2008/2/17
第2回東京マラソン2008



東京マラソン歓走記

山 本 幸 一

はだの丹沢で痛めたふくらはぎの肉離れがいまだ完治せず、不安も消えないが、快晴のコンデイションに恵まれてスタートラインに立った。スタート前の開会式では、国歌斉唱を聴き目頭が熱くなってきた。他の大会ではありえない。

3万人のランナーの顔は、どの顔も輝いている。タレントも宮崎県知事をはじめテレビでお馴染みの顔が、ガードランナーに囲まれてあちこちで見られるのも楽しい。沿道には、前回を遥かに超えた応援があり、絶え間なく背中を押してくれる。

Kmを過ぎた頃に、不安は的中して脹脛が痛んできた。とにかく今回は完走第一で、ペースダウンして押していくことにした。日比谷交差点では、我が走友の皆さんから暖かい声援を受けて元気をいただいた。  しかし、中間地点では、再び横中の幟をみて元気付けされたが、脚はSOSの状態となり、宮崎県知事の背中を見ながら、「どけんかせんと!・・・」と頑張るが完走が危ない・・・・

後半は、さらにペースダウンして繋ぐが ストレッチを入れたりしていると沿道の声援が「頑張れ、頑張れ!!」と後押ししてくれる。とにかく34kmの我が走友の顔をみて、元気をもらいたいと、頑張って再び元気付けされ 痛みは限界に近いが、遅いペースを掴んで 乗ってきた。また、後半には、昨年には無かった沿道の皆さんからのチョコや飴などの差し入れがうれしい。

あえぎながら元会社前を通過して、感動した。あと3キロでは、「女王 にしおか」からムチが入り、生き返ったような刺激を受けた・・・・・

ランナーと沿道の方々やボランテイアの皆さんとまさしく「東京は一つになった」と実感した。今回は、諦めていた参加であったが、かって経験のない歓走だった。

東京マラソンレポート/吉田精作

寒い中、声援ありがとうございました。
東京マラソンは、好天にも恵まれて、楽しく都内を駆け抜けることができました。
ゴールタイムは、2時間47分53秒で、12月に更新したばかりの自己ベストを
さらに1分近く更新できました。銀座や浅草の沿道の大声援は忘れられない光景です。

詳細は、ブログの記事を参照してください。
http://captain229.air-nifty.com/workout/2008/02/post_aa47.html

LAP/SPLIT(1km毎)
00-05km 20:13/00:20:13 (4'50,3'50,3'46,3'52,3'51)
05-10km 19:36/00:39:49 (3'51,3'56,3'54,3'57,3'56)
10-15km 19:40/00:59:29 (3'58,3'54,3'55,3'56,3'55)
15-20km 19:41/01:19:10 (3'55,3'56,3'59,3'55,3'58)
20-25km 19:49/01:38:59 (3'59,3'56,3'59,3'55,3'58)
25-30km 19:51/01:58:50 (4'01,4'00,3'59,3'55,3'53)
30-35km 19:31/02:18:21 (3'53,3'53,3'55,3'53'3'55)
35-40km 20:21/02:38:42 (4'09,4'02,3'58,4'02,4'09)
40-Goal 09:11/02:47:53 (4'13,4'12,0'47)

1st Half 1:23:30
2nd Half 1:24:23

Last 5km 20:26 (3'57,4'02,4'10,4'19,4'07)