2002日本縦断
Trans-Japan
1st.stage in Hokkaido

北海道縦断駅伝
サロマ100kmウルトラマラソン

ココをクリック

サロマ/北海道縦断駅伝関係

北海道縦断駅伝レポート
7/2 (1日目)  宗谷岬−中川町 105km
7/3 (2日目) 中川町−剣淵町 120km
7/4 (3日目) 剣淵町−上富良野町 79km
7/5 (4日目) 上富良野町−十勝清水町 89km
7/6 (5日目) 十勝清水町−忠類村 94km

7/7 (6日目)忠類村−襟裳岬 80km 

6/28 北海道遠征メンバー紹介

6/30.29 サロマ100kmウルトラマラソン レポート
6/28 北海道縦断駅伝スケジュール
7/1 北海道縦断駅伝 前日レポート
7/8 北海道縦断駅伝 翌日レポート


2002年横浜中央走友会総会で決定確認された
日本縦断構想(Trans-Japan)がいよいよ起動します。
その第1段、2002年7月2日に日本最北端宗谷岬をスタート
7月7日襟裳岬ゴールとする北海道縦断駅伝です。

青く澄んだオホーツク海、
タワーサイロの畑道、
遠くには残雪の大雪山、
むせかえるラベンダーの薫りと
どこまでも続く北海道の原野の真っ直中
青地に赤く染め抜いた横浜中央走友会のタスキを
6日間・約650km 友情と信頼と汗で繋ぎます。



6/22北海道遠征壮行会

 北海道遠征壮行会が黒木さんちの井土ヶ谷「常盤苑」で開催されました。 参加者は、遠征メンバー11人を含めて25名、89才現役ランナー笑顔が素敵な田中一さんや久しぶりの登場山崎由美さんなど賑々しい顔ぶれでした。
 山本卓遠征隊隊長の挨拶と小林事務局長の壮大な日本縦断構想の説明に続き、遠征メンバーの決意表明には多少のヤジと拍手が入り交じり大いに盛り上がりました。
 6/29に北海道遠征の先発部隊「サロマ組」が北海道に入り、6/30サロマ100kmウルトラマラソンを走ります。 引き続き7/1に横浜からの後発部隊と日本最北端宗谷岬で合流し、遠征隊メンバー全員で「横田耕一稚内市長」と
面談し、いよいよ日本縦断構想Trans-Japan 1st.stage 北海道縦断駅伝が始動、横浜中央走友会/北海道縦断駅伝 第一走者山本卓7/2早朝宗谷岬をスタートします。
 尚、この北海道遠征のレポートは横浜中央走友会ホームページでリアルタイムの報告・掲載を予定しております。 
  




          趣  意  書
                     
 
                横 浜 中 央 走 友 会
                 日本縦断実行委員会

 北の大地が緑に覆われる時、私達 横浜中央走友会は創立26周年を迎え、その歴史に新たな1ページを積み重ねるべく、今般日本縦断駅伝を実施することに致しました。
遥かサハリンを望む最北端の地宗谷岬から本州最南端鹿児島県佐多岬まで総延長約2500kmの走破に挑みます。

 日頃、喧騒の都会に生きる若者達が、この雄大な大地を己の脚でひたすら走り続ける時、疲労困憊の中に己を考え、国を考え、そして世界を考え、そこに己の生きる道しるべを見出そうとする姿を想う時、この国の秘めている明日えの力強い活力を感ずるでしょう。 
 とかく暗いニュースが巷間飛び交うこのとき、我々のたゆまぬ一歩一歩が、少しでも多くの方々の明日えの燭光となるならばこの企画の大なる成果と信ずるものです。