1/15・16横中スキー派遣隊からのレポ入稿!!

国からの土産話/珍騒動@街道の湯
-山本 卓-

          
1月15,16日、走友5名(西内、秋本、岩坂、吉田、卓)で上越、みつまた
高原にスキーに行ってきました。

早朝5時半、吉田車で出発。シーズン真中なのにスキーを積んだ車をほとんど見かけない都心の道を一路関越道へ。前夜からの雨は関越トンネルに入るまで降り続き、上越特有の湿雪を覚悟でトンネルを抜けると、そこには
曇天ながらも雨の降った気配さえない絶好のパウダースノーの世界。8時半頃に宿着。

今回のスキーにはスキー歴0回の岩坂さん、16年前の5日間というみどりちゃんの新人2人に、スキーが嫌いにならないように何とか楽しい思い出を作ってもらいたい・・という大きな目的がありました。

レンタルでワンセット揃えた俄かスキーヤーも否応無くゴンドラに乗せられて、ぐんぐん高度を上げていく雪山の世界に興味津々の面持ち。 さて、ここからが本番、先ずは、スキーの履き方、ストックの持ち方、歩き方・・・ 吉田コーチは大忙し。
麗子さんはキャリア十分のお姉さん風。後になり、先になりとコースの状況偵察にこれまた大忙し。

それにしても、若いと言う事はなんと素晴らしいことだろう! 丁度、生まれたばかりの仔馬が30分も経ったら、もう母馬の周りを駆け回っている あの姿と同じ。滑っては転び、滑っては転び・・・を繰り返しているうちに、2人ともお昼ご飯を食べる頃には、もう 身も心もすっかりリラックスして余裕たっぷり。

岩坂さんは度胸満点、怖いもの知らずに飛ばしすぎ、止まり方が判らないから止むを得ず深雪の中にダイビング。みどりちゃんは慎重派、なかなか滑り出さないけど、スタートした後は慎重に、慎重に・・、とにかく、転ばない。 これが2人の個性かな?。かくして、2日間 雪と格闘した二人は見違えるほどに上達して意気揚々と下界に下りるゴンドラの乗客になりました。

さて、前口上が長くなってしまいましたが、ここからが 本題の珍騒動の始まり。

いよいよ山を降りて、帰る前に温泉で汗を流して・・・ということになって宿の近くの今流行の大型銭湯 “街道の湯”に出かけたところからです。

さっぱりと汗を流してロビーで皆を待っていたら、大勢のお客に混じって外国人の3人連れが入ってきました。25,6歳の若者 男性2人、女性1人です。仮に、背の低い男の子をA君、背のやたら高いのをB君、可愛い女の子をC嬢とします。
ロビーの椅子に座って見るとも無く見ていると、3人が何やら話しながらようやく一人500円のチケットを買っていました。しかし、その後、なかなか次の動きになりません。しきりにあちこち眺めたり、首をひねったりしています。一寸可哀想になったので、“どうかしましたか?“と聞いてみました。つたないながらも、突然英語らしいのが聞こえたので3人はびっくり、それまで、不安そうな顔をしていたのが、一瞬にして陽気なヤンキースになりました。何やら少し話していたら、突然A君“ここはONSENだろう?”taku“そうだよ、ところで、タオル持ってるの?“A君”持ってるけど、ザックの一番底に入ってるんだ“taku“タオル無しじゃまずいよ”3人しぶしぶ買うことにしました。
カウンターのおばあちゃんにタオル3枚出してもらいました。そこでおばあちゃんちゃっかり湯上りタオルまで持ち出してきて(僕たちの時には何も無かったのに)両方で700円、3人分で2100円 商売うまい!。ノッポのB君が支払ってる間おしゃべりをしていました。突然 A君“ONSENって男と女がミックスなんだろ?“誰かが教えたんでしょうね。 Taku”そう言う所もあるけど、ここは別々だよ、お前はどっちがいいんだ?”A君“ ミックス!”とたんに、横に居たC嬢にゴチーンとどつかれて大笑い。 支払いは済んだのかな? と後を振り向くと、2m近い大男のB君と、カウンターに座ってる小さなおばあちゃんが、お互いお札を握り締めて固まっています。おばあちゃんが僕の顔を見たとたん、“私、間違えちゃった! この人(B君)にお釣りあげ過ぎちゃった!”訳を聴いてみたら“貰ったお金が5000円札だったのに、10000円札と間違えて、お釣りを7900円払っちゃったの。返してくれるかね〜”そりゃ〜大変だ!とばかりにB君に“という訳で、このおばあちゃんが、あんたにお釣りを払いすぎた!と言ってるけど本当?“B君何となく事情が読めたらしく“そうなんだよ! 5000円払って7000円戻ってきたんで、これがONSENのシステムかな?と思ったよ!“ まさかそんなシステムある訳けないよね。と言う訳で、B君が握り締めていた樋口一葉さんが無事おばあちゃんの元に帰っていきました。それにしても、大男の外人と小さな日本人のおばあちゃんが、上からと下からお札を握り締めながら、じっと見つめ合ってる姿は、やっぱり国際的なラブロマンスに発展するには一寸むりだったかな〜。万事マルク納まってニコニコ顔のおばあちゃんの最後の一言“5000円稼ぐって大変なんだよな〜” だって!  ホント、ホント!
かくして、3人組は脱衣場へ。 ここでA君 知ってか知らずか女湯の方に行きかけた。“違う、違う! お前は あっち!” 彼は未練たっぷりに男湯のノレンの中に消えていきました。 

雪国のたそがれ時のささやかな国際親善の一場面でした。

                                                       −卓ー

       



スポットレポート 2題

フルマラソン200回完走記
宇多 一二

冬山初チャレンジ!! 
-富士山へ行って来ました-
橋本 玲子


フルマラソン200回完走記   横浜中央走友会/宇多 一二
今回は晴の舞台フルマラソン200回完走のレース、イーブンペースでサブフォーを目標とする。 沿道の韓国の人から、「ヒムネラ!」(元気を出せ!)と応援され励まされる。
5kのラップが25'17"・10k26'45"・15k23'58"・20k26'17"・25k25'03"・30kはトイレに行ったため33'28"・40kの10kは55"58"、残り2.2kを13'28"と踏ん張り3時間50分27秒でゴール!! マラソンを始めて15年間でフルマラソン200回を完走する。 《100回完走は伝統のボストンマラソンで、100キロ初完走はサロマ湖》と目標を決め、平成6年にサロマ湖100kmを完走し、平成8年第100回記念ボストンマラソンでフルマラソン100回の完走を果たしました。

 これまで沿道の応援が素晴らしいボストンや那覇を始め白夜のストックホルム、炭酸ガス入りの水で苦労したベニス、4度目の挑戦で完走出来た北海道マラソン、従姉妹が信じなかった自己ベスト(3時間18分25秒)の彩の国埼玉、息子と走ったホノルル、足低筋膜炎症で何とかゴールした青島、天草、ゴール出来ずに恥辱の収容車に乗った長野、洞爺湖等々色々思い出多い私のマラソン人生です。

 健康の為走り始めたマラソン、昼休みの練習場所も勤務の関係でランナーのメッカ皇居、仙台の榴ヶ岡公園、神戸のポートアイランドと転々としました。 今は、ハマナスの花も終わり黄色のツワブキとピラカンサスの赤い実が目立つ隅田川のテラスをかもめに見守られながら往復5kmを走るこの頃です。

 来年2月に60才還暦を控え、300回(現在211回)とマラソンとほぼ同時期に始めた登山での100名山完登(現在93座)を目指し、80才まで”日々快走”していきたいと思います。

 これまでマラソンを継続して走って来れたのは、やはり家族の理解と走友の応援のお陰だと思っています。
走友の皆さん! 今後とも宜しく御願いします。
 
    マラソン人生
-フルマラソン200回を完走して-
    横浜中央走友会/宇多一二

 2002年3月3日韓国ソウルのヨイド運動場、第5回ソウルマラソンのスタートラインに着く。 昨年の雪・強風の悪天候と異なりまぁまぁの天気で安堵する。
 フル100の仲間がスタート前に【祝200回完走!!】の垂れ幕で記念写真を撮影してくれる。 絶対棄権が出来ない。 過去2年は、前半飛ばし過ぎて後半つぶれて歩き4時間オーバーの惨めな結果であった。 

冬山初チャレンジ -富士山へ行って来ましたー
横浜中央走友会/橋本玲子

そして、やっとの事で五合目佐藤小屋到着。まずは、お疲れさま…・ここで、テントを設営。寒さに震えながらテントの中へ逃げ込みました。まずは、お湯を沸かし暖かいレモンティーを。し・あ・わ・せ…・時刻は12時。お昼です。持っていたアンパンをほおばりました。おいしい…
ここで必要のない荷物はテントに置いて、いざ頂上へ。ザックの中はザイル、ヘルメット、ピッケル、アイゼン、行動食など…歩いていると体は温かくなってくるのですが、ちょっとでも止まると一気に体は冷えてきます。六合目を過ぎて少しずつ雪が出てきました。酸素が薄くなってきたのでしょう、呼吸が苦しくなってきました。 風が冷たい!顔が凍りそう!七合目手前、アイゼンをつけました。初めての経験なんです。アイゼンの付け方から教えてもらい、歩き方の講習。まるでロボットになったみたいでした。自分の足が自分の足でないみたいで、ちっとも言う事をきいてくれません。それでも、必死に雪の上を登って行きました。七合目、時刻は15時過ぎ。風も強くなってきました。時刻的にもこのあたりが限界でしょう。無理をせず、この地点で本日の登頂はあきらめ下山。ここからの景色は最高!途中までは一面の雪山。そこにいるのは私達3人だけ。なんと贅沢な!下山途中くじらの形をした山中湖に富士山のシルエットが綺麗に映っていました。佐藤小屋到着。寒い!なにわともあれテントに逃げ込み、ホット一息。
さあ、楽しい楽しい夕食、カレー雑炊です。美味しい。最高のご馳走。夜になり風はどんどん強くなり、山でテント泊初体験の私にとっては恐怖の一夜でした。テントが飛ばされたらどうしよう?このまま遭難?本当に気が狂うほどの恐怖でしたが、ベテランのお二人はぐっすり寝ていました。
午前3時30分起床。朝食は御餅入りラーメン。(ペットボトルの水が凍っていました。そして私の大切なカレーパンもカチカチに・・)その後テントを撤収し、再び頂上を目指して…がしかし、昨日にも増して強風が吹き荒れ、本当に飛ばされてしまうんです。六合目にて登頂を断念して下山。午前9時30分無事馬返しに戻ってきました。事故もなく下山できた事がなによりでした。
タクシーにて富士吉田へ向かい駅手前の美味しいうどん屋さんであたたかいうどんでお疲れさま会。もちろんビール付き。お店から見る富士山は本当に大きくて、又おいで!と笑われているようでした。
何もかもが初めての体験でした。あんなに重たい荷物をしょうのも、雪の上でアイゼンをつけるのも、山で一夜を越すのも、そして、朝方見た満天の星空も。
ベテラン山屋さんのお二人にサポートされとても素敵な時間を過ごすことが出来ました。
走りとは又違った世界でたくさんの事を得る事が出来ました。

冬山チャレンジ
―富士山へ行って来ましたー
  横浜中央走友会/橋本玲子

日  程:11月9日(土)〜11月10日(日)
メンバー:リーダー:北川 徹北海道縦走、富士登山競争でおなじみの…)
サブリーダー:池上 三四郎(北川さんの後輩、リーダーよりしっかりもの)
初心者:橋本 玲子

11月9日午前8時40分 吉田口馬返しより入山。7月に初めて富士山の頂上を目指しました。
今回は2度目の富士山、がしかし、7月とはうって変わって今回は冬山です。おまけに背中には今だかつてしょったこともないくらい重たい荷物が…馬返しを出発してすぐに頭の中は不安でいっぱいになりました。重たい!とにかく重たい!ゆっくり登っているはずなのに呼吸は乱れるし、足はあがらないし、このまま登っていく事は出来るのでしょうか?
やっとの事で一合目到着。ここで、私のザックの中の2リットルの水を三四郎さんが持ってくれる事になりました。2kg減ってのだから、さあ、もお弱音は吐いていられません。ゆっくりゆっくり一歩一歩そんな感じの登りでした。二合目、三合目と登っていくうちに下界はどんどん小さくなり、たしかに頂上へと向かっていました。四合目からの見晴らしはGOOD!