2004/12/26
『土曜練習会・忘年会』




躍進・飛躍の2004年横浜中央走友会の原動力になった横中土練の打ち上げです。 会場になった広島焼き「峠の茶屋」は本日貸切、飲み放題・食べ放題・しゃべり放題。

宴も竹縄!?たけなわ、盛大な拍手と歓声で2004年アワードセレモニーが始まりました。表彰された方々は次の通りです。


横浜記録会 最多出場賞
横浜記録会 躍進賞

のダブル受賞輝いたのは、添田隆二クン。
2004年横浜記録会5回開催において皆勤参加と最大のタイム短縮を成し遂げた努力に拍手です。 おめでとう!!
横中アスリートA組賞
に輝いたのは和田浩さん。
2004/3/21 荒川市民マラソンでの2:31:29は2004年フルマラソンA組ランキングトップ、堂々の受賞です。
和田さん、とても嬉しそうな良い笑顔です。
横中アスリート最優秀新人MVP賞
は、中野洋佑クンでした。
田沢湖マラソン団体戦優勝や川崎フルマラソン駅伝総合優勝に大きく貢献しました。
横中アスリートMVP賞
は、岩堀朗クン。
レースはもちろんの事、練習会や記録会で前向き・ひたむきな態度は誰もが認めるものです。
まさに横中MVPに相応しく、これからも横中メンバーをグイグイ引っ張って下さい。
横浜記録会 ベストタイム賞
は、藤澤広明さんです。
横中躍進・飛躍2004年の締め括り、2004/12/26第12回横浜記録会5000mTTにおいて、15:42の自己ベスト・記録会レコードを達成しての見事な受賞です。
横中アスリートB組賞
は、阿部拓也さんでした。
2004/12/19 防府読売マラソンでたたき出した2:41:14は2004年最終最後・土壇場での快挙でした。 もちろん自己ベスト、とてもとてもとても嬉しかったようです。 
メルアドかえなきゃ〜

この表彰の後で2004年土練忘年会は、一部から学生の乗りだという適切なお言葉通りのエンヤワンヤ!?でした。 秋本緑「私はサブスリーを達成しま〜す」をスタートに、サンタ帽をかぶりあいながら今年の反省・自慢/来年の抱負を面白可笑しくご披露しました。






                       

2005年も行くでぃ!!
   


2004/11/21
9/19田沢湖マラソン団体戦優勝賞品
『秋田小町・食事会』


9/19田沢湖マラソン団体戦優勝メンバー
参加していただいた方、本当にありがとうございました!新米はいかがでしたか?
食事会は田沢湖マラソンで団体優勝したその日に、メンバーのみなさんで発案しました。
今日その会が実現出来たことを本当に嬉しく思います!
またこの会を開催するに当たって、数多くの人から多大な支援をしていただきました。
不慣れなために、色々とご迷惑をお掛けした部分もありました。
次回開催する場合はこの失敗を生かして、より良い企画をしていきたいと思います!
改めて、今日の新米を引き立たせるための材料、料理を提供していただいた方を紹介します。

さつまいも…種子島にいらっしゃる堤さん
自然薯、きくらげ…小椋さんご夫妻
蕪・茄子などの漬け物…伊藤まちさん

すべて美味しくいただきました!ありがとうございました!

前日、当日とも多くの方々にお手伝いしていただきました!
その方々にも本当に本当に感謝しています。
次回もよろしくお願いします!
ありがとうございました☆

明日の秋田小町食事会は、果たして何人くらい来てくれるのでしょうか!?

前日11/20(土)は、高橋祐子・田川千賀子・永瀬菜穂子・原崎絢子・中野洋佑・粂のスタッフ6人で準備作業です。
永田台小近くのスーパーで材料仕入れ、秋田小町30kgと種子島直送の薩摩芋、飲み物などが永田台地域ケアプラザに持ち込まれました。
高橋さんと絢子ちゃんが作っているのは、堤さん提供の薩摩芋の胡麻団子です。
絢子ちゃん、芋団子が柔らかくてなかなか丸くならなかったようです。 高橋さんからのアドバイスで最後は職人さん並!?に早く形よく出来るようになりました。 途中参加の粂・中野クンと共に何とか人数分を作り上げました。
後方の田川さんと永瀬さんは豚汁の下準備に大忙しでした。
小椋さん夫妻も来てくれました。
そうです。小椋さんが丹精込めて作った自然薯を持ってきてくれました。
見事に並んだ自然薯。
これが明日皮を剥かれてすりおろされ、新米秋田小町と共に皆さんの口に入るのですね。 
小椋さんからこの自然薯栽培についてのコメント「尻尾を切り落として埋めとくのと地上になる実を埋める二通りの方法があり、2〜3年で食べられるようになる。地中深く根が伸びたり枝分かれしたりするので掘って取り出すのがとても大変。」

小椋千賀子さんも加わり秋田小町食事会の下準備は夜遅くまで続きました。
会場の椅子と机も並べ横断幕も張り、ビデオとプロジェクターの準備もOK、さぁ〜これで前日準備は完了です。
11/21(日)いよいよ秋田小町食事会の当日がやってきました。 
日曜コースに集まったメンバーが山本卓さんの指導で走る前のストレッチ体操です。

児童公園でも「落ち葉祭り」の開催とかでテントが張られ焼き芋などの準備作業が行われていました。
ウーン、日曜コースの参加人数はいつもより多いようです。
武田会長のご挨拶。
「横浜マラソンでは大会スタッフとして会場にいたが、上位入賞者が横浜中央走友会のメンバーだったのでびっくりした。他の方達からも速いチームですねぇと言われました。横浜マラソン入賞は10数年ぶりの快挙です。」

日曜コース、この日は児童公園〜大池公園までのロング走、皆さんお腹を空かして帰ってきてね。
50名の参加になった「秋田小町食事会」、食事の始まる前に田沢湖マラソンのビデオ鑑賞です。フルマラソンスタートで横浜中央走友会のブルーユニ5人が映し出されたときは、「オッ〜」と拍手が沸きました。途中応援の緑ちゃんが映ったときも盛り上がりましたね。

田沢湖マラソン優勝メンバーは、折橋・吉田・阿部・岩堀・中野の5人と20kに緑ちゃん、10kに藤江紗代子さんでした。
田沢湖マラソンを楽しんでいるときに、お待ち兼ねの秋田小町が炊き上がりました。
美味しく食べていてとても満足そうで一安心、ここで会場がシーンと静かになりました。 11/7挙式の江花家結婚式のビデオが始まりました。
幸せそうな早苗ちゃんの花嫁姿にため息と拍手、そして、披露宴の見せ場「吉田塾寸劇-江花物語-」に大爆笑と大拍手、会場が騒然となりました。
さすがに刈り入れして即精米の新米秋田小町は絶品でした。2膳目はおかず無しのご飯だけで食べちゃいました。とっても旨かった。
小椋自然薯も人気最高皆さん何杯もお代わりしてましたね。、
薩摩芋も美味しかった。
きくらげやお新香、これだけでももう一杯いけますね。
焼きプリンもあったようですが食べれなかったなぁ。
多摩川ハーフの仲間やお土産用におにぎりも用意されました。
幸せイッパイの江花ペアです。
走りの中で出会い(愛)、お互いを認めあい(愛)、励ましあい(愛)、高めあい(愛)←シツコイ!?、まさに理想のカップルですね。 
共通のフィールドを持っている江花家ペア、きっと喧嘩をしても(しないのかなぁ)ランの話題で仲直りすることでしょう。
大きくステージアップしている今の横浜中央走友会のシンボル的なお二人です。
大正2年11月12日生まれの田中一さん。
昭和59年6月5日生まれの福田加奈ちゃんから91才の誕生日祝いの花束贈呈です。 
いくつ違うのかな(加奈)!?

一さんコメント
「今までは90才まで走り続けると言ってきましたが、90才を過ぎてしまってこれからは無制限に走りを続けます!!」 
10月30日の土曜練習会から練習会参加の吉田さんです。 つい最近はじめてのお子さんが生まれました。 走力強化の土練で速く強くなって下さい。
11/21開催の多摩川ハーフで、和田浩さんが総合優勝との連絡が入ったり、午後開催の東京国際女子マラソンにエールをおくったりで本日の秋田小町食事会は無事にお開きになりました。
参加された皆様、スタッフの皆様!!
ご苦労様でした。 

2004/5/9
必勝OB駅伝
男の料理教室・食事会

5/23は、第33回OB駅伝です。  その2週間前の5/9、日曜コース「永田台小〜野毛山公園往復の新コース」を走った後に『必勝OB駅伝☆男の料理教室・食事会』が開かれました。 
2004年の第33回OB駅伝は、昨年同様9チーム(女子2チーム・男子7チーム)が参加します。 これも昨年同様ですが、田中一さんの最高年齢賞と最多チーム賞はもう走る前からゲットしています。

さて、今回は普段から包丁を握らない男性陣が高橋祐子先生の指導でピザ作りに挑戦します。 厨房に入った男の料理人は、高嶋・村上秀喜・山本卓・山本直樹・末安・阿部の6名です。  そして、昨年はハヤシVSカレー対決が有りましたが、今回もこの方式を継承して「クリームソースVSナポリタンのパスタ対決」です。

会場の永田地域ケアプラザに、野毛山公園往復の新コースを走りお腹を空かしたメンバーが続々と集まってきました。 ピザの生地を捏ねて叩く音が厨房から聞こえてきます。 何だか期待が持てますね。

料理ができるまでの間に、普段PC環境にない方へ横浜中央走友会HPの内容紹介とホームページが出来るまでのプロセス・流れをプロジェクターを使い説明しました。 日本縦断や各レースレポート・総会・記録会などのページ説明等々。

お待ちかねの手作りピザの登場です。 次から次にピザは焼き上がりますが、あっと言う間になくなります。 ベースのカリカリ感も最高、シンプルですがとても美味しい!! 他に、ワカメスープ・2種のパスタ・焼きpurinなど皆さん大満足・大成功です。

お腹も一杯になり、本命「5/23OB駅伝の必勝決意表明」を拍手で確認し合い、本日の『必勝OB駅伝☆男の料理教室・食事会』は無事に終了致しました。

参加された皆さん!! 料理人の皆さん、そして、いつもいつも大変御世話になる高橋祐子さん、本当に有り難う御座いました。  

次回は、チャーハン対決だそうです。 



2003/12/23
年末芋煮会

年末恒例の横浜中央走友会大納会「芋煮会」が、12/23に開催されました。
朝7時児童公園での臨時練習会の後に、腹ぺらっし軍団は芋煮会会場の六ツ川公民館にぞろぞろと集団移動してきました。
この日の調理スタッフは、斉藤さんご夫妻と永瀬さん、加えてお菓子パン作りの達人高橋祐子さん。そして、前日小椋さん提供の里芋を洗って茹でて皮むきをしてくれた寺沢さんです。
武田会長自らがテーブルを並べたり座布団を出したり会場設営も準備万端。
午前9時、直接六ツ川公民館に来る方が集まってきました。
佐藤勝一さんの音頭でカンパーイ、いよいよ芋煮会の始まりです。横浜中央走友会の宝「田中一さん」もやってきました。
芋煮会も佳境に入り、日曜コース部長高嶋さんの司会で「年代別自己紹介」が始まりました。
90才代は、勿論「田中一さん」。
80才代は、佐藤勝一さんです。 いつも児童公園を桐生さんと仲良く走っておられますね。田中さんに続けとアチコチから大声援。
70才代は、海瀬さん・卓さん・桐生さん・小林弘幸さん。
小林さんが「実は誕生日なんだ〜」と発言、急遽お若い小林義昭事務局長がケーキを持ち♪ハッピバスディツーユー♪と会場が大合唱になりました。 この後に、弘幸さんが「冗談冗談」会場が「エーッ」
まだまだお元気な70才代4人組でした。
60才代は、伊藤まちさん・寺さん・徳さん・笹岡さん・高橋祐子さん・斉藤さん・村上さん・細野さん。
2期前の日曜コース部長で顧問の笹岡さんは、「多くの若い方の入会で走友会の活性化が着実に進行している」と嬉しそうでした。
これからもご指導を宜しく御願いします。
50才代は、興津さん・末安さん・粂・田川さん・古上さん・小林義昭さん・小椋さん・そして、高嶋さん。
今年のホノルルマラソンで横浜のランシャツで走り、それを誇りに感じたと末安さん。
写真の左側3人は、横浜中央走友会の現執行部3役です。
40才代は、永山さん・柴田さん・堤さん・岡崎さん。
堤さんは、今日はご家族で来てくれました。 
柴田さんは、大阪から単身赴任で横浜に来ております。横浜中央走友会の練習会で着実に走力がアップしたと嬉しい発言でした。
30才代は、森さん・西内さん・油谷さん・長崎さん・松本さん・永瀬さん・佐藤宣貴さん・阿部さん。 
凄い30才代が一番多い人数ですね。
阿部さんは、来年の目標に「別大標準記録突破!!」と言い切りました。 楽しみ楽しみ。 
20才代は、成長著しい菊地早苗さんとこの所絶好調自己新続出の岩堀朗くん、そして、復調兆しが見えてきた切り込み隊長の江花逸人くん。
以上が質と量を兼ね備えた横浜中央走友会の仲間達でした。
「走る」という事だけで集うとても素晴らしい仲間達ですね。
12/23芋煮会が初参加の新入会の方々です。
左側の方が「長崎さん」ランビギナーですが、12/27第7回横浜記録会では23:03/5000mTTは凄い。
右側の方は「油谷(ユタニ)さん」保土ヶ谷在住でこのところのハーフマラソンのタイム短縮が素晴らしい。
お二人とも30才代です。 宜しく御願いします。

2003/5/18
必勝OB駅伝
ハヤシ vs カレー 対決食事会

5月25日(日)は、いよいよ第32回全国OB駅伝です。 今年の横浜中央走友会は、女子チーム2組と男子チーム7組の9チームが参加します。

このOB駅伝に向けて横浜中央走友会参加チームの結束をたかめ、何が何でも血と汗の襷を繋ぐ強固な横浜魂構築の為に永田地域ケアプラザで「必勝OB駅伝」前祝い総決起集会?が開催されました。

横浜中央走友会日曜コース「環状2号線」を走りお腹をすかした皆さんが会場の永田地域ケアプラザに到着します。
もう一つの目玉「ハヤシvsカレー対決食事会」の準備もすでに完了。 いよいよ食事会が始まり、初めにkumeカレーの試食です。 食べている笑顔で美味しさが充分に把握できますね。 ペースが速い! 次のnagahamaハヤシをほうばっている顔も同じくらいの笑顔です。 これは良い勝負になりそうです。

長浜君の司会でOB駅伝に向けた決意表明が各チーム毎に行われました。 お腹がイッパイになったせいか、みんな元気イッパイの楽しいコメントに会場大賑わい。 
バンコクから帰国された藤岡さんも久しぶりの顔を見せてくれました。 

最後にnagahamaハヤシとkumeカレーの決戦投票が行われました。 二人が座ったテーブルに参加者が一言コメントを言って美味しかった方の前にお皿を積み重ねていきます。
最終結果は、ハヤシライス18票:カレーライス14票でした。今回の参加者は37名でした。

さぁ、5/25 OB駅伝頑張るぞーっ!!

会場設定や調理のサポート、そして美味しいサバランを作ってくれた高橋祐子さん、発芽玄米と青汁提供の高嶋さん、ありがとう御座いました。

2002/12/22
年末芋煮会


12/22 昨日からの雨はやんでくれません。 
午前7時日曜コース集合場所の永田台小学校には、小雨にも関わらず10人ほどのメンバーが集まっていました。 芋煮会決行ということで、練習のメンバーを残してスタッフは六ツ川連合公民館へ向かいました。  弘明寺連合?の斉藤・甲斐・木野・てらさんが揃えば怖いモノ無し、福田・吉富・黒木・宮崎を加えれば日本をも動かす?という凄いパワーで芋煮会準備は無事完了。 スタッフのアイデアで急きょすいとん鍋も登場です。午前10時前、予定時間より少し早いけれど年末芋煮会がいよいよ始まります。 小林事務局長の音頭でカンパーイ! 総務部長の小椋さんが丹誠込めて作った無農薬里芋と大根が入っている大鍋がだんだん空になっていきます。 中締めで「1分間スピーチ」、参加の皆さんは今年一番思い出に残ったレースや来年への抱負などを発表しました。
遅れて田川さんや江花・菊地さんも加わり宴はもうたけなわ、豪快にも岡さんは6杯もお代わりしたとか・・・・・。 本日の芋煮会の参加者は26名でした。 最後の締めは田川さん、皆さん総立ちで「イヨォー!シャンシャンシャン!シャンシャンシャン!」と3本締めで楽しい年末芋煮会はお開きです。 準備をしてくれた皆さん! そして、ご参集の皆様、有り難う御座いました。   
12/29が本年最終日曜コースです。
美味しいお汁粉を用意してますので、お誘い合わせの上児童公園に腹ぺこで来て下さい。