。」「周りには男性しかいないし、もしかしたら女子は違うコースだったのかな?私、一人ショートカットしちゃったのかな?競技場に入ってからトラックを何周も走るのか?」なんて、色んな事思っているうちに、ゴールが迫ってきてそのままゴール。
「え??」と時計を見つめる私に係員の方が一言「ごめんなさいね、距離が3kmくらい足りないのよ」と。
「あ〜・・・私だけコースミスじゃなかったなら良かった。」なんて思った私。
マラソンの大会でこんな事があるんですね。距離表示がアバウトな大会は慣れっこなんですが、マラソンの場合タイムを意識して走られている方も多いと思うし、この大会を目標にしていた人は沢山いらしたと思うので気の毒だなと思いました。
結果は手元の時計で初めてラップを取りましたが、5kmは20'03・10kmは40'42・ゴールが1'16'33(だったみたい) でした。いやあ、後半落ちてますね〜・・・ハーフって長いな〜と正直後半飽きてました。集中力が持続できるようにならなくては。
因みに残り約3kmそのまま走っていれば、多分自己ベストだったので8年前の私よりは年齢だけじゃなくちょっとは成長してるようです。ホッ。いつかまた機会があれば、今度はちゃんと「ハーフマラソン」を走りたいと思っています。


千葉は楽しかったですゾ!? by 三井 僚

公認ハーフの部に出場してきました。2006年末は練習があまりできてなかったので、調子をみる様な感じで臨みました。
また名古屋ハーフで最初の1Kmを3分丁度で入り、後半失速したので、今回は入りも意識しました。
予定通り最初の1Kmは3分15秒で入り、5Kmは16分30秒とまずまずのタイム。10Kmは33分を少し切るタイム。
この時点であまり疲労も無かったので、記録を狙うつもりで16Kmまで辛抱しようと思いました。
するとコースがわけわからなくなり、偽17Km地点で足に違和感、偽18Km地点で横腹に激痛が走り歩きました。
500M程歩き、調子が戻ったので、猛ダッシュで抜かれた人を抜きかえしました。
気がつけばもうゴールまで間近。
変なタイムにわけがわからず、見知らぬ選手と話しながらゴールしました。
千葉は楽しかったです☆
次は犬山でベスト狙います!



千葉マリン「コース誘導ミスに加えて何とミスコース再計測ミス!!」

あってはならない誘導ミスに加えて、ありうべからざる再計測ミスだって・・・・
オイオイ、いい加減にしてくれ!!
目指す地平を見据えて必死に走ったランナーの精進と気持ちを主催者・関係者は真摯に受け止めて欲しい。
来年は参加者減少は必至、それどころかレースそのものの開催が・・・・・

下記はサンスポ千葉マリンマラソンのオフィシャルHPから転載したお詫びコメントです。



【お詫び】
  サンスポ千葉マリンマラソン 実際は「2.8145キロ短縮」でした。
   再計測に誤りがありました 改めておわびして訂正します。

 千葉マリンスタジアムおよび幕張メッセ周辺で開催されました「第31回サンスポ千葉マリンマラソン」(21日、千葉市陸上競技協会主催・主管、サンケイスポーツなど主催)ハーフマラソンの部(1、2部男女計6332人参加)で起きました係員の誘導ミスによるコース短縮について、「短くなった距離は2.3475キロ」と発表しました。
 しかし、実際は「2.8145キロ短縮」の誤りでした。レースの正確な走行距離は「18.2830キロ」となります。再度のおわびとともに訂正致します。
                   ◇
 22日に、千葉市陸上競技協会が再計測を行った際、測定の基準となる距離ポストの位置を誤っていたためです。発表後、複数の参加者の方から、「自分のタイムからみて、発表された距離はおかしいのではないか」との指摘があり、24日朝、千葉市陸協が改めて計測を行い、計測ミスが判明しました。
 レースにおいて、あってはならない誘導ミスが起きたうえ、参加者の皆様にとって最も重要な距離の再測定でもミスを重ねたことは、主催者として痛恨、痛切の極みです。
 参加者・読者・関係者の皆様には、重ね重ねのご迷惑をかけ、誠に申し訳なく、深くおわび申し上げます。


◆主催・主管の千葉市陸上競技協会会長、内山英夫
「陸協係員の度重なるミスで、競技者の皆様の信頼を裏切る結果となり、おわびのしようもございません。深く深く反省するとともに、現実を厳しく受け止め、当協会の体質改善が必要である、と考えております。重ねておわび申し上げ、今後ともランナーのために誠心誠意尽くすことにより、皆様への償いをしたいと思います」

◆主催のサンケイスポーツ代表、武田吉夫
「レース当日の誘導ミスに加え、ランナーの皆様からご要望のあった実際の走行距離の計測でも、ありうべからざるミスが起きました。重ね重ねの失態、誠に申し訳なく、主催者として慚愧にたえません。参加者、関係者の皆様に深くおわび申し上げます」




第31回サンスポ千葉マリンマラソン
氏   名 グロスタイム ネットタイム 総合順位 種目順位 個 別 種 目
稲葉 裕也 00:16:36 00:16:36 6位 6位 5km 男子
田中 秀一 00:47:13 00:47:06 436/2585 392/1958 10Km男子の部
井上 恵理香 01:16:33 01:16:29 343/603 20/109 一般女子1部(18.2830km)
三井 僚 01:02:43 01:02:42 70/603 70/494 一般男子1部 (18.2830km)
阿部 拓也 01:04:04 01:04:00 97/603 95/494 一般男子1部 (18.2830km)
鎌仲 竜樹 01:06:31 01:06:29 144/603 141/494 一般男子1部 (18.2830km)
吉田 精作 01:07:35 01:07:32 173/603 168/494 一般男子1部 (18.2830km)
清水 和彦 01:14:01 01:13:57 294/603 277/494 一般男子1部 (18.2830km)
松本 成広 01:28:08 01:27:52 1448/5530 1386/4790 一般男子2部 (18.2830km)
山口 泰広 01:34:17 01:34:17 2423/5530 2255/4790 一般男子2部 (18.2830km)